So-net無料ブログ作成

ミニ兜 護良親王 楠木正成 [雑記]

ディスプレイしているコレクションのミニ兜を変えました。

2019-01-06 00.54.34.jpg

左 護良親王 加藤一冑作
右 楠木正成 加藤一冑作

護良親王の兜は国立博物館の重要文化財 紅糸威兜
楠木正成の兜は朝護孫子寺の重要文化財 黒糸縅菊水兜



nice!(13)  コメント(0) 

曽我梅林 2019 [写真]

2月17日 曽我別所梅林の梅祭りに行ってきました。
花が少なかったので今年は開花が遅いのかと思っていたら、
農家の話では、今年は開花が枝によってまちまちで、
次々に咲くのだそうです。

実が熟すのも時間差があるので、出荷が楽かもしれないと話していました。
(昨年は一斉に熟したので収穫が集中して大変だった)

190217-105352_R.JPG
超広角(10mm)で

190217-110006_R.JPG
望遠レンズらしい写真を撮りたくて

190217-111357_R.JPG
このコモみたいなものは何の為なのでしょう

190217-111738_R.JPG
望遠レンズのAFがエラーになってMFで
もうX-E1ではだめなのかな

X-E1 XF18-55 XF10-24 XC50-230


nice!(8)  コメント(2) 

聖地久比里からカワハギ 山下丸 [船釣り]

データ


於:久比里 山下丸
日:2019/01/26
時:7:30-14:30
同行:妻

道具


極鋭カワハギ AIR 1343
スティーレ100HG PE0.8

釣果


なし


聖地 久比里


この時期になると、
妻がカワハギ釣りに行きたいのは分かる、
しかし私はあまり乗り気ではないという葛藤があります。
特に今シーズンはカワハギの釣果が良くないようです。

このところのカワハギ熱は端から見ていると異常に思えて、
メーカー各社が次々と試合を開催して煽っているので、
そのうち釣れなくなるのではないかと思っていたら・・・
乱獲が原因の不調なのではないのでしょうか。
少なくとも試合の対象にする魚は放流などの繁殖事業を同時にするべきなのではないか。
そう思うと、
田辺哲男氏が言うようにタイとヒラメはレジャーの対象としては理想的だと分かります。
最近心配なのは、手軽なターゲットにされているホウボウ

それはさておき、
普段であればとても寄り付けない久比里ですが、
シーズン終盤で釣果がよくないので、
今であれば行けるのではないか。
それでも初めての場所で勝手が分からない、
以前の長井のように、
一時間半前に出かけても並んで座れる席がないと帰ってくることになると困るので、
席の取ってもらえるとサイトに記載のあった山下丸を予約をしました。

当日、5時半に出発して6時15分ごろ到着、
出船の一時間以上前なのですが、駐車場は一番手前の列です。

190126-065252_R.jpg

7時半出船

平作川を下ると、「竿を寝かせてください」とアナウンスがあり、
御稜威橋(みついばし)の下をくぐります。

190126-072753_R.JPG
おおーギリギリ、八景の比じゃない。

海にでると北風ビュービュー、波はバチャバチャ

※途中で聞こえる悲鳴は同船した女性で妻ではありません

これは辛いと思っていたら、寒いし、アタリは分からない。

3時間経ったところで、カワハギは釣れず、トラギスとベラがきただけ。
底に置いておかないとアタリがないが、置いておくと根掛でする状態で、
すっかり気持ちが萎えてしまいました。
全く釣れるイメージがなく、もうどうすれば良いのか分からない。
集中力がないので、これ以上続けたら、怪我をするか道具を壊すか、
いずれにしろ良いことはないので、リタイアしました。

IMG_4103_R.jpg
といえ、寒いからと言って妻を置いてキャビンに入るわけもに行かず、
残りの3時間を、ただ海を見てすごしました。

一度ウトウトしてしまって、あまりの寒さに目を覚ましました。
あのまま寝ていたら低体温になっていたかもしれない。

190127-004027_R.jpg
妻は早々に一匹釣れて、その後も、寒さと揺れに負けずに4匹
よくがんばったと思います。

探見丸スマート


190126-075851_R.JPG
山下丸には探見丸スマートに対応した船はあります。
そこで、アプリケーションをインストールしておきました。
実は私たちの乗る予定だった船は探見丸搭載線ではなかったのようですが、
到着が早かったので入れ替わることになり、
探見丸スマートを試す事ができました。

iPhoneを
バイク・自転車用の防水ケース「AQUALAND スマホホルダー Lサイズ」に入れて
「STRAIGHT ハンドル用クランプバー 15-431」に固定
「冷間蝶ボルト ステンレス M8×20で「探見丸サイドボード」に取り付けています。

水深や海底形状が分かるのはとても楽しいです。
時々魚の反応もありました。
しかし、海が悪くて、とても見ている暇がなくなりました。


やっぱりカワハギはよくわらない


カワハギの面白さがよく分かりません。
それでも釣れれば楽しいしのですが、
今日のように、初心者の王道「誘い上げ・誘い下げ」で全く反応がなく、
生意気にタタキ・弛ませをやってみてもアタリがなく、
底に置いておけばアタリがあるが、高確率で根掛かりでは、
もうどうして良いのか分かりませんでした。
実際、
根掛かりしながら(錘を仕掛けを幾つも無駄にして)底に置いていた初心者は数匹釣れていました。
でもそんな釣りしたくないよ。

妻には申し訳ないけど、
今後行くとしたら、半日船がサークルの仕立てくらいかな。



nice!(11)  コメント(3) 

第四回 常滑 [旅行など]

昨年のこと
「また常滑に行けるかなー」
「いつ常滑行けるかなー」
11月に高山に行く事が決まっているのに、甕を眺めてはつぶやく妻

聞こえないふりも辛くなってきたので、
年明けの3連休ででかける事にしました。

鯉江廣の湯呑をネコに割られてしまったから買いたいし、
妻の叔母からいただいた、
常滑メンタイパークの明太子が美味かったのでまた食べたいし。

そうなると、どこの城を見るかが問題になります。
西尾城・東条城・吉田城など三河の城は、常滑に行っているうちに見てしまいたい。
だけど、駿河や遠江の城の方が興味がある。

行程と時間を考慮して、第一目的地を古宮城にしました。
古宮城の近くには、文殊山城や亀山城などがあるので、できれば見てみたい。
帰路は、時間と渋滞によるけれど、諏訪原城をメインい小山城や田中城など、
以前から行きたいと思っていた蓬莱橋は、水害の影響で半分しか渡る事ができないらしい。
丸子のとろろが食べられるといいけど、時間的に無理かな。

宿泊は、洗い場付きの風呂が魅力のJホテルリンクウの空きがなく、
今回もコンフォートホテルにしようかとしていたら、
フォーポイントバイシェラトンがオープン特価、
洗い場付きの風呂があるとというので予約しました。

できた予定がこれ
予定
1月12日
5時発
東名で新城 新城 文殊山城・古宮城・亀山城
東名・名古屋高速・知多半島道路で常滑
常滑
セントレア泊

1月13日
9時頃発
東名で島田金谷
金谷 諏訪原城
東名で帰宅



1日目 1月12日


5時出発、新城IC通過は8時くらい

文殊山城


新城ICから亀山城、古宮城を通りすぎて文殊山城まで35分くらい。
林道があるので主郭下まで車で行く事ができます。

190112-084858_R.jpg
到着は8時半くらい

190112-084202_R.jpg
物見櫓が復元されています。


古宮城


文殊山城から5分ほど戻ると古宮城です。

DSCF8952.JPG
白鳥神社の東側に駐車場があります。
9時くらいに到着

190112-091104_R.JPG
城を東西に分割する大堀切

190112-091214_R.jpg
桝形虎口

各所に導入の工夫(攻撃側を誘い込む行き止まり)があり、
とにかくすごい城でした。

場内に案内版のようなものは何もないので、
縄張り図は必携です。

新東名に戻りながら、
亀山城の麓になる道の駅(つくで手作り村)に寄りましたが、
疲れと時間の関係で今回はパスして常滑に向かいます。
岡崎東から新東名へ。

常滑陶磁器会館・やきもの散歩道・セラモール


10時半に古宮城を出て、常滑陶磁器会館に着いたのは12時くらい。

いつもはセラモール直行だった妻が、
陶磁器会館に行きたがったのは、
以前から目をつけていた久松の鉢があったらしい。

今回は湯呑を買うのが目的なので、
やきもの散歩道を歩いて、
前回品ぞろえが良かった登窯近くのスペースとこなべに行きます

190112-121507_R.jpg
とこにゃん、4回目

190112-122900_R.jpg
重要有形民俗文化財 登窯

目的の鯉江廣(玲光窯)の湯呑がありました。
スペースとこなべは他より少し安いからありがたい。

昼食の為に駅に行ってみますが、あまり店がない。
高架下にあるウィルセラの和家に入ります。

190112-131606_R.jpg
どて煮きしめん
甘すぎた・・・
追加で頼んだきしめんは美味しかった。


190112-141455_R.jpg
今回はあまり用がないと言っていたのに結局やってきた、セラモール6回目
また久松の鉢を買う妻

めんたいパーク


妻は福岡にいた事があるので、稚加榮のメンタイが好きな事もあり、
何で常滑でメンタイなの?と小馬鹿にしていためんたいパーク
しかし先日妻の叔母から、
保存料不使用で冷凍していない「できたて明太子」をもらったら、
これが美味しくて、今回は寄ってみる事にしました。

190112-151129_R.jpg
屋根に乗っているのはタラピヨ

190112-151702_R.jpg
明太子の製造工場を見学できます。

その他の展示はあまり興味を引くものが無く、今一つかな・・・

190112-151926_R.jpg
できたて明太子の試食コーナー
おとなしく並んで試食、旨い

190112-153807_R.jpg
イートインコーナーの明太子おにぎり

190112-153916_R.jpg
中まで明太子が一杯

できたて明太子を1折購入

今日の宿泊は、フォーポイントバイシェラトン名古屋 中部国際空港
まだ新しいのでとても綺麗、アメリカンなバーのハンバーガーが美味しそう。
でも、まるは食堂の焼魚定食を食べるつもりだったので、空港ビルへ。
しかし、出るのが遅くてすでに閉店、周りの店もほとんどしまっていて、
きしめんと味噌煮込みの店に入りました。

190112-204043_R.jpg
きしめんと味噌カツ
きしめん柔らかすぎ、味噌カツ甘すぎ。
辛かった・・・


2日目 1月13日


予想だと今日の渋滞が始まる時間は遅め、
9時くらいに朝食をとり、10時ごろチェックアウト。
駐車場で部屋の冷蔵庫に明太子を忘れた事に気づき取りに帰る、
忘れなくてよかった。

今日は諏訪原城に寄って帰ります。

諏訪原城


島田金谷ICから15分
11:40くらいに到着

190113-115536_R.jpg
外堀、すごい深さです。

190113-120119_R.jpg
諏訪原城の代名詞、丸馬山と三日月堀

12:40発
順調に進み、足柄SAで休憩して16時頃帰宅しました。



nice!(10)  コメント(0) 

下田・和歌の浦 2018年末 [釣り]

データ


於:下田 和歌の浦
日:2018/12/30
時:5:30-9:30
同行:妻

道具


06サーフリーダー405CX
12フリーゲン PE0.8 
デルナー30号 キス8号3本針

07キャスティズム 23-365
AR-C エアロ Ci4+ 4000 (5000スプール) ナイロン5号

釣果


カサゴ


年末恒例の下田


今年も無事仕事が終わりました。
年末恒例の下田に向かいます。

3時に出発、伊豆縦貫で下田到着は5時ごろ
まだ真っ暗です。
私より早く起きておにぎりを作った妻は車で寝ていますが、
私は早速用意をしてブッコミ仕掛けを投入。
ライト付きのシンカーを持って来なかったので、投げは少し明るくなってから。

6時ごろ、東の空が明るくなってきました。
すると、ぶっこみのキャスティズムにアタリが

181230-062517_R.jpg
カサゴでした。
小さいのでリリース

181230-070954_R.jpg
明るくなるとネコがやってきます。
この日姿を見せたのは、ハチワレとシロネコのみ
和歌の浦のネコは少なくなりました。

181230-083409_R.jpg
日が昇り妻も投げますが、アタリがありません。

9時半、踊り子温泉に向かうために終了
本当はこれから水温が上がってくるとチャンスなのでしょう。
ポイントも港の中の方がいいような気がします。

踊り子温泉で暖まります。

181230-103038_R.jpg
気の早い河津桜が咲いていました。

11時過ぎに誇宇耶に到着
さすがにそこそこのお客さんがいて、店員さんも年末体制

181230-112658_R.jpg
辛味大根大盛

181230-113854_R.jpg
大せいろ

辛味大根蕎麦を食べたあとのせいろは、なんでこんなに旨いのだろう。
ワサビの香、蕎麦の甘さが良くわかります。

店員さんに年末の挨拶をして店を出ます。

このところ帰路も伊豆縦貫を使う事が多かったのですが、
妻がお節の買い物をしたいを言うので伊東に向かいます。
案の定、赤沢の隧道前から城ケ崎まで渋滞、その先も川奈まで渋滞。
伊東のアピタ専門店の魚屋に寄るも、お目当てのブリの切り身はなく、
アピタで買う事になりました。
これなら横浜でもよかったような。
それでも専門店の八百屋で野菜とワサビを購入

本当に久しぶりに伊東白灯台のネコに会いに行きました。

181230-133631_R.jpg
ウス、まだ元気だったか

2018-12-31 02.04.24_R.jpg
美人も元気そうだね

181230-134618_R.jpg
このキジトラは見覚えがありませんが、懐かれてしまいました。

181230-134651_R.jpg
中クロ、これも足元をうろうろ。

多賀から先が混んでいるようなので宇佐美から伊豆スカイラインへ

2018-12-31 02.04.34_R.jpg
スカイラインから見えた富士山

小田厚は順調だったものの、
東名は厚木からから先が渋滞していたのですが、
この日は実家に寄る用事があったので厚木西で降りて実家へ。
帰るころには圏央道内周りから東名の渋滞も解消し順調に帰宅しました。

今回は翌日までひびくほど、かなり疲れました。
もう年でしょうか、そろそろ深夜に出る釣りは体力的に無理があるのかもしれません。



nice!(10)  コメント(2) 

Just In Time debugger 選択ダイアログにVisual Studio 2017が表示されない [program]

WS000000.JPG
昨年のこと、
Visual Studio 2017をインストールしたところ、
VBSデバッグ時のJust In Time debuggerの選択画面にVisual Studio 2017が表示されませんでした。

WS000001.JPG
Visual Studio 2015では、
Just In Time デバッガーのオプションに「スクリプト」が表示されていましたが、
2017には存在しません。

おそらくこのあたりが問題なのだろうと思って、
「.NETデスクトップ開発」ワークロードのみをインストールした状態だったので、
「ユニバーサルWindowsプラットホーム開発」や「ASP.NETとWeb開発」ワークロードを追加インストールしたのですが、
「スクリプト」が表示されなかったのか、チェックしもてダメだったのか、
結局Just In Time デバッガーの選択画面に現れず、
とりあえずVisual Studio 2015でデバッグできていたので、後回しになっていました。

先日ネットで検索してみると、
Developer Communityで記事を見つけました。
Visual Studio 2017 not offered as debugger
それによると、
私の様に他のバージョンのVisual Studioがインストールされている場合は 、
2017が表示されないだけですが、
Visual Studio 2017しかインストールされていない場合はエラーになってしまうようです。
これはVisual Studio 2017の不具合でビルド26127.00(15.0.26127)で修正されたとあります。

私の使っているバージョンは15.9.4なのですでに修正されているはずです。
しかし、Just In Time デバッガーのオプションに「スクリプト」がないので、
スクリプトのデバッグができないものと思われます。

以前別の事を調べているときに、
VS017 Javascript and VBScript via WScript Debuging broken in Windows 7
という記事に、スクリプトのデバックにはWeb workloadが必要という記載がありました。

WS000000.JPG
「Web workload」はと、Visual Studio Installerの「ASP.NETとWeb開発」ワークロードだと思われますが、
「ユニバーサルWindowsプラットホーム開発」ワークロードの説明にJavaScriptとあったので、
インストールしてみたところ、

WS000000.JPG
Just In Time デバッガーのオプションに「スクリプト」が表示されました。
なおこのチェックを入れるには、管理者権限でVS2017を起動する事が必要です。

WS000004.JPG
Just In Time デバッガーの選択画面にVisual Studio 2017が表示されました。

さらに調べていると、
Just-In-Time Dialog (Types of Code)
で、個別コンポーネントのインストールでスクリプトのデバッグが可能である事がわかりました。

WS000000.JPG
「ASP.NETとWeb開発」や「ユニバーサルWindowsプラットホーム開発」がインストールされていない状態で、
Visual Studio Installerで「個別のコンポーネント」タブを選択し、
「javaScriptおよびtypeScriptの言語サポート」をインストールします。
Just In Time デバッガーのオプションに「スクリプト」が表示されるようになります。

「ユニバーサルWindowsプラットホーム開発」を全てインストールするより10GBくらいの節約になりました。



nice!(9)  コメント(0) 

ショートLTアジ 米元釣船店 [船釣り]

データ


於:金沢八景 米元釣船店
日:2018/12/15
時:7:30-14:00
同行:妻

道具


リアランサー ライトアジ 160
SCクイックファイヤー小船300XH PE1.5号

激釣アジビシ3本鈎 9号 ハリス1.5号
激釣アジビシ2本鈎 9号 ハリス1.5号
ハヤブサ 船宿特製 アジビシ仕掛 ムツ金鈎 2本鈎 10号 ハリス2号

ウエア


ダイワ オーシャンサロペットレインスーツ DR-6006
シマノ ベーシック インシュレーション スーツ MD-055Q
シマノ アンダーシャツ 極厚タイプ IN-020N
シマノ アンダータイツ 極厚タイプ IN-025N
プロックス ウェダーブーツ
シマノ ソックス
シマノ ネットウォーマー
シマノ ニットキャップ
携帯カイロ

釣果


アジ62


2018年最後の釣り


気が付けば今年もあと三週間
年末に蕎麦を食べに下田に行き投げるつもりですが、釣果は期待できず、
実質今年最後の釣りになります。
時期的にカワハギか、まだ釣れている一つテンヤマダイを考えていましたが、
カワハギは釣果が今一つ、
急に寒くなってきたので外房はつらい、
ここは手堅いアジで今年を締める事にしました。
それでも大アジに思いをはせて、米元にします。
真冬のショート船は初めてだけど大丈夫だろうか。

前日、八景だから大丈夫だと油断したのか、
下処理に時間のかからる夕食を作ってしまい、
準備を始めた段階で痛んでいたラインを巻きなおそうと、
先端処理を切っていたことに気が付き、
慌ててラインのまき直しと先端処理をしました。
寝たのは23時を回っています。

IMG_3588.jpg

当日は5時出発、私も弁当を作った妻も見事に寝不足。
6時前に到着、左舷胴の間をとって、車でしばし休憩。
右舷3人左舷4人なのでゆったりと釣りができそうです。

前日の釣果情報では風・波が強かったという事ですが、
今日の平潟湾は穏やかなもの。
これで日がでれば暖かくなるかな。

そんな考えは甘かった。

八景島まできたところでかなりの波
船がスピードを上げるとザバザバと波が打ち付け、
たまらずキャビンに避難。

いつもの赤灯で始めるものの、波風強く、
3本針では手前祭りが多発。
しばらくして「型でました」のアナウンスがあるも左舷は沈黙
少し間があって、妻に、そして私にもアジが来ましたが、とても小さい。
今日は上針まで80cmの3本針しかけから始めたのでハリスを詰めませんでした。

棚が浮きぎみなのか、2.5から3mくらいでアタリがありますが、小さい。
一度底で中型が食ってきたので、1.5mくらいにしてみると、
大きなアタリはあるものの、食い込まなかったり、バレたり。
着底・1.5m・2.5m・底どり・2.5m
のパターンで型と数を狙うも、釣れるのは2.5mで小型ばかり
風で1.5号3本針を消耗してしまい2号2本針を使いますが、
途端にアタリが落ちる。
上針までを詰めると少しアタリが回復。
相変わらず1.5m、2m付近では良いアタリがあるが乗らない。

昼頃に移動、横須賀消磁所付近
ここでも出遅れるも、最後の30分くらいは2.5mでほぼ入れ食いになりました。

結果62匹で3三番手
トップ84匹、2番手66匹、この風と波で凄いな。

IMG_7935.jpg

帰宅後、ゲストを呼んでアジフェス開催
アジフライとアジの寿司が最高でした。
やっぱり真冬のアジは旨いです。


しかし、とにかく寒かった!




nice!(7)  コメント(2) 

国立博物館 大報恩寺展 [旅行など]

12月1日 国立博物館の大報恩寺展に行ってきました。

8時半ごろ出発
いつもは湾岸線を行くのだけれど、
最近はアクアラインに向かう車で浮島が渋滞する事がある。
この日は大丈夫だったが、
今日はナビの言う通りに荏原から首都高2号線に乗るルートを行ってみる。
渋滞回避で何やら住宅地を走らされてやっと第二京浜で多摩川を超える。
しかし、荏原は左車線からしか入れず、案内版は中央からも入れるように見えた。
しかたがなく目黒から2号線に入るも、一橋から芝公園まで渋滞。
上野到着は9時半、こんなことなら湾岸線にすればよかった。

181201-094907_R.jpg
上野公園は銀杏がきれいでした。

大報恩寺展


大報恩寺より千本釈迦堂の方が馴染みがありますね。

展示物が少ないので平成館の半分だけ。
とは言え、秘仏の釈迦如来が来ているし、
現在は別々の場所にある釈迦如来と十大弟子を同じ場所でみられるのは博物館ならでは。

重要文化財 秘仏 釈迦如来坐像 行快作
快慶の弟子の行快作
快慶に比べると形式的になってる面を感じてしまうけど、
それは先入観もあるかもしれない。
丸顔だけど平安仏とはあきらに異なる引き締まった表情が素晴らしい。
快慶作の十大弟子立像と並べても全く見劣りすることなく、
威厳を漂わせています。

重要文化財 十大弟子立像 快慶作

深い皺を刻んだ知性を感じさせる目犍連
横に目を向ける富楼那
大迦葉の不気味な口
それぞれの個性が引き立つ十大弟子立像
たぶんそれぞれの人物像や逸話を知っていればなお面白いのでしょう。
たとえば美男子と言われた阿難陀とか、失明したいた阿那律など。


重要文化財 六観音菩薩像 定慶作
聖観音・千手観音・馬頭観音・十一面観音・准胝観音・如意輪観音
IMG_3418.jpg
聖観音が撮影可能でした。
さすが博物館、ライティングがバッチリなのでアングルだけ決めれば、土門拳みたいな写真になる
(なってない?)

運慶や快慶と比べてしまうと、動きが物足りない感じがしますが、
千手観音や如意輪観音多面多多肢を破綻なく作る事はもちろんすごいことですが、
飾り気のない聖観音は象そのものの魅力が良くわかりますね。

准胝観音や馬頭観音の木造はあまり例がありませんし、
地獄六道から人を救うとして平安時代に流行した六観音信仰ですが、
六体そろった木造はこれだけ。
しかも光背も台座も残るという。
トーハクブログで奇跡と言っているのは過大な表現ではありませんよね。

光背がはずされて後ろが見られるのも博物館ならではです。

刀剣


181201-102547_R.jpg
重要文化財 青江守次

181201-102639_R.jpg
国宝 伯耆安綱(名物 童子切安綱)
源頼光が酒呑童子を打ち取ったという伝説がある。
足利将軍家、徳川将軍家、越前松平家(秀忠から松平忠直)、越後高田松平家(忠直嫡子光長)、 津山松平家(光長養子長矩)と伝来

181201-102708_R.jpg
重要文化財 綾小路定利
奥平家伝来

181201-102742_R.jpg
重要文化財 来国光
本阿弥光室が極めた

181201-102802_R.jpg
重要文化財 長船長光(名物 蜂屋長光)

181201-102834_R.jpg
重要文化財 相州正宗(名物 石田正宗)
関ケ原前年の加藤清正らによる石田三成襲撃事件で、
石田三成を佐和山まで護衛をした結城秀康に贈ら、
喜んだ秀康が石田正宗と呼んだという由来があります。
津山松平家伝来

仏像


仏像を撮影できる機会というのは本当に少なくて、
この仏像はこんなアングルで撮ってみたいと思っていた写真が撮れました。

181201-103246_R.jpg
重要文化財 愛染明王 奈良 内山永久寺伝来

小さめの愛染明王は全体を立体的に

181201-103345_R.jpg
国宝 広目天 浄瑠璃時伝来 

大きい四天王は、目線の位置から見上げるように胸から上を

モデルがいいのはもちろんなのですが、
iPhoneでこんな写真が撮れてしまう、
トーハクのライティングは素晴らしいですね。


武士の装い


181201-104158_R.jpg
重要文化財 福岡一文字貞真
久留米有馬家伝来

IMG_3467.jpg
重要文化財 梨地笹竜胆車紋蒔絵糸巻太刀(貞真の拵)

181201-104247_R.jpg
重要文化財 伝当麻
本阿弥光忠が極めた

181201-104433_R.jpg
白糸威一の谷形兜
徳川家康から水戸頼房に伝えられた

181201-104602_R.jpg
重要文化財 色々糸威腹巻
室町時代の腹巻、実際に見ると小さいのに驚きます。


181201-105941_R.jpg
庭園の紅葉


上野藪


上野に来ると藪に寄ります。
開店前ですが、二重の行列ができていました。
それでも少し待って一回転目で入る事ができました。

IMG_3495_R.JPG
辛味大根

181201-115127_R.jpg
大せいろ

IMG_3494_R.JPG
妻は大天せいろ


根津


今日はさらに根津の讃岐うどんを食べに行きます。
根津神社の近くに店があるので、根津神社の駐車場にとめました。

根津は学生時代に住んでした街です。

181201-131913_R.jpg
学生時代に借りていたアパートが残っていました。
六畳風呂なしトイレ流し共同
若かったとはいえ、よく住んでいたなぁ
今はエアコンが付いていますね。

IMG_3510.jpg
根津神社を通って銭湯に通っていました。
その銭湯はすでになく、駐車場になっていました。

181201-131044_R.jpg
乙女稲荷神社



根の津


根津神社からすぐにある根の津

丁度一組出てきたところで、入る事ができました。

181201-125402_R.jpg
生醤油うどん
香と腰はいいのですが、もう少し水切りがよければ



帰路はナビに従い御茶ノ水に出て西神田から首都高へ、
三号線大橋が渋滞していたので湾岸線へ。
それなら上野から湾岸線にすればよかった。




nice!(9)  コメント(2) 

第二回 飛騨高山 [旅行など]

昨年に続き高山に行きたいという妻
漆器店を周りたいのはわかるけど、置いてあるものは変わってないと思うよ。
とりあえず宿を抑えて今年もガッタンゴーに乗ろうかと調べてみると、
渓谷コースが新設されていました。
ネット予約ができるようになったし、日々進化するガッタンゴー、素晴らしい。

ガッタンゴー、古川の蕎麦を食べる、高山は半日くらいでいいだろう。
帰りは今年で廃止される関電トロリーバスに乗って松本城でもみてこようかな。
それなら松本か塩尻あたりに一泊して早く出ると帰りが楽だ。

そんな予定を立てていると、「可児の竹皮屋さんに寄れないか」と言い出す妻。
ふむ、それなら二日目に郡上八幡あたりを周って小牧か多治見あたりに泊まると楽かな。
しかし、小牧・多治見あたりのホテルが空いていません。
高速を南下して豊橋でやっと空いています。
暫く毎日空室情報を調べていると小牧に一室空いたので押さえました。

そんな予定を立てていると「22日休みもらった」と言い出す妻。
へー、それなら僕は代休にして、22日に出て可児・郡上八幡を周って高山に入ろう。
高山で宿を探すと昨年泊まった季古里が空いていました。


できた予定がこれ
予定
11月22日
4時発
東名・東海環状で可児
可児 美濃金山城
可児 吉田竹皮店 美濃 小倉山城・重要伝統的建造物群保存地区(うだつの上がる街並み)
郡上 郡上八幡城・重要伝統的建造物群保存地区
大和 篠脇城
高山泊

11月23日
広瀬城
神岡 がったんごー 渓谷コース
神岡 春慶会館
古川 蕎麦正なかや
高山

11月24日
9時発
安房道路・松本経由で帰宅


前日、ネコを預ける事になり、旅行の支度が終わったのは23時
これでは4時出発は絶対無理、一時間遅く出る事にして就寝。

1日目 11月22日


横浜-可児


朝5時、妻の作ったおにぎりを食べながら出発
横浜青葉IC直前でチェーンを忘れた事に気が付きました。

今回は天気予報が良くなくて、
今日の可児・郡上は雨、明日の高山は雪または雨。
高山では、峠超えがあるので念のためチェーンがあった方が安心です。
チェーンを取りに戻り、結局出発は6時になってしまいました。
これでどこか一か所諦めなくては。

美濃金山城は諦めて竹皮屋さんを目指します。

181122-080838_R.jpg
遠州森PAで休憩
初めて新東名を走った時に休憩してからというもの、
こじんまりとしていてるわりに設備が良いので、いつも寄ってしまいます。

しかし走り出してすぐに長篠PAの表示が。
長篠PAから織田信長の本陣に行けると聞いて、
昨年、下りの長篠SAによってみたら、
それは上りの事で、次回通る事があれば寄ってみようと思っていたことを思い出しました。


181122-084525_R.jpg
長篠設楽原PAにも寄ってみます。

昨年寄った上り側は武田菱が並んでいましたが、下りは織田の木瓜がはためいています。

181122-084538_R.jpg
信長本陣跡
先日の大雨の影響か、丘の上では大きな木が倒れていました。

長い長い静岡を抜けて愛知に入ると雨
東海環状の可児御嵩に向かうつもりでしたが、ナビの渋滞考慮で中央道小牧東に向かう事に。
特に渋滞情報がないのに不可思議。
岐阜では速度規制があったのかな。
新東名から東名に入り、小牧から中央道へ。

181122-101024_R.jpg
吉田竹皮店到着は10時頃、美濃金山城をあきらめたので遅れを取り戻す事ができた。

181122-101529_R.jpg
丸めて癖をとっている竹の皮

181122-101751_R.jpg
大きさで分類するための道具

近くに農協の直売所のあると聞いて寄りたいを言い出す妻

181122-104404_R.jpg
とれったひろば
後で聞いたところ、妻の祖母もよく来ていたそうです。

可児-江南


愛知に戻って妻の母方の実家で焼香。
しかしここでまたも誤算が、30分程度の予定が、話が弾んで1時間30滞在。
これは、あと一か所しか寄れない・・・


一番見たいのは篠脇城だったのですが、
直行しても日が暮れるかもしれない。
運転の疲労がでてきているので、
山城の篠脇城はつらいかも、
郡上八幡は広いので歩くのは無理かも。

コンパクトな美濃市に寄って、篠脇城までの工程を確認して、高山に向かう事にしました。

美濃市 うだつの上がる町並み


木曽川を超えて各務原から東海北陸自動車道に入り美濃ICで降りて、所用時間50分ほど

181122-142622_R.jpg
美濃市加治屋町の駐車場に車を止めて「うだつの上がる町並み」を一周

181122-143752_R.jpg

小倉山城


DSCF8908-1.jpg
高山の領主だった金森長近が関ヶ原で得た新領地支配の為に築いた城です。
その際の城下町や上有知湊の整備が、
紙と長良川の水運を利用して栄えた、うだつの上がる街なみに繋がっています。

旧名鉄美濃駅


1999年に廃線になった名鉄美濃町線の美濃駅が保存されています。

181122-150906_R.JPG

181122-150941_R.jpg
分かりにくいですが、駅舎の横が駐車場になっています。

181122-151047_R.jpg
展示されているモ593、モ512、モ601
モ870の運的席もあります。
ただ、車両の説明もなく、展示にもう少し工夫があればいいのにと思います。

東氏館庭園


美濃ICから東海北陸自動車道でぎふ大和ICで降りて、所用時間40分ほど
181122-160013_R.jpg

今日の主要目的地だったのですが、今から登っても暗くなってしまって、
遺構が確認できないだろうし、何より危険。

名勝 東氏館庭園を散策しました。

181122-164512_R.JPG

181122-164730_R.JPG

「神岡で見た館跡に似てる」と妻
江間氏の館だね、分かってきたねー

古川桃源郷温泉「季古里」


東海北陸道を飛騨清見で降りて県道90号線へ古川を目指します。
県道90号線の猪臥山トンネルは4,475m
2018年時点で都道府県道最長のトンネルです。
日が落ちて気温が一気に下がり、
猪臥山トンネルを出た当たりで雪がぱらついてきました。

今日の宿は、前回も止まった古川の季古里
まずは温泉に入って体をほぐします。

今回は妻の誕生日なので、飛騨牛が付くコース。
食後には、地元のケーキを用意してもらいました。

181122-183603_R.jpg

181122-185216_R.jpg


2日目 11月23日


今日はガッタンゴー渓谷コースがあります。
前日からの雨や雪が朝方まで残り、昼から晴れてくる予報。
起きると外は結構な雨でした。
渓谷コースは山の中なので、もしかしたら雪かもしれない。
朝ぶろに入っていると小雨になってきました。
ともかく行ってみることにして、朝食です。

181123-070551_R.jpg
飛騨は米がとてもおいしい。
干物とイカが出てきましたが、富山が近いせいか魚もおいしい。

181123-071604_R.jpg
朴葉味噌
これは外せません。


ガッタンゴー 渓谷コース


8時半、小雨の中を出発。

181123-092518_R.jpg
神岡に向けて峠を超えていると前日の雪が残っています。
ところどころ雪が降ってきたものの、スタートの漆山駅に着くころには雨も上がっていました。

ガッタンゴー渓谷コースの漆山駅は、今はホームがあるだけ。
踏切跡の近くに受付と説明を受けるテントが立っています。


181123-102407_R.jpg
今回は先頭だったので、熊除けの先導バイクの後ろでスタート
雨に濡れた落ち葉が綺麗だ。

181123-103630_R.jpg
この橋、かなりの高さなんです。

181123-103935_R.jpg
終点の二ツ屋駅が見えてきた

181123-105045_R.jpg
二ツ屋駅では、車両が転回するので一番後ろになります。

181123-105405_R.jpg
復路スタート

往路の坂が結構きつかったので帰りは下りなのに足にきています。

181123-110105_R.jpg
豪雨の影響なのか、大水が出た跡がありました。
今後同じような事があると、この橋が維持できるのか心配になります。

なんだろうな、この充実感。
自転車こいでいるのとはまた違う感じ。
線路の上だから?

神岡春慶会館


妻は飛騨春慶のファン
昨年は寄ったもののイベントに出ていて不在だった神岡春慶会館に行ってみました。
すると、今年で閉館するとのこと。
職人が居なくなって、組合も一人で運営する状態で、維持が難しくなったようです。
それでも、高山で新しい塗職人が独り立ちできそうだという話に少し安心。

古川 蕎麦正なかや


昨年とてもおいしかった蕎麦を食べるために、
神岡から30分ほどで古川の町にやってきました。

古川祭り会館近くの三寺まいり朝市に寄ると、
ワラビの塩漬けという物が置いてある。
初めてみた、秋に採れるわけではないですよね?
「春に採れたものを漬けておくんですよ。山菜ごはんや蕎麦にするとおいしいですよ」
うーん、興味あるけど、家に帰るまで持つだろうか。
「2,3日まら常温でも大丈夫ですけど」
今晩はホテルの冷蔵庫に入れる事にしよう。
それにしてもクーラーをもってこればよかった。

181123-124502_R.jpg
蕎麦正なかや
せいろ大盛(普通の2倍)と辛味大根

181123-125646_R.jpg
凄い勢いで食べてお替り、大盛

妻と2つ頼んだので、「え二つ?」と確認されてしまった。


今回帰宅後になんとなくネットを検索していると、
荘川の蕎麦正で修行して、同じ古川の福全寺蕎麦は父親の店だという。
高山あたりの蕎麦はどれも美味しそう。


高山


古川から30分、やっと高山にやってきました。
不動橋駐車場に停めて漆器店めぐり
あっちへ行ったりこっちに戻ったり、あっという間に日が暮れました。

今日のホテル高山市内で温泉があるスパホテルアルピナ
夕飯が付いていないので、温泉に入って足をのばして夕飯の相談。

ネットでみつけたビストロKANZO
飛騨牛のハンバーグが美味しいらしい!

「ハンバーグは売り切れです」
・・・

181123-190920_R.jpg
ハラミローストにしました。
すごくおいしい!


3日目 11月24日


181124-065413_R.jpg
24日に帰る事になったので、中央道の渋滞予測は14時から。
連休最終日の明日だと11時からの予測なので、かなり余裕がある。
実際に八王子で渋滞が始まったのは14時頃から、
25日は11時半からなので、かなり正確ですね。

13時には上野原を通過したいので9時に出発することにしましたが、
せっかく時間があるので朝食後に有名な朝市に出かけてみる事にしました。

宮川朝市


IMG_3305.jpg
観光化されているとはいえ、地元の人たちがでているのですね、
リンゴとかマタタビ(ネコミヤゲ)を購入

高山-横浜


温泉で暖まって、9時頃高山を出発
帰りは順調で、みどり湖で休憩し、13時頃帰宅しました。

2018-11-242013.55.25_R.jpg
走行距離914km

IMG_3338_R.JPG
古川の三寺参り朝市で買ったワラビの塩着けで山菜そばにしました。
ワラビの香が良くて旨い。
塩漬けなんてとバカにしていたけれど、また買ってこよう。





nice!(7)  コメント(0) 

ティップラン 二階屋丸 [船釣り]

データ


於:宇佐美 二階屋丸
日:2018/11/3
時:5:45-11:00
同行:妻

道具


エメラルダス AGS 62MB-SMT BOAT
スティーレ 100XG オシアコンクエスト200HGハンドル PE0.6 リーダーフロロ2.5号 フロロ2号

エメラルダス AGS 60L-SMT BOAT
ヴァンキッシュ C3000SDH PE0.5 リーダーフロロ2号

エメラルダス AGS 70MH-SMT BOAT
ヴァンキッシュ C3000SDH PE0.5 リーダーフロロ2号

ダートマックス
タングステンシンカー2oz
TGベイト80g
アントラージュ S2・S3

ウエア


ダイワ オーシャンサロペットレインスーツ DR-6006
シマノ ライトスーツ MD-066M ボトム
シマノ ハーフジップシャツ
シマノ ウォームシャツ SH-081N
ハヤブサ アンダーストッキング
プロックス ウェダーブーツ
シマノ ソックス

釣果


アオリイカ 4 

今年好調のアオリイカ


10月に解禁になった宇佐美のアオリイカ、連日ツヌケどころか15杯を超える好調
トップがツヌケだけなら「上手い人がいたんだな」と思うところですが、スソも5杯くらい。
連日、初挑戦でトップがでたとか。
10月後半から始まった相模湾のシャクリや長井のティップランも、
トップ10杯とか、船中60杯とか、
もう好調以外ない。

しかし、釣り運に見放されている私、
前日10杯でも私が行くと海が荒れて2杯、
ティップランは過去何度もそんな目を見ている。
あまり期待しないでいよう。
そう思っていたら11月に入って釣果が落ちてきて、トップは5か6でスソは0もでる。
ふむ、例年の感じ。
そんなわけで、すっかり冷静になって釣り当日を迎えました。

予定より遅れて3時40分出発
今日は妻がおにぎりを作ってくれたのでコンビニによらなくていい。
いつもより少し保ったが小田厚に乗るころには意識を失う妻
弁当は免罪符にならないぞー

181103-053744_R.jpg
5時30分ごろ宇佐美到着
11月の集合時間は5時45分、当然日の出前です

181103-055644_R.jpg
6時前に出航、


すると急に風が強くなり、波とうねりが強い。
ポイントは川奈ホテル下あたり

風が強いから船は流れるだろうけど、
波とうねりがあるからベイトでヘビーシンカーの方が楽だと思う。
私はまず一杯確保するためにベイトのお助けリグ

宇佐美だと、いつも疲れ寝不足その他でダウンしてしまう妻も
今回はやる気が違って、まず一匹確保するとベイトのお助けリグを選択

しかし、ここで問題発覚
私はお助けリグの下にエギではなくメタルジグを使用するのですが(FP式)
TGベイトを一つテンヤのボックスに入れたままにしていました。(もともと鯛用なので)
タングステンシンカーの方が恰好はいいけ、集魚効果はどうだろうか。

数流し目
「きた!」という妻、グングンというイカ特有の引き

DSC03648_R.JPG
船中1杯目、やったねー
これでいつもより集中力が保つだろう、
帰りも「私は釣れなかった、ツーン」みないに雰囲気悪くならずに済みそう、
よかったよかった。

それでは安心してイカを確保・・・来ない

そりゃポコポコ乗ってくるとは思ってなかったけど、一時間も来ないとは思わなった。
やっぱり好調に期待していたのかな。
それでもミヨシでは2杯くらい上がっている。
というか、妻以外はミヨシの人しか来ていない。

「あー大変!」と妻
なんだなんだ、妻が差し出すリールを見ると、スプールがむき出し。
左側のブレーキとカバーが脱落している。
僕たちの使っているスティーレはブレーキがハンドルの反対にあって細身の設計になっている。
ブレーキカバーにブレーキのツマミとカバーを外すロックがあって、
ロックを外すとカバーが外れ、
遠心ブレーキの調整やスプール交換が簡単にできるようになってる。
妻はこの構造のリールを使うのが初めてで、
メカニカルブレーキと間違えてロックを解除してしまったらしい。
それで、「糸が出ない」と言われブレーキ緩めたらといったときに、
「カチッと言った」と意味が分からない事を言ったんだ。
くあー、スティーレ、いまいち人気ないけど高いんだよ。
(帰りに釣り具屋で部品を注文したら七千円だった)

船が流されてラインに角度が付かない。
そこで私は、お助けをやめてアントラージュS3を直結
すると、ステイの瞬間にトンとアタリが伝わります。

DSC03650_R.JPG
やっと一匹
ヒットエギはアントラージュS3ムラテ紫

風とうねりでアントラージュS3(43g)で丁度いいくらいなので、
スピニングに持ちかえていた妻は、つらそうです。
仕方がないのでベイトを妻に譲って僕がスピニングを使います。

今回のテーマの一つは、
スピニングでサミング(フェザーリング)をして糸ふけを出さないで底をとる事。
そしてすぐにエギを動かす、
がまかつの永田さんやFP志摩の谷口船長が提唱する「タッチアンドゴー」
その為、はじめから少し重めのエギを使うつもりでしたが、
アントラージュS3なら糸が止まる瞬間がわかります。
すぐに巻く、もしくは跳ね上げる。
そんな練習をしていると、着底で巻こうとしたときにトン
一匹目より一回り大きなアオリでした。
ヒットエギはまたもアントラージュS3ムラテ紫

妻がスピニングに持ちかえるとベイトを使いますが、
今日は船が流れるからお助け不調かな。

フォールで変な糸ふけが出たので合わせたらイカ
しかし巻き上げ途中でバレてしまいました。
合わせが弱かった。

伊東沖に移動したときに唯一持っていたTGベイト80gに変更
すると、いい具合にラインが立ちました。
ドン!乗った!
ヒットエギはダートマックス グリーンアジクリスタルグリーン

宇佐美峠下に移動すると、風がなくなって船があまり流れなくなりました。
ここでいままで釣れていなかった人にも来て、
坊主はなし、1から7匹

181103-152109_R.jpg
私は4杯で二番目、妻は2杯
結局好調って上手い人だけの話だったんだな。


港に戻って竿頭のミヨシの人と話をすると、
今までは何度も坊主だったけど今年は本当にいい。事はもう何度も来ていて午後ものる。
すごいなー

今まではシャクリがうまくできないのでベイトで跳ね上げる釣り方をしていた。
ああ、思い出した、EGSPのベイトを持って二階屋丸の写真に乗っていた方ですね。
でも今日は手首と竿の胴を使った綺麗なジャークでした。
コツをつかんだのか合う竿を見つけたのかな。
午前はセフィアエクスチューンでしたが、ティップバンTZも使われているようです。

今日は久しぶりにスピニングを使いましたが、どうもうまくシャクれている気がしません。
大きくワンピッチにしてみたり、肘を締めてみたり、張ってみたり、
どれが自分にあうのか、どれが釣れるのかよくわからない。
結局、ティップランてどれでも釣れる、どれが一番合うか、になるのかな。
もう少し乗れればなにか見えるのかもしれませんが、
シーズン1、2回では難しい釣りなのでしょう。

帰路は順調、厚木の萬陣に寄りました。

181103-133523_R.jpg
揚げ蕎麦掻をやめてしまったようなので蕎麦豆腐

181103-133741_R.jpg
つけとろ大盛
蕎麦は香りが強くて上手いです。

2018-11-03 21.34.33_R.jpg
アオリイカは天婦羅と翌日刺身にしました。

残りは冷凍して年越し蕎麦の天婦羅にします。


62MB-SMT・60L-SMTとタッチアンドゴー


今回はベイトの62MB- SMT、スピニングの60L-SMTをメインに使いました。

66MB-SMTにくらべ短くなった62MB-SMTですが、
長さにつていはメリットもデメリットもないように感じました。
62MB-SMTは66MB-SMTにくらべ穂先が硬くなっています。
ヘビーシンカーやエギを強く動かくなら62MB- SMTでいいと思います。
波がある時や全体のバランスとしては66MB- SMTが良い印象ですが、
仕舞が152と長く、そのデメリットを我慢してまで使うメリットはないと感じました。

62MB-SMTはEGTR B62MH-Solid.Fに比べても穂先にハリがあります。
この二つは非常に似た印象で、EGTR S62MH-Solid.Fのメリットはスパイラルガイドですが、
それだけなら折れないSMTの62MB- SMTでいいのではないかと思います。


60L-SMTは511ML-SMTより穂先は固く、全体は柔らかい竿です。
Lなので重いエギの対応が心配でした、45gは十分使えると思います。
なにより、511ML-SMTの仕舞の問題が解消されました。
ダイワのSMTはこれより長くなると68(6フィート8インチ)とか70(7フィート)になります。
68は仕舞が長く、70は竿自体が長く、6フィート5インチくらいが欲しいと思ってしまいます。

今回着底直後のアタリが取れたのは、タッチアンドゴーのおかげなのかなと思います。
今日のように波うねりがあると糸ふけを出して底をとるのも難しいし、
サミングで底がとれるならそれが良いように感じました。





nice!(15)  コメント(2)