So-net無料ブログ作成
前の10件 | -

誇宇耶に蕎麦を食べに行く [旅行など]

「どこか行きたい」
妻が珍しい事を言い出しました。

うーん、それならアジ釣りに行こうか。
蒲谷丸の午後船なら乗れるだろう。
電話をしてみると、今日は出船中止とのこと。
昨日電話しておけば出してくれたかもしれないのに。

仕方がないので忠彦丸に乗ろうと、10分で準備をして出発。
妻の酔い止めがなかったのでドラッグストアに寄ったので、
12時に着くくらいかな、半の出船には間に合うでしょう。
念のためと妻が電話をかけてみると、11時半くらいには来た方がいいと言っている。
12時くらいになりそうだけど、というと
「こむからねー」と苦笑いされたとか。
それなら無理をしても仕方がないので戻る事に。

さて、どうしよう。
GWに誇宇耶の蕎麦を食べていないから食べにいこうか。
東名の渋滞は解消してるし、伊豆縦貫にも渋滞マークはないから、
昼を食べて、14時頃出発、帰りは伊東のネコの様子を見てくるプラン。
このところ、出かけた先の産直で山菜とか魚などを見て、
クーラーをもってこればよかったと思う事が続いて、
「ウチが観光に行くときはクーラー持って行った方がいいね」
と話していたので、今回はクーラーをもっていきます。
伊豆にめんたいパークができたので、明太子を買ってこよう。

14時出発、厚木くらいまでは交通量が多かったけれど、順調に進む。
それにしてもトラックが多い。
渋滞を避けて出てきたのかな。
長泉から伊豆縦貫へ、長い上り坂があるので流れが滞る。
これ設計ミスだよな。


めんたいパーク伊豆


函南で伊豆ゲートウェイ函南の隣にあるめんたいパークへ。

190518-155539_R.jpg
タラぴよタラコン博士

190518-155452_R.jpg
ぐ!赤いぷつぷつ・・・
イクラが苦手な僕は躊躇していまうエレベーター

190518-155627_R.jpg
二階のテラスには足湯があって、富士山が眺められる。
今日は曇りで頭しか見えない。
それに、電線が残念だな。


IMG_4647.JPG
めんたいキャッチャー?
明太子コーンスナックが景品だけど
100円払って取ってもこれじゃあねぇ。
と言うそばから100円入れている妻。
掴みそうになるが取れない。

どうせこういうものは取れないの。

作りたて明太子を買って車のクーラーに入れて戻ってくると、
妻が、なにやら自慢げな顔をしてやってくる。

写真 2019-05-18 22 30 36.jpg
「取った」
おお、明太子スナック!

「もう一個取りたいから100円頂戴」
一回だけだよ。

ウイーーーーン

190518-160344_R.jpg
おおおお!取った!

落ちるな!落ちるな!

190518-160348_R.jpg
げっと!

190518-160355_R.jpg
「どうだー」
う、うん、すごい

「もう一回やりたい」
そんなに上手くいかないから

ウイーーーーン

スカッ!

惜しい。

「もう一回・・・」
もう100円玉がないから行くよ。


小戸橋製菓 猪最中



天城道路が月ヶ瀬まで伸びたので414への合流が自然になりました。
その変わり、狩野城をパスするようになってしまった。

しきりに「こんな所通ったことあったっけ?」と繰り返す妻
いつも寝ているから記憶がない。

猪最中の看板を見て寄りたいといいだした。
伊東のマリンタウンにもあったと思うけど。

190518-164559_R.jpg
小戸橋製菓にあった猪
フィレンツェには、鼻をなでると幸運があるというイノシシの象があるけれど、
それが伊豆の猪と何の関係があるかちょっとわからない。
でもさわっておく。

稲取 誇宇耶


寄り道しながら18時くらいに誇宇耶に到着しました。

「2,3日前に、最近みえないなって話していたところなんなんですよ。」
といつのも店員さん
以前は毎月来ていたのに、このところ年3回くらいしか来られなくて。

190518-174409_R.jpg
辛味大根蕎麦大盛

やっぱり旨いなー
追加する。

190518-175302_R.jpg
せいろ大盛

これだけ食べると本当に苦しい。


伊東 白灯


帰路は海岸沿いを伊東へ
伊東白灯のネコの様子を見てみる

昨年末に来た時に愛想がよかったキジトラとクロがいたけれど、
前より警戒している様子。
美人は警戒心全開、ウスは姿が見えなかった。

写真 2019-05-18 19 44 53.jpg
宇佐美峠のコンビニに寄ったら、店の前にネコが二匹
去勢されているから地域ネコなのかもしれない、エサをもらっている様子。
ウチの金時によく似ていいる。
(おどおどしているところも)

熱海を過ぎると、やっぱり寝ている妻

厚木の渋滞がまだ残っている様子なので、
西湘バイパスから戸塚に出て新道で帰宅しました。


それにしても、GWは高山に行ったし、先週は国立博物館、それで今週も出かけたいなんて珍しい。
「最近ジム行って、体力ついんたんじゃない。」
ふーん、それでも車で寝るんだ。






nice!(8)  コメント(0) 

国立博物館 東寺展 [旅行など]

国立博物館の東寺展に行ってきました。

8時半ごろ出発、9時過ぎにいつもの上野パーキングに着くと、
上階が満車、地下に遊動されました。
小さい子供が多かったので、
数日前にネットに乗ったパンダのシャンシャンの記事の影響でしょうか。
地下にとめたので、上野公園通りを上っていくと、
上野駅のタイムズがまだ空いているようです。
こっちの方が近いからいいかな。
さらに、上野公園駐車場は立体工事中のようです。
収容台数が増えるならこっちの方が近いからいいな。

大報恩寺展


国立博物館に着くと開門したばかり。
それでも平成館から正面ゲートまで行列があります。
ただ順調に進み、それほど待たずに入場できました。
この日は日差しが強かったので、
ちょっとした木陰や、
平成館の入場列ルートに設置されていたテントがありがたく感じます

今回の目玉、帝釈天
東寺でも見ているし、数年前の空海展にも来ていましたが、
今回は撮影可能。
190511-101848_R.JPG
190511-101823_R.JPG

国宝 帝釈天騎象像


国宝 兜跋毘沙門天立像
金鎖甲や籠手の造形が秀逸
日本の仏像とは違う雰囲気がある

国宝 持国天
いつ見ても、躍動感あふれる姿が迫力がある。

国宝 大威徳明王騎牛像
六面六臂六足が違和感なくまとめられている姿にいつも感心する
横から見ると、顔は少し突き出していて、手足は幅を狭くしているのが分かる

国宝 独鈷杵
国宝 五鈷杵
昔から独鈷杵・五鈷杵や三鈷剣のデザインがとても好きで、
レプリカでもいいからほしいと思っているのだけれど、
東寺の五鈷杵は中央に集約してく形と丸みが素晴らしくて、
これを見てしまうと、
レプリカは周りの鈷が細かったり、曲がりが美しくなかったりして、
満足いくものがない。


特集 密教彫刻の世界


東寺展に合わせて、国立博物館に収蔵されている密教系の仏像が展示されていた。

空海作と推定されている重要文化財の光得寺 大日如来
小さい象だけれど、いつ見ても見事。
空海という言われる大日の中では、
ふっくらして微笑んでいるような顔が他と異なる印象を受ける。
獅子に支えられた台座に乗る姿、
逗子に収まる事も合わせて、
個人的な崇拝の対象としての象であった事を思わせる。

IMG_4581.jpg
重文 大日如来坐像 平安時代
こちらは東京国立博物館に収蔵されている大日如来


刀剣


190511-105001_R.jpg
重文 手掻包永

190511-105025_R.jpg
国宝 古備前正恒
大垣戸田家伝来

190511-105136_R.jpg
重文 相州国広
銘 国弘 鎌倉住人 元亨四年十月三日 

190511-105309_R.jpg
重文 来光包
越前松平家伝来


武士の装い


190511-105831_R.jpg
190511-105849_R.jpg
重文 黒韋肩妻取威胴丸
三鈷剣の前立ての三つ鍬形の兜・大袖がそろう

190511-110140_R.jpg
190511-110149_R.jpg
黒韋素懸威如意頭形兜
これは何を模した形だろう、由来が失われて分からないようだ。

190511-110128_R.jpg
紺糸威筋兜
菖蒲の前立て
明珍信家 天文2年の銘がある

上野藪


上野に来たからには上野の藪によります。

190511-113824_R.jpg
辛味大根

190511-114637_R.jpg
天せいろ大盛






nice!(7)  コメント(0) 

第三回 飛騨高山 第五回 常滑 [旅行など]

私のGWは10連休、妻は前後に分かれて連休
もともと妻が大型連休になる事がなかったので、
GWに出かける習慣がなく、
下田に釣りがてら蕎麦を食べにいくのが慣例でしたが、
今年は、冬にしか行った事がなかった、
妻が好きな高山に出かける事になりました。

前半に下田に行く事も考えたのですが、
所用があり、後半集中のGWです。

飛騨で魅力の山城は、
すでに藪のなかに埋もれ、虫が跋扈する季節なので、
近世城郭の残る富山方面に行ってみようかと考えていましたが、
丁度一泊目の砺波でチューリップフェアが行われていたので予定に入れ、
そのまま常滑まで大移動するプランになりました。
妻の希望でガッタンゴーも予定に入ります。

できた予定がこれ
予定
5月3日
3時半発
中央道で松本・安房道路経由で神岡
神岡 ガッタンゴー
古川 蕎麦正なかや
高山
東海北陸自動車道で福野
福野泊

5月4日
となみチューリップフェア
11時までに砺波発
東海北陸自動車道・名古屋高速・知多半島道路経由で常滑
常滑
常滑泊

5月5日
8時発
知多半島道路・新東名で帰宅


1日目 5月3日


天気が悪く気温が低かったGW前半ですが、
今日は気温が上がる予報。
予定通り3時半に出発

横浜-神岡


横浜から第三京浜・東名・圏央道・中央道を走り諏訪湖SAで休憩
松本で降りる予定でしたが、ナビの指示で梓川スマートまで。
小淵沢や梓川では、まだ桜が咲いていました。

高速は順調でしたが、国道158に入るとそこそこ交通量があって、
山道ではスピードがあがりません。
安房トンネルを抜けて丹生川に入ると何故かナビが側道に入りUターンしろという。
あれ、間違えた。
今日は神岡に向かうので、平湯から奥飛騨方面に進まなければなりませんでした。
8時半にガッタンゴーの奥飛騨温泉口駅に到着。

ガッタンゴー


190503-083018_R.jpg
おくひだ号
廃線になる前の神岡鉄道を走っていた車両です。

190503-083045_R.jpg
内部には囲炉裏があります

ブリーフィングを受けて出発。
今回は一番目の予約だったようで先頭車両です。

「ブレーキを掛けないで下ってください」
それなら分かる
前回は「ノーブレーキ」というものだから「ローブレーキ」と聞き間違って、
ブレーキかけてしまったので。

G0020006.JPG
出発

190503-090624_R.jpg
なんだかわからないけど、景色も観ずにひたすらペダルを踏む妻。
話しかけても聞こえないみたいだし、
妻の言っている事も分からないので、
ひたすらこぐしかない。

190503-091511_R.jpg
あっという間に到着
後続を大きく引きはして独走

IMG_4500_R.JPG
サイドカーとペットゲージという珍しい車両

IMG_4470_R.jpg
方向転換が終わって復路の準備完了

IMG_4472_R.jpg
帰りはトンネルでは、レールに沿ってLED照明が!
知らなかったのだけど、
5/14まで限定でトンネルリエというイベントだった。

2回乗っているからもういいかもしれないと思ったガッタンゴーだけど、
なんだろうこの自転車とは全く違う爽快感。
景色もあるのかもしれないけれど、
レールの上なので、他の事に注意が向く事がなく、
ひたすらペダルを踏むという行為が無の境地になるのかもしれない。


古川 蕎麦正なかや


10時頃神岡を出て、10時半ごろに古川に到着
飛騨市役所の駐車場は満車で、若宮駐車場に停めました。
飛騨美術館を通って土蔵街の先にある蕎麦正なかやへ

三寺まいり朝市を覗いてみると、葉ワサビやタラの芽など、山菜が一杯。
ああ、
このところ、出かけるとクーラーをもってこればよかったと毎回思うのだけど、
いつも忘れる。

190503-105300_R.jpg
開店10分前、すでに先客が。
そのご続々と人が来て、開店と同時に満席。
後から来た人には、電話番号を聞いて、「連絡するから観光してきて」と言っていました。

190503-111419_R.jpg
ざる大盛(2倍)と辛味大根
写真を撮る事も忘れて食べてしまった。
ここの蕎麦は本当に旨い、
もはやこの蕎麦を食べに毎年高山に来ていると言っていいかも。

街中を散策していると何やら黒い物体が観光客と記念撮影している。

2019-05-032011.28.35_R-7f412.jpg
飛騨牛!
ごめん食べちゃったよ(去年)


山菜の直売所があった。
2019-05-032011.37.26_R-d1b41.jpg
2019-05-032011.41.40_R-6258a.jpg
「あばあちゃんたちの直売所」と書かれた子供の絵とディスプレイが良い。
おばさんのセールストーク乗せられて葉ワサビを購入。
やっぱりクーラーをもってこればよかった。


前回は人がいなかった三嶋ろうそくから話し声が

IMG_4499.JPG
「さわってみてください、6秒で手に付かなくなるから」

小学生のころ、
三嶋ろうそくの先代の主人(けっこうなおじいちゃんだった)から色々説明をしてもった事があります。
「おやじと同じ事を私もしています」
前回古川にきたとき、主人が丁寧に説明をするとガイドに書いてあって、
先代と同じ事をしているのだと思ったのでした。

「なんでわざわざ話をするのだろうと思っていたけれど、
日本の人は和ろうそくの事を知らないのですね。
だからおやじは店に来る人に説明をしていた。
私もそうしなきゃならないと思って。」

受け継がれていくんだなぁ。

高山


さて、ここからが問題です。
高山は駐車場が点在していて、街中で渋滞が発生します。
高山駐車場ガイドを見ていると、
観光地から外れた駐車場も満車になっていました。
えー、こんなに混むのか。
こんな事もあろうかと、民間駐車場も調べてきたので
とりあえず、花岡駐車場、高山駅西駐車場が空いていなければ、
NBパーキングかバカラ高山駐車場に行ってみることにします。

高山到着は13時ごろ、
花岡駐車場の前まで来ると一台入っていく車が居たので続いてみると、目の前で満車
しかし、5分ほどで入る事ができました。

街に向かい歩いていると飛騨国分寺の三重塔が見えてきました。
せっかくだから見て行こう。

IMG_4480_R.jpg
三重塔(江戸時代) 県指重要定文化財
バランスが良いし美しい。
訪れる人はみな、この塔をよく見ているし写真も撮っているのですが・・・

190503-125727_R.jpg
こちらの本堂は、室町時代のもので国指定の重要文化財なんですよ。
本堂もお見逃しなく。

という私も、宝物館で重要文化財の仏像が公開されている事に気がつきませんでした。
江馬家伝来の太刀が展示されていれば見てみたかったのに。

団子やすしを歩き食べ(食べ歩きは歩きながら食べる事じゃない!)する趣味はないし、
ラーメン屋はどこも行列。
妻が好きな漆器店を巡ります。

そうこうするうちに日が傾いて、人が減ってきました。
前回食べた桔梗屋(ラーメン)に行ってみると売り切れ。

前回行けなかった漆器店に行ってみたいというので、ナビをセット。
飛騨の里の近くなのですが、人気がない。
よくよく調べるとここは作業所のようで販売は宮川朝市の通り。
また戻る事になります。

高山-福光


今日の宿は福野のホテル、高山から一時間くらい。
高山を出て高山清見道路に入ると高山西インターから渋滞が始まっていました。
しまった、名古屋方面に帰る車の渋滞か・・・
のろのろと飛騨清見付近までくると突然流れ出す道
どうも交通集中とザクで渋滞していたようです。
東海北陸自動車道を富山方面へ。
対面通行のトンネルになると流れが悪くなり飛騨河合あたりで渋滞、
それでも白川郷をすぎると交通量は多いものの走りだし、
18時半くらいに福野のホテルに到着しました。

前回このホテルに泊まった時に、
レストランの魚と米が旨くて、今日も夕飯はホテルで食べるつもりだったのですが、
なんと貸し切り。

割烹に行くことにしました。

割烹 喜久



190503-195048_R.jpg
ブリ
旨いなー

190503-195519_R.jpg
白エビ
甘い、これを一つづつ向くのは本当に大変な仕事ですよね。

190503-200616_R.jpg
水槽で泳いでいた若鮎を焼いておもらいました。
あれは鮎ですか?と聞くと
「若鮎です。刺身でも焼いても唐揚げでも」
唐揚げ?もったいない!焼いてください。

190503-201405_R.jpg
ボタンエビ塩焼
今回一番の衝撃はこれでしょうか。
殻が柔らかくて食べられてしまうのです。
そもそも刺身以外のボタンエビを食べたのは初めて。
これは、脱皮仕立てなのか、焼き方でこうなるのかと聞いてみると
「これくらいのボタンエビは焼けば殻ごと食べられますね」
へー殻が柔らかいのか。

とてもおいしい店でした。

2日目 5月4日


7時起きてホテルで朝食
今日はとなみチューリップフェアに行くのですが、
駐車場に入る車が渋滞するらしいので、開場時間に着くように8時ホテルを出ました。

となみチューリップフェア


駐車場直前で手前の民間駐車場の誘導に引っかかってしまい、
会場に近い正規の駐車場に入れなおしたので少し遅くなりました。

IMG_4501_R.jpg
チューリップタワー
ネットで並ぶ言われるほど並んでいなかったのですが、わざわざ登ほどの事はないか。

IMG_4509_R.jpg
花の大谷
室堂の雪の大谷をイメージしているらしい。

190504-090343_R.jpg

190504-090348_R.jpg

190504-090403_R.jpg

190504-091342_R.jpg
五連揚水水車

10時半頃に会場を出ると駐車場にはまだ余裕がありますが、
駐車場に入る車の渋滞が起こっていました。

砺波-常滑


常滑に向かう為に砺波インターに向かうと、出口では国道に出る車の渋滞が起きています。
五箇山付近、一宮付近で渋滞の予測がありましたが、特に滞る事無く名古屋高速へ。
ナビの指示で東海インターから155号で常滑到着は13時くらい。

常滑


さすがGW、陶器会館はもとより、散歩道大駐車場も満車です。
仕方がなく、駅前のコインパーキングに停めました。

190504-150254_R.jpg
とこにゃん、5回目

今回は、鯉江廣(玲光窯)の急須を買うことが目的。
前回湯呑を買った焼き物散歩道の店に行くと売り切れ。
「全然入ってこないんです。入ってもすぐに売れてしまって。」
そうか、でもいいものが売れるのはいい事だし。

たしかセラモールにあった気がする(高いけど)

190504-164044_R.jpg
セラモール、7回目(常滑は5回目だけどセラモールは2日連続きた事が2回ある)

急須ありました。
でも、やきもの散歩道の店より4千円くらい高い。
仕方がないか。

今日のホテルは洗い場付き、歩き疲れているので風呂に浸かる事ができるのはありがたい。
高山で入浴剤も買ってきた。

IMG_4540_R.jpg
ホテルの部屋にはスマートフォンが置いてあります。
部屋の電話も兼ねています。

まるは食堂


夕飯はまるは食堂、ホテルから近いので歩いていきました。

190504-183134_R.jpg
刺身盛り合わせ上 
タイ、アワビ、マグロ(ビンチョウだと思う)、イカ、ヒラマサ、みる貝
タイとヒラマサに歯ごたえがあって、新鮮な事が分かります。

190504-184807_R.jpg
本日の焼魚、タイだと言うので切り身かと思っていたらまさかの尾頭付き
サンマやアジみたいにはいかないけれど、なんとか食べられました。
食べるのは難しいけれど、良く焼けていて、味は文句なし。


3日目 5月5日


6時半に起きて朝食、7時に出発
GW前半より渋滞していないようだけど、
昨日はそこそこ渋滞したみたいだし、早く帰ろう。

清水ジャンクションの先で渋滞があるので、長篠で休憩。

清水ジャンクション先のトンネルで事故があって5キロくらい
渋滞中のトンネルでもまた事故があったらしいく、路側帯に10台くらいが止まっていた。
路側帯の広いトンネルでよかった。

渋滞を抜けて清水PAで休憩。
昼を食べようかと思ったのだけどめぼしいものがない。

御殿場までは順調に抜けたけれど中井の先で事故渋滞
車線規制があるらしく、6キロだけど通過時間がどんどん伸びて一時間を超える。
渋滞中でも追突事故が発生している模様。
ナビの指示で中井で居りて平塚から小田厚で厚木へ。
大和トンネルでノロノロになったものの14時くらいに帰宅しました

190505-234333_R.jpg
走行距離1110.5km

190505-141929_R.jpg
購入した急須
薄くて軽くてバランスが良い。
良い急須を使うと戻れません。 


nice!(7)  コメント(0) 

小倉山城 [城巡り]

小倉山城
年月日:2018/11/22
見学時間:14:30-15:45
所要時間:15分

高山城主だった金森長近が関ヶ原の功で加増された上有知領有の為に築いた城です。
木曽川の水運の為に上有知湊を整備、
築城と共に作られた城下町は和紙で潤い、
重要伝統的建造物群保存地区となっています。

文化会館横の交差点から坂道を上ると、二の丸跡の駐車場です。
二の丸前の図書館が三の丸跡
本丸には池などが作られています。

181122-144038_R.JPG
本丸の櫓風建物、本丸から見るとシャッターがあり倉庫になっているようです。

DSCF8906-1.jpg
虎口
小さな城ですが、立派な石垣です。

DSCF8908-1.jpg
本丸下の石垣にある折れ
直線的な石垣ですが、折れで横矢を掛けているのは、飾りではないと思います。
飛騨の松倉城主郭の折れを連想させます。

参考資料
岐阜の山城ベスト50を歩く
小倉山城 美濃市サイト

nice!(8)  コメント(0) 

ティップラン 二階屋丸 [船釣り]

データ


於:宇佐美 二階屋丸
日:2019/04/06
時:4:45-11:00
同行:妻

道具


エメラルダス AGS 62MB-SMT BOAT
スティーレ 100XG オシアコンクエスト200HGハンドル PE0.6 リーダーフロロ2.5号 フロロ2号

エメラルダス AGS 60L-SMT BOAT
ヴァンキッシュ C3000SDH PE0.5 リーダーフロロ2号

セフィア エクスチューン B605MH-S
スティーレ 100XG オシアコンクエスト200HGハンドル PE0.6 リーダーフロロ2.5号 フロロ2号

セフィア エクスチューン S605M-S
ヴァンキッシュ C3000SDH PE0.5 リーダーフロロ2号

ダートマックス
タングステンシンカー1.5oz(42g)
TGベイト45g 60g
アントラージュ S2・S3

ウエア


ダイワ オーシャンサロペットレインスーツ DR-6006
シマノ ウォームシャツ SH-081N
シマノ ジップアップシャツ(中厚) SH-027H
ハヤブサ アンダーストッキング
プロックス ウェダーブーツ
モンベル ソックス

この時期は、ウエアについて迷います。
暖かくなってきたのでストッキングはいらないかと思いましたが、
朝肌寒さがあったので念のため上着を二枚にしてとストッキングをはきました。
結果として暑いと感じなかったので適当だったのだと思います。

釣果


無し

春のアオリイカ


春のアオリイカは厳しい

釣果を見ていると釣れる日もあれば全く釣れない日もある
しかし、相模湾の中錘では釣果が出ているし、
東京湾ではかなり釣れる日もあるので、
ティップランが厳しいのだと思う。
僕が通っている宇佐美では、アオリイカは5月初めで終了するけど、
相模湾では6月あたりに大物が釣れている。
春イカはエギの平行移動(ティップラン)に反応しなくなると言う人がいる。
クレイジーオーシャンの太田さんは、
春のデカイカは藻場のキャスティング(フォール)の方が釣れると言う。
和歌山でも春になるとキャスティングになるし、
相模湾でも相洋丸(船長のご冥福をお祈りします。一度乗りたかった)はキャスティングをやっていたようだ。
本当は、春は中錘の方がいいのかもしれない。
そんな迷いが出てきている。
ただ、(やったことがないのに言うのは申し訳ないけど)
「しゃくったときに乗っている」という感覚がどうしても面白そうだとは思えない。

宇佐美の春のアオリイカ、
僕には本当に厳しくて
4回で1匹を2回、2回坊主
2分の1の確率で坊主になる釣りに、朝2時に起きて行く。

前々日、妻のベイト用に炎月 BB 100HGを用意したのだが、
0.6号だと思っていたラインを巻くと、1号200mのスプールが一杯になってしまった。
あれ、間違えていたか。
仕方なく前日の帰りにラインを購入して急いで巻き、リーダーを結ぶ。
それから用意をして、終わったのは21時を過ぎていた。
明日の朝がつらい。

当日
2時半に出発、4時20分くらいに宇佐美に到着。
駐車場はすいていた。
集合は4時45分
釣り座はトモ

190406-052913_R.jpg

前日は北風が強く相模湾から房総の船は、ほぼ出船中止だったようだ。
今日は風は強くないがうねりがかなりある。
時々大きなうねりがあって、バランスを崩す。

朝は船が流れないのでベイトで45グラムのお助けから。
何の反応もない。

しばらくして風が出てきたのでスピニングに、
しゃくると何故か軽くなった、なんだ?
上げてみるとスナップが抜けてしまったようだ。
暗いなかで準備をしたのでうまく結べていなかったのか。

やがて風が収まり、また流れなくなる。
うねりが強いのでベイトの方が楽だ。
しかし、ここでもラインブレイク。

どうにもリズムに乗れない。

オモリグを試したり、色々がんばったけど結局坊主
船中でも1匹で終了。


IMG_4390.JPG
このところ不漁が続いていた宇佐美のシラス
今年は豊漁のようで、久しぶりに干している。
生シラスと釜揚げを購入

小田厚では、スピード違反で捕まった車を4台目撃

190406-132742_R.jpg
厚木の萬陣に寄って、つけとろ蕎麦

IMG_4380_R.JPG
妻は辛味大根

IMG_4369_R.JPG
シラスで夕飯


S605M-SとB605MH-S


柔らかくて使えないとわかっているのだけど何でか使ってみたくなるセフィア
特にスピニングとベイトを6フィート5インチくらいで同じ長さにしたいので、
S605M-SとB605MH-Sが使えれば希望通りだと思っていました。

エギを下げない状態だと、S605M-Sのバランスはすごくいいと思います。
細身でテーパーが綺麗だし。
しかし、エギを下げてみると、
やっぱりかなり大きくジャークしないとエギが動いていない感じがします。
ティップが長いのでアタリは分かりやすそうに思えたけれど、
ティップの下も曲がるので、そうでもないのかもしれない。
仕舞が長いので、その不便を我慢して使うメリットが感じられませんでした。


B605MH-Sも、ティップだけが曲がる62MB-SMTやB62MHとはかなり調子が違い、
ティップの下も曲がります。
60gを下げるとティップが大きく曲がる62MB-SMTよりも余裕があります。

スパイラルガイドはとても使いやすいのですが、
ガイドが小さくて、
老眼が始まった私には、暗い中で準備をしていてラインが通せませんでした。

今年、がまかつのEG-TRがモデルチェンジして、6.5フィートのベイトが出るらしいので、
それを見てから来年使うかどうか考えます。



nice!(11)  コメント(0) 

狂言 狂言ござる乃座59th [雑記]

狂言を観に国立能楽堂へ行ってきました。

狂言を観るのは3回目ですが、国立能楽堂は初めてです。
東横線で渋谷へ

東横線で渋谷に通っていた事があるのですが、まだ東横線が渋谷までの時代。
その後田園都市線でも通った事があるのですが、駅が全く分からなくなっていました。

渋そばを探してウロウロ
「玉川口?JRです」とかいわれて
ウロウロ

IMG_4319.JPG
やっとあった
見つけてみれば、なんだここかと。
南口から246の向こう側に通っていたので、よく通っていたことろだった。

渋谷店のシステムは他とは違って、入口の店員さんから食券買って、
「かき揚げそばおふたつ!」という声も聞きながらテーブルについていると、
他の店員さんが配膳してくれます。
だれがどこに入ったかよくわかるな。

IMG_4318.JPG
イカゲソが入ったかき揚げそば

しぶそばは、今まで食べた立ち食いそばのなかでは一番うまいです。
目黒線に乗ると、武蔵小杉で降りて食べるくらい好きです。

渋谷から代々木、代々木から千駄ヶ谷へ

IMG_4307.jpg
国立能楽堂は、駅から歩いてすぐなのですが、
もう三月だからと上着なしのカーディガンで来てしまったので寒かった。

IMG_4308.jpg
座席は脇正面後方B席なんですが、入口にGRAND BOX SEATと書いてあって、
本当にここでいいのかと怯んでしまいました。

前回の横浜能楽堂も脇正面後方だったのですが、
脇正面は、狂言師の動きがよくわかって面白いですね。
後方に設置された座席は、
見所から隔絶された気分になりますが、気楽に見られます。


鏡男
訴訟で京都に来ていた男が、妻への土産に鏡を買って帰る。
男は鏡に映る姿を自分だと理解するが、妻は男が京都で懇意にしていた女を連れてきたと嫉妬する。

このところ「応仁の乱」や「観応の擾乱」を読んでいたので、
訴訟で京都にきていたという事に関心が向きました。
おそらく領地の問題だったのでしょう。

男が、代金を両替屋から受け取れというセリフがありました。
送金処理が機能していたのでしょうね。


文荷
主人の恋文を届ける使いを言いつけられた従者二人、
主人の妻に怒られるからと気が進まない。
手紙をテンビンに見立てた棒にぶら下げて運ぶうち、中を見てみたくなる。
手紙を読むうちに破いてしまう。

主人の手紙の相手が少年(しかも多分プロ)というおおらかな話
萬斎と深田博治の掛け合いが軽妙


靭猿
猿引の猿の毛皮を靭に張りたいからよこせという大名
猿もろとも射殺すと言われた猿引きが、
なくなく猿を手にかけようと杖を上げるとすると合図と思った猿が芸を始める。
感極まった猿引が一緒に殺してくれと泣きくずれるとそれを見ていた大名も哀れになり、
毛皮を諦めるどころか、猿と一緒に踊るうちに刀や着物まで与えてしまう。

猿の役は狂言師の初舞台の役で、
萬斎も演じているし、
野村裕基(萬斎長男)が演じた時はNHKのドキュメンタリーになっています。
今回は、万作の孫(萬斎の姪)の三藤なつ葉
大名の萬斎、猿引の万作、太郎冠者の裕基

猿の演技がかわいいのはもちろんなのですが、
太郎冠者の野村裕基は、
昨年八月にみた時には線が細い感じだったのに、
腰の入った立ち姿がすっかり様になっている。
声は高音の響きが強く感じる萬斎より良いのではないでしょうか。
大名は愛嬌のある萬斎にははまり役ですね。
万作の謡で、猿と一緒に踊り始めると一気に和やかな雰囲気になります。

猿引が自ら手にかける決心をしてから、
大名が諦めるまでの流れがとてもあっさりしているのが印象的でした。
これが歌舞伎なら、猿と出会ってから芸を教えて今日までの諸々を踊りそうです。



そんな事を考えていたら、実は歌舞伎にも猿靭という舞踊がありました。(知らなかった)
大和屋の家の芸とされていて、大名が女大名(初演は女中だった)となります。
最近では、
1995年に猿引・九代目三津五郎、女大名・八十助(十代目三津五郎)、小猿・巳之助の三代
2014年の十代目三津五郎の復帰公演で演じられていました。








nice!(9)  コメント(3) 

午前LTアジ 蒲谷丸 [船釣り]

データ


於:金沢漁港 蒲谷丸


道具


リアランサー ライトアジ 160
SCクイックファイヤー小船300XH PE1.5

ささめ 激釣 アジビシ ムツ金鈎9号 2本鈎 ハリス1.5号 2m
ハヤブサ 船宿特製 アジビシ仕掛 ムツ金鈎 3本鈎 10号 ハリス2号 2m

釣果


アジ42

ひさしぶりのLTアジ


今月は好調の大原のヒラメに行こうと考えていたのですが、日程が合わず、
いつもは土曜に釣りに行くのですが、土日に用事があって、祝日にLTアジになりました。
久しぶりの蒲谷丸、春休みペア割中なので、ほとんど親子や夫婦。
6時45分頃に港に着いて、左舷ミヨシに席をとりました。

IMG_4298.jpg

今日は沖が荒れているそうで相模湾は前日から出船中止決定がみられましたが、
蒲谷丸もウィリーが出船中止なので若船長の大型船でLTアジです。

ポイントは横須賀消磁所前
一日ほぼ同じ場所での釣りとなりました。

三投目くらいで一匹、そのあともポツポツと釣れるもののの、
アタリがあるまで時間がかかり、そこから連を狙っても釣れてきません。
アタリがあっても乗らなかったり、途中でバレたり、ジリジリする展開。
ただ、25cmくらいの良型が釣れてきます。

風が強くなってきて手前祭りが起きる状態
しかし、
昨日の釣り具屋には1.5号ハリスの仕掛けが「ささめ 激釣 アジビシ」しかなかったので、
それを使っているのですが、引っ張っても袋から出てきません、
仕方がなく台紙を袋から出して幹糸を外すも、そのそばから仕掛けが絡む。
どうにもリズムに乗れない展開でした。

小アジはリリースしていたのですが、
船長から群れが散るからリリースしなでくれと注意をうけたので、
バケツで生かしておいて、終了後にリリースしました。

IMG_4301.JPG
結局42匹
妻32匹
ただ25cmクラス以外はほリリースしたので60匹ぐらいでしょうか。

竿頭は91、二番手90、いずれも右舷ミヨシ、
90くらい釣るにはダブル、トリプルを続けないと難しいですね。

昨年3月の本牧沖のアジが水ぽくて旨くなかったので心配していましたが、
帰宅後、アジフライと寿司にしましたが、いつも通りの美味しいアジでした。


本日の護衛艦



DSC03710.JPG
DD-153 ゆうぎり (横須賀)

DSC03711.JPG
DDG-174 きりしま (横須賀) 



nice!(6)  コメント(0) 

ミニ兜 護良親王 楠木正成 [雑記]

ディスプレイしているコレクションのミニ兜を変えました。

2019-01-06 00.54.34.jpg

左 護良親王 加藤一冑作
右 楠木正成 加藤一冑作

護良親王の兜は国立博物館の重要文化財 紅糸威兜
楠木正成の兜は朝護孫子寺の重要文化財 黒糸縅菊水兜



nice!(13)  コメント(0) 

曽我梅林 2019 [写真]

2月17日 曽我別所梅林の梅祭りに行ってきました。
花が少なかったので今年は開花が遅いのかと思っていたら、
農家の話では、今年は開花が枝によってまちまちで、
次々に咲くのだそうです。

実が熟すのも時間差があるので、出荷が楽かもしれないと話していました。
(昨年は一斉に熟したので収穫が集中して大変だった)

190217-105352_R.JPG
超広角(10mm)で

190217-110006_R.JPG
望遠レンズらしい写真を撮りたくて

190217-111357_R.JPG
このコモみたいなものは何の為なのでしょう

190217-111738_R.JPG
望遠レンズのAFがエラーになってMFで
もうX-E1ではだめなのかな

X-E1 XF18-55 XF10-24 XC50-230


nice!(8)  コメント(2) 

聖地久比里からカワハギ 山下丸 [船釣り]

データ


於:久比里 山下丸
日:2019/01/26
時:7:30-14:30
同行:妻

道具


極鋭カワハギ AIR 1343
スティーレ100HG PE0.8

釣果


なし


聖地 久比里


この時期になると、
妻がカワハギ釣りに行きたいのは分かる、
しかし私はあまり乗り気ではないという葛藤があります。
特に今シーズンはカワハギの釣果が良くないようです。

このところのカワハギ熱は端から見ていると異常に思えて、
メーカー各社が次々と試合を開催して煽っているので、
そのうち釣れなくなるのではないかと思っていたら・・・
乱獲が原因の不調なのではないのでしょうか。
少なくとも試合の対象にする魚は放流などの繁殖事業を同時にするべきなのではないか。
そう思うと、
田辺哲男氏が言うようにタイとヒラメはレジャーの対象としては理想的だと分かります。
最近心配なのは、手軽なターゲットにされているホウボウ

それはさておき、
普段であればとても寄り付けない久比里ですが、
シーズン終盤で釣果がよくないので、
今であれば行けるのではないか。
それでも初めての場所で勝手が分からない、
以前の長井のように、
一時間半前に出かけても並んで座れる席がないと帰ってくることになると困るので、
席の取ってもらえるとサイトに記載のあった山下丸を予約をしました。

当日、5時半に出発して6時15分ごろ到着、
出船の一時間以上前なのですが、駐車場は一番手前の列です。

190126-065252_R.jpg

7時半出船

平作川を下ると、「竿を寝かせてください」とアナウンスがあり、
御稜威橋(みついばし)の下をくぐります。

190126-072753_R.JPG
おおーギリギリ、八景の比じゃない。

海にでると北風ビュービュー、波はバチャバチャ

※途中で聞こえる悲鳴は同船した女性で妻ではありません

これは辛いと思っていたら、寒いし、アタリは分からない。

3時間経ったところで、カワハギは釣れず、トラギスとベラがきただけ。
底に置いておかないとアタリがないが、置いておくと根掛でする状態で、
すっかり気持ちが萎えてしまいました。
全く釣れるイメージがなく、もうどうすれば良いのか分からない。
集中力がないので、これ以上続けたら、怪我をするか道具を壊すか、
いずれにしろ良いことはないので、リタイアしました。

IMG_4103_R.jpg
といえ、寒いからと言って妻を置いてキャビンに入るわけもに行かず、
残りの3時間を、ただ海を見てすごしました。

一度ウトウトしてしまって、あまりの寒さに目を覚ましました。
あのまま寝ていたら低体温になっていたかもしれない。

190127-004027_R.jpg
妻は早々に一匹釣れて、その後も、寒さと揺れに負けずに4匹
よくがんばったと思います。

探見丸スマート


190126-075851_R.JPG
山下丸には探見丸スマートに対応した船はあります。
そこで、アプリケーションをインストールしておきました。
実は私たちの乗る予定だった船は探見丸搭載線ではなかったのようですが、
到着が早かったので入れ替わることになり、
探見丸スマートを試す事ができました。

iPhoneを
バイク・自転車用の防水ケース「AQUALAND スマホホルダー Lサイズ」に入れて
「STRAIGHT ハンドル用クランプバー 15-431」に固定
「冷間蝶ボルト ステンレス M8×20で「探見丸サイドボード」に取り付けています。

水深や海底形状が分かるのはとても楽しいです。
時々魚の反応もありました。
しかし、海が悪くて、とても見ている暇がなくなりました。


やっぱりカワハギはよくわらない


カワハギの面白さがよく分かりません。
それでも釣れれば楽しいしのですが、
今日のように、初心者の王道「誘い上げ・誘い下げ」で全く反応がなく、
生意気にタタキ・弛ませをやってみてもアタリがなく、
底に置いておけばアタリがあるが、高確率で根掛かりでは、
もうどうして良いのか分かりませんでした。
実際、
根掛かりしながら(錘を仕掛けを幾つも無駄にして)底に置いていた初心者は数匹釣れていました。
でもそんな釣りしたくないよ。

妻には申し訳ないけど、
今後行くとしたら、半日船がサークルの仕立てくらいかな。



nice!(11)  コメント(3) 
前の10件 | -