So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン
前の10件 | -

下田・和歌の浦 2018夏 [釣り]

データ


於:下田 和歌の浦
日:2018/8/12
時:5:00-8:30
同行:妻

道具


サーフリーダー405CX
12フリーゲン PE0.8 
デルナー30号 キス8号3本針

キャスティズム 23-365
AR-C エアロ Ci4+ 4000 PE1.5号

リバティ ショートスイング 15-330
レブロス3000

釣果


キス5
カサゴ
マハタ
ガンゾウビラメ
トウゴロウイワシ3


さすがにもう釣れるでしょう


夏休みになりました。
名古屋城で現存の三つの隅櫓が公開されていいるのですが、
横浜ですら連日35度超え、名古屋では40度に届くのではないか・・・
そこで並らばなければならないとなると、命の危険がある。
近場の城でいいのだけど、この暑さでは。

誇宇耶の蕎麦を食べに行くことだけは決まっていたのですが、
下田で釣りをする事すら大丈夫だろうか・・・

暑くなる前に撤収するした方がいい。
夏休みなので6時ごろだと釣り場に入れないかもしれない。
去年は白浜で渋滞して温泉に入れなかったので、早く撤収した方がいい。
1時出発、4時ごろ到着して、8時半までなら大丈夫かな。
GWは全く釣れなかった下田だけど、さすがにもう釣れるでしょう。
帰省ラッシュの合間を突いた12日の日曜日に出かけることにしました。

当日、1時に起きると雨、大丈夫かな。
1時半ごろ出発するとすごい降りになりました。
蕎麦が食べたいかた、止むのを信じて進むしかない。

東名、伊豆縦貫を通って下田へ。
昨日は帰省ラッシュだったようですが、一日ずらしたので渋滞もなく、
5時前に下田に到着しました。

180812-044907_R.jpg
到着すると天気は悪くないのに雷
通り過ぎるのをまち、様子見でショートスイングのブッコミを入れて、
投げサビキを用意、一投目でビビビビというアタリ。
三本鈎にトウゴロウイワシのトリプル。
一匹は外れてしまいましたが、取り込んだ二匹に飛びつくハチワレ

180812-052630_R.jpg
その後釣れなかったのでネコカンをあげました。

右に投げたブッコミ一投目は竿をたたくアタリがあったのに根掛かり
それを見た妻、
何を思ったか磯際に投げサビキを落として一瞬で根掛かりして投げサビキ終了
愚考を恥じたのか車に引っ込む妻

正面に投げた二投目もアタリがあり、これは何かいる。

2018-08-12 22.03.20.jpg
かさごでした、27cmくらい
車の妻に見せに行く

2018-08-12 22.03.23.jpg
後で妻がとった写真を見たら、ハチワレが熱視線を送っていた

時々激しい雨が降るのでレインを着て投げ始めるとすごいアタリがありました。
なんだ、重い、カワハギか?

2018-08-12 22.03.28.jpg
マハタでした27cmくらい
車の妻に見せに行く

マハタでは小さい方ですが、弱ってしまったので持ち帰る事にします。

180812-062411_R.JPG
一時間ほどたったでしょうか、やっと小さなアタリがあってキス15cm
今年初のキスです。

180812-070158_R.JPG
それから30分ほどたってキス16cm

180812-072021_R.JPG
それからすぐ、キス15cm

2018-08-12 22.03.34.jpg
ブッコミはアタリがあるものの根掛かりが多く、
やっと釣れたのはガンゾウヒラメ
車の妻に見せに行く

頻繁に雷があり置き竿を余儀なくされます。

2018-08-12 22.03.37_R.jpg
雨が激しくなるばかり

180812-063827_R.JPG
ずっと近くにいいあたハチワレもさすがに辟易したようで雨宿り

それでも粘っていると、何か掛かりました。

180812-080941_R.JPG
これは大きいかも。

180812-081026_R.JPG
計測すると19cm
久しぶりの良型です。
少し報われた。

180812-083608_R.JPG
しばらく、トラギスやフグが掛かって、釣れたのはキス14cm

8時半になったので、これを最後にして終了。
着替えたとたん横殴りの大雨でまた濡れる。
白浜の渋滞を警戒して早めに切り上げて下田を出たのですが、
さすがにこの大雨では人もすくなく、順調に踊り子温泉に到着。
10時の開始時間に合わせて踊り子温泉であたたまり、誇宇耶へ。
11時の開店にあわせて誇宇耶に入ります。

180812-110900_R.jpg
辛味大根蕎麦大盛り
今日の蕎麦は太めで短い。
やっぱりうまいな。

180812-112156_R.jpg
大せいろを追加


岐路、道の駅 天城越えで休憩、
狩野ドーム付近から大仁ICまで渋滞、
長岡ICから江間料金所まで渋滞、
函南から三島玉沢まで渋滞、
駒門SAで休憩、
駒門SAから都夫良野トンネルまで渋滞、
伊勢原バス停から町田まで渋滞、
帰宅は17時でした。


8月とは思えぬ厳しさ


投げサビキのトウゴロウイワシや、
ブッコミのカサゴ・投げのマハタに夏らしさを感じる事ができたものの、
キス5匹は、真夏と思えぬ渋さでした。
雷がなくて竿を持つ時間があれば、もう少し釣れたのかもしれません。
ブッコミはサバとイカを使用しましたが、この日はイカが良かったようです。
この日は、投げサビキにキャスティズムを使う為に、
ブッコミはショートスイングでしたが、
磯際の岩にラインが掛かって切れてしまう事があり、
もう少し長い竿が良かったようです。






nice!(2)  コメント(0) 

午前LTアジ 蒲谷丸 [船釣り]

データ


於:金沢漁港 蒲谷丸
日:2018/7/14
時:7:30-11:00
同行:妻、LoveBeerさん

道具


リアランサー ライトアジ 160
SCクイックファイヤー小船300XH PE1.5

ハヤブサ 船宿特製 アジビシ仕掛 ムツ金鈎 3本鈎 10号 ハリス2号 2m
ささめ 激釣 アジビシ ムツ金鈎9号 2本鈎 ハリス1.5号 2m

釣果


アジ14

ひさしぶりのLTアジ


4月のアオリイカ->ボウズ
5月の下田->ボウズ
6月のイサキ->一匹
このところ釣果に見放されている感じ。
本当は一つテンヤマダイとかカイワリに行きたいところなのですが、
さすがにそろそろ魚が釣りたい、ここは堅いLTアジにしておこう。
しばらく予定が合わなかったLoveBeerさんをお誘いして、
蒲谷丸の午前LTアジに行ってきました。

5時15分に自宅を出て、6時前には金沢魚港に到着。
良い時期になったてきたから用心して早く来て見たら、
港には喧騒も混雑もなく、
ただ、相川ボートの先だけ車が一杯だったのは、鴨下丸でしょうか。

受付を済ませて、右舷艫に席をとりました。
行きかう人たちを見ていると、貸し竿の団体が多いようです。

2018-07-14 07.02.28.jpg

7時を過ぎて、乗船が終わると出船
ポイントは追浜沖、しばらく群れを探して移動し開始の合図。

2投目くらいでアタリがあって、20cmくらいのアジ
これは幸先いいかと思っていたら、ここからパタリとアタリがなくなりました。

仕掛けをハリス1.5号に交換
やっと一匹追加するも、後が続きません。

ウィリーみたいな小さく早いシャクリで何匹か続けて来ましたが、また沈黙
仕掛けを上げて下ろしてみると一匹、しかし続かず。
今度は仕掛けを上げて待ってみると、一匹、しかし続かず。

妻はコンスタントに釣っていましたが中盤からアタリがなくなり、
いつの間にか10匹くらいの差を追いついていました。

終盤、何をやっても釣れません。
船内もサバばかりになってきました。

DSC03531.JPG
急な旋回でラインが流れ、サミングで止めていたら、サバが食ってしまいました。

終了5分前にタナを下げてやっと1匹追加して、結局14匹。
竿頭も19匹、他の船も20匹そこそこと厳しい1日でした。

横浜屋本舗食堂


金沢漁港に来ると、昼は横浜西部市場の横浜屋本舗食堂に寄ります。

2018-07-14 12.58.02.jpg
特選 海鮮丼
いつもはおいしいこの店ですが、
今回はタイは切れ端みたいな身で少し生臭く、
マグロは味が薄いような感じでした。

横浜の金アジを食べる


2018-07-14 20.48.37.jpg
妻とあわせて26匹
寂しい釣果ですが、黄金に輝くアジ、しかも脂がのっています。

2018-07-14 20.41.21.jpg
すし
アジの脂を味わうにはこれが一番かもしれません。

2018-07-14 20.30.07.jpg
なめろうのお茶漬け
もう文句なくうまいです。

塩焼きは味が濃くて最高
翌日のアジフライは身が柔らかくてうまい。

やっぱり横浜沖のアジはうまいな。
でもこうなると、3月の本牧沖のあの水っぽいアジはなんだったのだろう。
産卵後だったからでしょうか。







nice!(8)  コメント(1) 

飛騨高山 [旅行など]

11月3日から5日で飛騨高山に行ってきました。
そしてやっとブログが書けました。

常滑焼きについで春慶塗りに凝っている妻、
高山行きたいが口癖になってきました。

11月の連休で常滑に行く予定でしたが、
それなら高山から常滑にまわろうか、
思いつきの一言に妻の目が輝きました。

う、うかつな事言ったか・・・

小学生の頃に北陸を廻り、
高山や白川郷に行った事があるのですが、
金沢や能登の記憶はあるのに、高山や白川郷の記憶がありません。
もともと子供の頃の記憶があまりないのですが、
旅行、城や寺は仏像の事はよく覚えています。
だから、当時の私にはそれほど印象的な物がなかったのでしょう。
それに、高山に行くなら古川にも行きたい、白川郷も見るべきだろう。
当然、城も見たい。
・・・常滑は無理だな。

そこで思いついきました。
常滑は以前から行きたかった香嵐渓の紅葉と組み合わせたらどうだろう
紅葉は11月20日頃がいいはず。
今回は高山周辺に絞りました。

そうなると、何処の城に行くかが問題です。
高山といえば高山陣屋と高山城ですが、
高山城は江戸時代に破却されたので遺構があまりありません。
希望は、現存十二天主で一つ残された丸岡城。
そして越前大野城、小松城、鳥越城・・・だめだ福井・石川は遠すぎる
富山は、増山城、安田城、富山城・・・

宿を探しながら予定を考えますが、一ヶ月前なのに宿がありません。
困った。

何日か検索するうちに、キャンセルが出たのか、
4日の古川の温泉ホテルが取れました。
3日は富山まで範囲を広げて何日か検索して、南砺市福野のホテルが取れました。


妻が行きたいと言う漆器店のある神岡には、
神岡鉄道の廃線を利用したレールマウンテンバイクが有ることを知ります。
せっかくだから乗ってみよう。
こちらも一ヶ月前で昼までの数本しか空がない状態で、3日の12時を予約しました。

平行して飛騨の城を調べていると、いい山城が沢山あるようです。
できればいくつか見たい。

できた予定がこれ
予定
11月3日
松本・安房道路経由で高山
高山 松倉城
神岡 江馬氏館跡・神岡漆器会館・ガッタンゴー(レールマウンテンバイク)
古川 白壁土蔵街・増島城
高山 飛騨の里(ライトアップ)
福野泊

11月4日
白川郷
高山の漆器店
古川桃源郷温泉泊

11月5日
早朝 広瀬城
安房道路・松本経由で時間によって松本城


1日目 11月3日


横浜-高山


3日4時に出発
妻は3時から弁当を作っていたので高速に乗ると睡眠モード。
第三京浜・保土ヶ谷バイパス・東名・圏央道・中央道へ
6時20分 みどり湖PAで休憩
6時40分 松本で降りR158へ
7時20分 アルプスの郷で休憩
安房道路を通り、8時半に高山の松倉シンボル広場駐車場に到着しました。

松倉城


171103-083643_R.jpg
松倉シンボル広場の駐車場

松倉城の主要部には松倉シンボル広場からが便利です。
飛騨の里の第二駐車場の前を上がっていくと松倉シンボル広場まで車で行くことができます。

松倉城は、山城が多い飛騨で随一の石垣が残る城です。

171103-084239_R.JPG
駐車場から少し登り途中堀切が残る尾根を歩き10分ほど、忽然と姿を現した石垣

171103-085046_R.jpg
本丸外郭の石垣には小さいながらも横矢の為の折れが作られています。

171103-090107_R.jpg
二の郭からは雲海が見られました。

小ぶりながら見事な石垣の残る城でした。


高山-神岡


9時15分 松倉城を出て神岡に向かいます。
10時15分 神岡の宙(そら)ドームに到着しました。

江馬氏館跡


神岡といえば、イタイイタイ病の原因となった神岡鉱山を思いこしますが、
最近ではカミオカンデですね。
実はこの日、カミオカンデの一般公開がありバスの発着場所もこの宙ドームでした。
江馬氏館の駐車場として宙ドームが記載されていたのでここにとめたのですが、
10分ほど歩いて江馬氏館まで行ってみると、数台とめられる駐車場がありました。

171103-102307_R.JPG
江馬氏館跡 会所等が復元されています。

171103-104608_R.JPG
武家庭園は現存数が少なく貴重です。


以前書籍に掲載されたいた復元図では、
庭園に水が引かれていましたが、
発掘調査は取水口のようなものは見つかっておらず、
枯山水だった事が分かりました。
室町文化の様式が証明された形です。

あまり期待していなかったのですが、思いのほか庭園がすごかったこと、
そして、江馬氏館にはガイドさんがいるのですが、
開館直後であまり訪れる人がなく、ほぼ専属で説明してくれるので、
説明を中断して帰りずらかったので、30分ほどの予定が一時間を過ぎてしまいました。

レールマウンテンバイク ガッタンゴー


予定では神岡春慶会館に行く予定でしたが、
レールマウンテンバイクの時間が決まっているので、
神岡春慶会館は後にまわし、
11時半にレールマウンテンバイクのスタートである奥飛騨温泉口駅に到着しました。

2017-11-032011.56.35_R-04361.jpg
ブリーフィング

2017-11-032012.02.38_R-6e606.jpg
パナソニックのウェアラブルカメラ HX-A1Hで撮影しました。
行きはヘッドマウント、帰りはハンドルに固定しましたが、
ハンドル固定の方が見やすい動画になりました。

171103-120757_R.jpg
12時の便でレールマウンテンバイクのスタートです。

2017-11-032012.13.12_R-7e6a0.jpg
「最初のスロープはローブレーキで行ってください」
ローブレーキ?なにそれ?
「では出発進行~」
え?え?え?
とりあえずゆるいブレーキで坂を下りる

「ブレーキかけてる?」
私の方をにらみつける妻
ローブレーキっていうから・・・
「ノーブレーキです!」
あ、そういうことね

2017-11-032012.17.40_R-5a16b.jpg
二台の自転車が連結して四輪でレールに乗っているので転倒する心配がない、
ハンドルは舵の機能はなくてブレーキだけなので、両手を離して写真がとれます。

171103-122533_R.jpg
日差しが暖かくて、風がなくて、暑い
見えてくるのは色づいた山

トンネルで冷やされ、
しばらくするとまた汗ばんでくるけど、
その頃には高原川にかかる橋に差し掛かり、谷を渡る風が心地よい。

なんがかのんびりだな

171103-125014_R.jpg
トンネルを抜けると駅だった

171103-125856_R.jpg
一時間ほどかけて戻ってきました。
左に見えるのは4月に廃線以来10年ぶりに運転されたKM-100形気動車
冬まで奥飛騨温泉口駅に展示されています。

私たちには珍しいアトラクションだったけど、楽しかった。

春慶会館


次は妻が楽しみにしていた春慶会館です。

171103-131648_R.jpg
これが神岡春慶会館?
神岡鉱山の社員寮だったようです。

入り口が施錠されていて、富山のイベントに主張中とのこと。
妻がっかり
まあ、まあ、ここに来たいと言わなかったら、
江馬館もガッタンゴーも来なかったかもしれないんだかから。

神岡-古川 そば処 すごう


13時半 古川に向かいます。
予定より遅れていますが、神岡春慶会館が休みだったので取り戻せそうです。

途中、事前に調べていたそば屋によることにします。

171103-133657_R.jpg
そば処 すごう
店構えは微妙ですが・・・

171103-135049_R.jpg
大根の漬物がついてくるんだね。

うまい!
おかわりしたくなるところですが、古川でも食べたいので我慢

14時 古川に到着、飛騨市役所駐車場に駐車


蕎麦正なかや


古川でも事前に調べておいたそば屋があります

171103-145404_R.jpg
蕎麦正なかや

171103-144307_R.jpg
ここは人参の漬物、このあたりは蕎麦に漬物を付けるのか。

うまい!
これはうまい!
辛味大根があるところもいい。

飛騨市、そば街道というだけの事はある。

古川の街並み


171103-142140_R.JPG
古川祭りの起し太鼓

171103-142836_R.jpg
白壁土蔵と水路

古川を調べていて、小学生の頃に昔立ち寄った和蝋燭の店が古川だった事をしりました。
ずっと高山だと思っていました。
当時すでにおじいちゃんだったご主人がとても陽気で、
その日はろうそく作りは休みだったのに、
蝋燭作りのまねをしてくれたり、一緒に写真をとったりしました。
溶かした蝋を素手で扱う仕事、熱になれた蝋がしみ込んだような手が印象的でした。

171103-150654_R.jpg
三嶋和ろうそく

171103-150816_R.jpg
やっぱりここだ。この作業場、よく覚えています。
残念ながら店の人がだれもいませんでした。
お昼休みかな。

171103-152013_R.jpg

古川-高山


古川には古川城・増島城があり、増島城から移築された建物も残っています。
もちろん訪れてみるつもりでしたが、
運転、山登り、自転車、街歩き、日差し、疲れがたまってきて、
増島城の前を通ったものの、もう体力がありませんでした。

それと、妻の希望で明日は高山で漆器店を見る予定ですが、
妻は、一度みて迷ったものをもう一度みてみたいと思う性格。
今日下見が出来れば、明日心残りが無いでしょう。
楽しみにしていた春慶会館が休みだったし高山に急ぐことにしました。

15時半 古川発
16時 高山着 この時間でも中心部の駐車場は混んでいて、不動橋駐車場に車を止めました

高山


ええ、妻に情けを掛けた私がバカでした・・・

171103-160846_R.jpg
漆器店
171103-161521_R.jpg
漆器店
171103-162821_R.jpg
漆器店
171103-165822_R.jpg
漆器店
171103-165907_R.jpg
漆器店

こんなに行かなくてもいいだろう!


171103-174836_R.JPG
飛騨の里のライトアップを撮影して初日の予定は終了。
飛騨の里は松倉城の大手、武家屋敷跡でしたが、
大手の土塁がわずかに残るだけです。

高山-福野


本日の宿泊は富山県の福野なので移動

18時 高山発
19時半 福野着
トンネルの多い高速でした。

福野タウンホテル ア・ミュー


富山で有名な回転すしでもいってみようかとおもいましたが、
もう本当に体力がなく、ホテルで夕食です。

171103-201512_R.jpg
富山のブリとイカ、ご飯がおいしい。

宿泊先の「福野タウンホテル ア・ミュー」は、
値段が安いのに部屋が広く綺麗、くつろげる雰囲気です。
今度この近くにくる事があったら、また利用したいと思いました。

2日目  11月4日


171104-072228_R.jpg
朝食です。
和定食にしました。
最近はバイキングが多いですが、一人前の定食いいな。
富山の米を使っているということでしたが、ごはんがとてもおいしい。

福野-白川


外は雨でした。
今日の予定は白川郷、雨だと行動が不自由ですが、とりあえず行ってみます。

8時 福野発
9時 白川郷着

白川郷


171104-092452_R.JPG
白川郷にやってきました。
行楽シーズンは高速出口から渋滞するとか。
9時でも駐車場にはかなりの車がいます。

本当は、先に車で荻町城跡展望台に行ってしまうつもりでしたが、道が分かりませんでした。

171104-094948_R.jpg
まずはシャトルバスで展望台へ。

171104-095047_R.jpg
荻町城跡というくらいなのでここは城跡でした。
土塁と堀があります。

171104-101744_R.jpg
171104-101808_R.jpg
雨なりの風情がありました。

民家にあまり興味がない私、食べ歩きにあまり興味がない私たち。
店が開き始めて、何とか団子とかなんとか餅の匂いがしてきますが、
心惹かれないので高山に向かいます。

白川郷-高山


11時 白川郷発
12時 高山着 今日も不動橋駐車場に止めました。

古川-高山


まずは昼食。
高山ラーメンを食べようという話になりました。
しかし・・・

171104-120207_R.jpg
金物屋を見つけて覗き込む妻
まったく。

171104-120541.jpg
高山で一番という店ですが、この行列

171104-120844.jpg
近くのこれも有名店ですが、この行列

桔梗屋


171104-121743_R.jpg
途中の路地裏にもラーメン店が、ここも有名らしいですよ。
空いているから、ここにしよう。

171104-121156_R.jpg
うまい!
これ近くにあったら通うな絶対。

のの花


171104-124710_R.jpg
高山祭屋台会館を見て、高山の町を散策

2017-11-04 13.06.51.jpg
妻はまた漆器店を見て、高山別院近くのお寺で朴葉を採集

通りにそば屋を見つけ雰囲気が良かったので入ってみました。

171104-131428_R.jpg
のの花

171104-132829_R.jpg
きのこ温つゆせいろ

171104-132833_R.jpg
妻はざる

細い麺でしたが、コシも香りもありおいしい蕎麦でした。

高山陣屋


2017-11-04 14.08.59.jpg

天領代官所として唯一現存する陣屋です。

DSC03335.JPG

陣屋は構造物も行政庁としても規模が小さく、
地域のモニュメントとなりにくかった事などで
建造物が残るのは、高山、名張、園部のみ。
あとは一部が残る程度です。

171104-135419_R.jpg
また漆器

古川桃源郷温泉「季古里」


今日の宿泊は古川の桃源郷温泉「季古里」
高山から30分、古川から20分くらいのことろにあります。
16時半に高山を出て17時過ぎに到着

フロントや食堂はリゾートロッジ風ですが、客室棟は焼板の外壁で和風な作り、
ツインルームなので、ベッドは疲れた体にはありがたい。
まずは温泉。

171104-180334_R.jpg
夕飯、魚も飛騨牛もとてもおいしかった。

となりに公共温泉があるだけの静かなところなのでまた来てみたいです。

3日目 11月5日


この近くには良い山城がいくつもありますが、
比較的エントリーが楽で畝状竪堀が良く残る広瀬城に行ってみる予定でした。
朝5時に宿を出て、5時半に道の駅飛騨古川まできましたが、
あたりが全く明るくなりません。
日の出までまだしばらくあり、それまで待っていたら帰路の出発が遅くなるので、
断念し宿に戻りました。

171105-070714_R.jpg
朝食、このあたりのお米ということですが、とてもおいしい。

古川桃源郷温泉-横浜


8時発
10時 松本
もう少し早く着けば松本城を見るつもりでしたが、
見学者が増えてくる時間なので断念して、そのまま中央道へ

11時40分 上の原から渋滞しているという掲示だったので初狩SAで休憩
12時 上の原が渋滞 相模湖では事故 八王寺から圏央道へ 海老名から東名へ
13時20 大和で渋滞
14時 自宅着
高速の渋滞がありましたが、レヴォーグのACCのおかげてかなり楽でした。


nice!(9)  コメント(0) 

小田和正コンサート 横浜アリーナ 2018/7/3 [雑記]

2年ぶりとなる小田和正のコンサートツアー、
PRESS(ファンクラブみたいなもの)で横浜アリーナの1日目が当選したのででかけてきました。

実は、前日に神奈川県民ホールでさだまさしのコンサートがありました。
たまたまネットでコンサート情報を見て、
ダメもとでプレイガイドの抽選に応募したら当選してしまいました。
一般発売でも瞬殺というわけではなく、数日はあったようです。
ホール規模の会場が多いさださまし、
30年前(えーもうそんなに経つのか)は、プレイガイドの電話予約は繋がる前に売れ切れるので、
時間と体力が余っていた中学生のevergreen少年は、会場に発売前日から並んだものでしたが、
さすがに最近はそこまでではないらしい。

神奈川県民ホールだと、妻の終業後では間に合わない。
それでも昔からコンサート開始後に入場する人がいて、
それを「いらっしゃいませ、まだ10曲しかやっておりません(本当は2曲くらい)」とさだまさしが迎えるのがネタがあるのが、トークの時間が長いさだまさしならでは。
(妻だけ)遅れてもいいかなと思っていたのですが、
月に2回もコンサートに行くと経済的にも体力的にもきつい。
結局、母と妹に譲る事になりました。
母から「もらっておくね」と軽く言われて、
妻は勤務の関係で休みになるという衝撃の展開で、経済的打撃だけ受けたわけですが。

妹から会場に掲示されている演奏曲のリストが送られてきました。
ここ10年ほど新譜を聴いていないので半分は分からない。
でも、指定券や檸檬という渋い曲がありました。

指定券
「もうこれまでね」と左の頬だけでひっそり笑う女性、怖すぎる
一方、恋人と別れ故郷に戻る男性は
去っていく恋人が振り向いてくれたのに修学旅行の学生に消されてしまったと嘆き
彼女の人生のはなむけにと恋人の分の指定券を破り後ろ姿に紙吹雪をかさねる
なんて女々しい奴、でも好きだ

檸檬
「青春の姥捨て山」とか「静かに堕ちていく」とか、なんて事をいう女性か。
でも、青春の夢とか愛情が壊れていく緊張感がたまらない

今、僕が一番好きな曲は「つゆのあとさき」です。やっぱり女々しい。

さて、小田和正です。
当日、衝撃の展開がまっておりました。
「あー今日行けない」と妻
え?なんで?
「上司の仕事の手伝いがあった」
なんで今日までわからなかった?
「平日の夜に予定があることなんてないから」
だから予定表に書けというのに

実は僕にも仕事のAという予定とプライベートのBという予定、
同じ日なのに関連が理解できずに前日まで気が付かないというような事が稀にありました。
それで些細なことでも予定表に記入するようにしています。

仕方がない、今回は一人で参加

今回の座席はアリーナF 9列の左端、フロアの通路際でした。
横浜アリーナのアリーナ席は階段状になっていて、
フロアの席をセンターと呼びます。

新曲「会いに行く」でスタート

会場に設置された通路を歩きながら「こころ」

地元横浜でリラックスしているのか
あまり歌にいくという気分でないのですがと良いながら
「たしかなこと」

最近よく口の中を噛む、そんな事がなかった頃に作った曲です
「愛の唄」

これは本当にあったことですか?と良く聴かれた
秋の気配

もう使ってしまうのか「愛を止めないで」

ピアノで「東京の空」「言葉にできない」は圧巻
だけど前半で使ってしまうか

こんなに早く使っていいのか「Yes-No」で跳ねて前半終了

早い!早いよ!(この曲の展開は)


ご当地紀行
臨港パーク
 
オービィ横浜
 カピバラやオニオオハシにエサをやる
 蛇に触った手を念入りに洗う姿

カップヌードルミュージアム
 来場していた女性との
 「昔コンサート行きました」
 「はは、昔ね」という会話で会場は笑いに包まれる

三渓園
 おしるこを頼むが夏なのでやっていない
 「このあいだも曲を聴いて泣いていたんです」と
 実習で剪定をしていたという学生らしい女性に握手も求められ、
 その後感極まって仲間に抱きついて(多分泣いている)喜んでいる様子が写しだされる
 若いっていいね。

伊勢山皇大神宮


新曲「坂道を上って」で後半スタート

ラテンロック(?)ぽくてかっこいい「time can wait」

「風と君を待つだけ」で会場のコーラス

「YES-YES-YES」で手を振り、会場も歌う

「今日も どこかで」サビの合唱

「この道を」
CDだとピンとこなかったけど、生で聴くと良い

もう次を約束できる年ではなくなったけれど、また元気で会いましょう
最後の曲は「君住む街へ」

アンコールは横浜らしく「my home town」から
("この道を"だったかな)ミスし悔しそうな顔
バルーンが出てきて「またたく星に願いを」でワイパー
「hello hello」でメンバー紹介

2回目のアンコールは「さよなら」から
ライブで聴くと染みる「やさしい夜」
最後はメンバー全員のアカペラで「また会える日まで」でした

世間では、ライブで走り回る事で有名でしたが、
今回は、ほとんど走る事はなく、ほぼ歩いていました。
それでも、ステージの通路はもちろん、会場に下りて、歩きながら歌っていました。
途中ステージ席の階段でつまずいたようです。
さすがに年齢が。
あまり無理をせずに、もう少し、歌ってもたいたい。
そして、このところ毎回書いてしまいますが、
鈴木康博さんと歌ってもらいたいなあ。


※曲順
会いに行く
愛の中へ
こころ
たしかなこと
愛の唄
秋の気配
小さな風景
愛を止めないで
そんなことより 幸せになろう
東京の空
言葉にできない
goodtimes & badtimes
Yes-No

坂道を上って
time can wait
ラブ・ストーリーは突然に
キラキラ
YES-YES-YES
さよならは 言わない
生まれ来る子供たちのために
風と君を待つだけ
今日も どこかで
この道を
君住む街へ

my home town
またたく星に願いを
hello hello

さよなら
やさしい夜
また会える日まで



nice!(7)  コメント(0) 

.NETのCOMクラスライブラリからVBSに配列を返す [program]

.NETのCOMクラスライブラリに配列を返す関数を作成して
VBScriptからコールしたらエラーが発生した



仕事でVBS(WSH)を使っています。
稀に.NETのCOMクラスライブラリを作成してVBSからコールしなければならない事があります。
先日VB.NETのCOMクラスライブラリから文字列の配列を返そうとしたところハマッテしまいました。

まずこんなコードを書きました。

Public Function test03() As String()
        Dim TestArray As String() = {"A", "B", "C"}
        Return TestArray
End Function

この関数をVBSから呼び出すと


(ArrayTestがクラスライブラリ内のCOMクラスのオブジェクト)

Dim TestAry03
TestAry03 = ArrayTest.test03()
msgbox VarType(TestAry03)
msgbox UBound(TestAry03)
msgbox TestAry03(0)

VarTypeが8200 (8192(配列)+8(文字列))
UBoundが2
文字列の配列であること、要素が3であることは認識できていますが、
TestAry03(0)と配列の要素にアクセスしようとすると、
「型が一致しません。」というエラーになってしまいます。

あれ、COMの型になっていないのかな。
マーシャルとかいろいろ試してみますが動きません。
試しにVB6から呼び出してみると、要素にアクセスできましたので、
VBSの場合だけの問題だと特定できました。

マイクロソフトのドキュメントやネットを調べても有益な情報はありません。
別に配列でなくても、Dictionaryで返す方法がありますが、
わざわざキーを設定するほどの事はないし、
.NetからWSHのオブジェクトを返すのは迂遠です。
それならば、ArrayListを返すか、
クラスライブラリに型定義をしたコレクションを作ってしまえばいい。

ちなみに、ArrayListは.NET 4.5からVBSでは使えなくなってしまいました。
正確にいうと、.NET 4.5がしかインストールされていない環境では、
.NET 3.5かアクティベーション構成ファイルの設定が必要になります。
しかしこれは、ArrayListをクリエイトできないだけで、
.NET 4.5で作成したCOMクラスライブラリから返されたArrayListにアクセスする事が可能です。

ActiveX(VB6)ではどうだったか?


ここで、VB6の頃を思い出してみました。


Public Function Test03() As String()
    Dim TestArray(2) As String
    TestArray(0) = "A"
    TestArray(1) = "B"
    TestArray(2) = "C"
    
    Test03 = TestArray
End Function


このようなコードをVBSから呼び出し配列の要素にアクセスすると、
やはりエラーになってしまいます。

VB6ではバリアント型の配列として返す必要がありました。

Public Function Test04() As Variant()
    Dim TestArray(2) As Variant
    TestArray(0) = "A"
    TestArray(1) = "B"
    TestArray(2) = "C"
    
    Test04 = TestArray
End Function
※戻り値の宣言は As Variant()でもAs Variantでも動作する


VBScriptの配列はバリアント型の配列


そうです、VBSの配列はバリアント型である事を忘れていました。
これでVB.NETではどうすればいいのかが分かりました。


Public Function test04() As Object()
        Dim TestArray As Object() = {"A", "B", "C"}
        Return TestArray
End Function


Objectの配列として返せばよかったのです。
このようにすると、VarTypeは8204、
要素にアクセスすると、文字列を取得することができるようになりました。



nice!(15)  コメント(0) 

.Net Framework 4.5では VBSからArrayListが使用できない [program]

Windows10で実行したスクリプトでArrayListの作成がエラーになった



WSHには、連想配列(Dictionary)は存在しますが、
単純なコレクションは存在しません。
そこで、.NetのSystem.Collection.ArrayListを使用する事があります。

先日、インストール直後のWindows10でArrayListを使用したスクリプトを実行したところ、
ArrayListのクリエイトでエラーが発生しました。
同時に.Net Framework 3.5をインストールするように求めるメッセージが表示されました。

ネットワークに問題があったのか、
このメッセージで「この機能をダウンロードしてインストールをする」を選択したところ、
ダウンロードがエラーになってしまいました。

プレインストールの場合などは異なるかもしれませんが、
クリーンインストールしたWindows10では、
.Net Framework 4.5はインストールされていますが、
.Net Framework 3.5はインストールされていないようです。

.Net Framework 3.5のインストールは「Windows機能の有効化または無効化から.Net Framework 3.5の有効化」から行うことができます。

このとき、私の場合と同じようにエラーになる場合があります。
このあたりは検索すれば同じような記事がいくらでも出てきますが、
まずは、マイクロソフトの情報に目を通しておくとよいでしょう。
Windows 8、Windows 8.1、および Windows 10 への .NET Framework 3.5 のインストール
.NET Framework 3.5 インストール時のエラー: 0x800F0906、0x800F081F、0x800F0907

インストールメディアを利用してNET Framework 3.5をインストールしたことろ、
スクリプトが動作するようになりました。

.Net Framework 4.5では、
VBSからのArrayListの使用がサポートされなくなったのか、
ネットを検索しても
「ArrayListが使えるよ」という同じような記事はいくらでもあるのに、
ArrayListが使えないという記事が見つかりませんでした。

唯一見つけたのはMSDNのブログの記事
Usage of .NET Collections types in VBScript is not supported after .NET 4.5

この記事によると、新規インストールしたWindows Server 2012では動作しないとありますので、
.Net Framework 4.5からサポートされなくなったと言えそうです。
.Net Framework 4で動作するかどうかは環境がないので確かめられませんでした。

ちなみに、
OSと.Net Frameworkの関係についても、検索をすればいくらでも同じような記事が見つかりますが、
まず参考にするべきはマイクロソフトの情報でしょう。
.NET Framework のバージョンおよび依存関係

それにしても、
Windows8からは.Net Framework 4.5になっているので、
ネット上にあれだけの「ArrayListが使えるよ!」という記事があるのに、
「ArrayListが使えななくなったよ!」という記事がない事が解せません。
そもそもVBSがかなり特殊な環境になっている事はたしかです。
Windows8、8.1を回避してWindows7を使い続けている企業が多いので、
まだ顕在化していないのかもしれません。

しかし、Windows7のサポート切れを前に、Windows10対応が急務となっているので、
これから問題に直面することはあるでしょう。


「.Net Framework 3.5を入れればいいだけ」だが



確かにそれだけの事なのですが、
手間を惜しんだりPCの環境を変えたくないとして、それだけの事を嫌がる企業はわりと多く、
ユーザーに手間や条件をつけると嫌な顔をされたり拒否されるので、
それだけの事を動作環境として上げられないベンダーはかなり多いと思います。

もしこれからスクリプトを作成するなら、ArrayListを使わないか、
前述のMSDNのブログの記事
にあるように、ラッパーを作るのが良いかもしれません。

アクティベーション構成ファイル


も一つ、
前述のMSDNのブログの記事が挙げていたのは、アクティベーション構成ファイルを使う方法。

詳細はMSDNの記事を見ていただくとして、
簡単に言うと、
Net Framework 4.0以降を指定した[プログラム名].exe.activation_configというファイルを作成し任意のフォルダに置き、
環境変数COMPLUS_ApplicationMigrationRuntimeActivationConfigPathにそのフォルダを設定してから
プログラムを起動する。

VBSの場合、
MSDNのブログ
にあるとおり、cscript.exeもしくはwscript.exeを指定する事になります。

両記事とも、起動バッチで環境変数を指定していますが、
ユーザー環境変数およびシステム環境変数でも動作します。

また、.Net Framework 3.5をターゲットとしたアセンブリも、
同じ方法で動作させることができます。


nice!(9)  コメント(0) 

仕立て 剣崎イサキ あまさけや丸 [船釣り]

データ


於:松輪江奈港 あまさけや丸
日:2018/6/10
時:5:30-12:30
同行:妻、釣りサークルのみなさん

道具


リーディング 73 MH-190・V
SCクイックファイヤー小船300XH PE1号 夢屋シングルハンドル
サニービシFL60号
ヤマシタ 剣崎・房総イサキ仕掛けチヌ2号3本針ハリス1.5号3.5m

釣果


イサキ1
妻 アジ1


梅雨といえばイサキ


妻の職場の釣りサークルのイサキ釣りに参加してきました。
5月というのに連日の30度超えかと思えば、
近畿から関東まで一気に梅雨に入り気温がぐっと下がった当日、
3時半に自宅を出て、
妻の後輩二人をピックして5時に松輪江奈港に到着。
途中パラパラと降った雨もなんとかあがり、昼まで持ってもらいたいところです。

解禁一週間というのに、このところイサキの調子がよくないからか、
台風接近で天気予報が良くないからか、いつもは一杯の江奈ビレッジ裏の駐車場はガラガラ。
堤防の近くまで空いています。

レンタルの道具は80号、
ライトタックル(60号)の私と妻は右舷トモ、
後輩二人は左舷ミヨシに分かれてしまったけど大丈夫だろうか。

5時半出船
波はそれほどでもないけれど、風があるので、しぶきをかぶります。


DSC03519.JPG
船団に付いて釣り開始。
しかし、すでに全く釣れていないという情報が。

タナは18mから14m
19mまで落として60cm刻みの2秒ステイのシャクリで上げてきますが反応なし。
3投目くらい、20mまで落としてしまって慌てて巻いているとアタリがありましたが乗りません。
もう一度20m付近まで落として待っていると、アタリが。
乗った!
青のウィリーに食ってきたのは20cmくらいのイサキ。
やった、二回目にして初イサキです。

タナが深いのでは?
船長の指示に疑念が。
しかし、その後は20m付近でもアタリなし。
ステイを長くしてもアタリなし、ワンピッチにしてもアタリなし。


DSC03522.JPG
船団もばらけてきて、早々にアジを釣りに行く船もいたらしい。

10時くらいまで粘るも、船中3匹

しばらく動いたかと思うと、「水深60m、底から6mくらいでやってみて」
へ?つり方が変わった。

イサキのあとはマダイという話だったのに、お土産アジ狙いに変わったらしい。
それはいいけど、どうすればいいのさ?
底からシャクればいいの?
ただ6mでまってればいいの?
行燈ビシのアジ釣りしかやった事がないのでさっぱり分からない。
6mで一回振って待つ→アタリなし。
5mで一回振って6mで待つ→アタリなし。
3mから60cm刻みでシャクる→アタリなし。
底から60cm刻みでシャクる→アタリなし。
仕掛けを2mに詰める→アタリなし。
底で待つ→ベラ

妻は置き竿でアジ、船中でも数匹上がったようですが、シブすぎる。

マダイをやると聞いていたので、
長ハリスが扱えない場合に備えて、一つテンヤの道具を持ってきていました。
誘導テンヤのエサ付けに戸惑いながら、途中で買った芝えびを付けて落としてみる。
風と波で15号でも18号でも底が取れない。
25号で着底が分からないけど、糸が立ってくると底が取れる感じ。
これはダメだ。

あっさり諦めてしまいましたが、泥底でホウボウが釣れていたので、
もう少しがんばればホウボウくらい釣れたかも。

DSC03523.JPG
雨に耐えていると、「なんか反省しているみたい」とウケる妻。

あまりの釣れなさと雨と風で早上がりかと思いきや、皆さん最後までがんばりました。

妻の後輩は、周りのサポートもあって、それぞれアジとウマヅラ。
厳しかったけど楽しかったと言っていたので、よかった、よかった。
それにしても、雨と防寒は万全に、と言っておいてよかった。

帰路は、さしたる渋滞もなく順調に帰宅しました。

IMG_1741.jpg
イサキとアジと後輩からもらったウマヅラ

それにしても、何回かこの船に乗ったけれど、釣らせようとする気がないんじゃないかと。
移動するわけでもなく、アドバイスをするわけでもない。
2時間でコマセがなくなっても(巻きすぎ)ドラフトの調整も教えない。
仕立て専門だし、剣崎に来る人たちはベテランばかりなのかもしれないけれど、
黙っていれば客が来るというスタンスを感じてしまいます。
ポイントを研究していて、
ビシの振り方やエサ付けまでアドバイスしてくれる横浜の船とはかなり違う。
どうもビギナーには向いていないと思います。

毎回これだと辛いから、横浜の船でウィリーの練習をしておこうかな。







nice!(9)  コメント(5) 

ダイワ リーディング 73 MH-190・V [釣り道具]

もっとパワーを!


LTアジに使っているリアランサーライトアジとSCクイックファイヤー小船300XTでは、
米元のギガアジには力不足でした。
竿で浮かす事ができず、ハンドルは空回り、
それはそれで面白いのですが、
それが2桁になるとショート船では疲れてしまいます。

もうすこしパワーのある竿がほしい。
リールのパワーを上げる事も選択肢ですが、
カウンターが付いて底からモードのあるSCクイックファイヤー小船は唯一の存在。
もう底からタナを取る釣りなら底からモードどころかカウンターがなくても大丈夫かもしれませんが、
今のところそれを変える気になれません。

そうなると、竿を硬くするか、長くするか。
こればかりは使ってみなければ分かりません。

当然候補は、ライトゲームCI4+とリーディングになってきます。
デザインの好みはライトゲームCI4+ですが、仕舞が問題です。
レヴォーグのラゲッジには、130のロッドケースであれば横にして置くことができます。
下田の投げ釣りではリアシートを倒して150のロッドケースを置きますが、
「ライト」な横浜のLTアジであればリアシートを倒さずに載せられる範囲にしたい。

もう一つの用途は、宇佐美のカイワリ
指定は80号ビシとなっているけど、6月7月であれば60号で大丈夫そう。
シマノのチームステファーノの投稿では73MH200と64MH190で60号
シマノの松本さんはライトゲームCI4+M190で60号
ダイワの松永さんはリーディング73MH-200・Wで60号

やはり悩みは、64か73か、MかMHか、となります。

64か73か、それが問題だ


カイワリはコマセシャクリやウィリーの釣りになります。
一般的には、
コマセシャクリやウィリーは、ビシの操作性の良い73の竿が向いているといわれていますが、
それも対象魚によるようで、ハナダイや青物はそれでいいが、
イサキなどは、ビシが跳ねないようなシャクリが良いという人もいて、
64が良いという人や錘負荷一杯の73が良いという人もいる。
これはもう経験と好みの問題なのでしょう。
64や73と言ったところで竿によって調子が違うだろうし。

東京湾での汎用性で言えば73MHでしょうが、
マゴチはともかく、アマダイやタチウオ・根魚には興味がない。
ギガアジ専門ならば、64Mか73M、リーディングの73MH-160がいいような気がする。

しかし、64ならばライトゲームCI4+ Type64 MH-190の仕舞は144cmで
150のロッドケースに入れればカワハギの極鋭と変わらない。
リアランサーから持ち替えて一番違和感がないのはライトゲームCI4+ Type64ではないだろうか。
それならば、ラゲッジに横には入らないけど、ライトゲームCI4+にするか・・・

悩みに悩んで、やはり仕舞の問題があるので、リーディングに絞りました。
そしてギアアジ・カイワリ共用として
第一候補は73MH-190、店頭で64MH-190と73MH-160を比べてみることにしました。


踊らされるな! 釣るんだ!


問題は在庫です。
目当ての73MH-190は、自宅近くの釣具店は売り切れ、
ネットでも安い店は入荷するとすぐに売れきれる状態で、
ネットで購入しようとすると高いのです。

町田近くにある釣具店は、自宅周辺のはおろか、ネットより安いくらい。
ここにあれば購入できると思い在庫をといわせると、在庫あり、ネットで安い店くらいの値段。
出かけてみると、新製品とはいえ品揃えがよくて、
73MH-190、73MH-160、73MH-180MT、73H-190、64MH-190、64M-190
と比較対象が全てそろっていました。


73MH-160
ソリッド部分が長くて、バッドが短いので、
バッドパワーはあるけど竿が曲がってやわらかい印象、LTアジには最適かも。

73MH-180MT
メタルトップは柔らかいけど弾性があるので、73MH-190より硬い感じがする。
タチウオや根魚は良いのかも。
もしかしたらカワハギが面白いかもしれない。

73MH-190
ソリッド部分がながくてしなやか、バッドパワーはあるけど突っ張った感じはない

64MH-190
ソリッド部分は73MH-190より硬い感じがする。
同じ負荷をかけると、当然73MH-190より曲がりこむけど、73MH-190より硬い印象
73MH-190がバットで負荷を支えているのに対し、
64MH-190はベリーに負荷がかかるから、
硬いというより手元で感じる負荷かもしれない。

好印象は73MH-190と73MH-160でしたが、
ここはベンチマークとして73MH-190を購入しました。
誕生日割引もあって安く購入できました。
ネットの品薄感に煽られた感じは否めないけど・・・

結局、いくら情報を集めてみても、実際使ってみなければ分からない。
情報に踊らされず、釣ってみよう。
釣ってみて、それから、もっとこうじゃないかとか、こういうのが好みだとか、
わかってくるのではないか。

しばらくは、この竿を使い込んでみようと思います。




nice!(9)  コメント(0) 

佐島ひじきと実家の竹の子ほり [旅行など]

先月、佐島にヒジキを買いに行きました。
しかし、佐島のヒジキが解禁前だったという疑惑。
ネットで佐島ヒジキの収穫が最盛期という記事を見て、
GWに行ってみようということになりました。

5月5日
9時ごろ出発、保土ヶ谷・新保土ヶ谷間が渋滞、別所・港南台間が渋滞
さすがに連休・子供の日、八景島や金沢動物園に向かう車が多いのでしょうか。

横須賀で降りて衣笠・葉山方面へ。
標識をみて直進方向と分かったのだけど、ナビが左方向といったので混乱、
しかし、左は本町山中道路・・・
前回間違えて本町山中道路に行ってしまったのはこのナビの案内のせいだったんだ。
たしかに料金所をでて左方向にカーブしながら分岐に向かうので、
ナビの間違いとはいえないけれど、紛らわしい。


今回は平敏丸から
ありました、新物!
2018-05-052011.10.38.jpg

2018-05-06 06.56.09.jpg
しかし一つしかなくて、あとは全て冷凍でした。
冷凍は新物ではないかもしれない・・・

2018-05-06 06.56.11.jpg
生シラスも購入
前回はシャリシャリとした歯ごたえがありましたが、今回はねっとり系でした。
前回の方が旨かったな。


このあと父にスマートフォンの使い方を教えるために実家に向かいます。
港南台あたりが渋滞していたものの、なんとか保土ヶ谷バイパスへ。
実家は愛川町までは東名・圏央道が早いのですが、東名の渋滞が発生しているらしい。
16号を進むものの、町田を過ぎてこちらも渋滞。
昭和橋にでて川沿いを高田橋方面に向かうと、端の手前でピクリとも動かなくなりました。
しまった、高田橋が渋滞か・・・
わき道に入り中津にでてなんとか実家へ。

父にマップの使い方を教え戻ると、丁度来ていてた叔母夫婦が竹の子ほりに行くといいます。
ついていくと言う妻

実は先日、釣りの帰りに伊豆縦貫大仁料金所の渋滞で止まると、
道脇の竹林でおばさんに案内されて竹の子を掘っている女性がいました。
「やってみたい」女性が羨ましそうな妻
採集生活にあこがれているのか?と疑いたくなる事のある妻の好奇心に火をつけてしまったようのです。
渡りに船とはこのこと・・・

上着はとか長靴はとか軍手はとか、大騒ぎしているうちに格好だけは農家ぽくなりました。


2018-05-05 15.18.07.jpg
「また猪が通った」

山の入り口が崩れていて、獣道になっています。
猪が竹の子を食べにくるらしい。
どうせなら全部食べてしまえばいいのに。

竹の子も少しだけなら嬉しいものですが、
竹林に近いと驚くほどの竹の子が生えてきて、そのままにしておくと竹林になってしまいます。
叔母はこのことろ頻繁に竹の子ほりにきているらしい。


2018-05-05 14.55.40.jpg
やっと一本
地下茎がじゃまで簡単には掘れません。
この日は皆で20本以上掘ったのでは・・・

2018-05-05 15.08.23.jpg
この山にはヒルがいます。
叔母の長靴に入り込んだヒルを木に止まらせて撮影

2018-05-06 06.56.06.jpg
我が家がもらってきた分

2018-05-05 19.31.24.jpg
普通の鍋では埒があかないので、妻の実家から特大寸胴を借りてきました。
これなら一回で灰汁抜きできます。

こどもの頃以来の竹の子ほりでしたが、妻はとても楽しかったようで、
これから恒例になってしまうかもしれない・・・




nice!(8)  コメント(0) 

三島のウナギ [旅行など]

4月の中ごろ、フランスに住む高校弓道部の友人が来日(帰国?)しました。
数年前は、それにあわせて弓道部の仲間に声を掛けて集まっていたのですが、
このところ予定があいませんでした。

フランス在住の友人の来日を知った数日前、
たまたま、三島の近くに住む別の友人と、その友人の話をしていました。

以前から三島のうなぎがおいしいと聞いてい、
食べに行きたいと思っていたのですがなかなか機会がありませんでした。
今年はうなぎを食べ行きたいと。
フランス在住の友人は、そのうなぎがとても好きでだったのですが、今年は帰ってくるだろうかと。

そんな偶然もあるものか、
それならばと、フランス在住の友人を誘って三島のうなぎを食べにいきました。

2018-03-21 20.09.57.jpg
三島の友人が毎年送ってくれるわさびの甘酢付け
すっかり我が家の春の風物詩となっています。

私と妻は車で、フランス在住の友人と三島駅で待ち合わせ。
横浜に滞在していると言うので一緒に車に乗っていけば?と言ったのですが、
「一人で『世界の車窓から』がしたい」と、まあわかる。
僕も一人なら東海道線で行きたいところだけど、二人だと車の方が安いので。

目的の「うな繁」で三島の友人と合流
混むと聞いていたので早く付いたら、駐車場は空いていて、
友人がすでに整理券をとっていてくれたので、開店まで30分くらいありました。
近くに源頼朝・義経が対面したという場所があるというので案内してくれました。

2018-04-22 10.43.06.jpg
八幡神社の対面石
石が台座に乗っているけど・・・

大河ドラマで義経をやったときは大変な賑わいだったそうだけど、
今は静かで周りよりも涼しくて神域の雰囲気がある。

2018-04-222010.45.08-1_R-dae19.jpg
境内をみていると、十二単の女性と束帯の男性が社殿にやってきました。
結婚式のようです。
十二単の女性が少しガッチリした方で、裾を持ち上げてドスドスと歩かれていて、
後ろから付いてきた振袖の女性が身のこなしがたおやかだったので、
あちらの方がお嫁さんの方がいいのでは?と好き勝手な事をいう一同。

2018-04-222010.55.20_R-6e14d.jpg
開店の時間になったので、店へ。
下げている荷物はフランス在住の友人に梅干と味噌。
帰り重かったかな。

さて何を頼もうか。
事前に調べていたけど、いい値段です。
いつもだと自分が食べたいものを頼んでしまうので「特選国産うな重!」(4,600円!)となるのですが、
友人達はどうするかな。
経済的に困っているわけではないので、
僕がこれを頼んでも気まずい事にはならないと思うけど・・・
ここは機を見るに敏な妻にお伺いをたててみる。
「ボク、うな重(3,300円)にしようかな」
「えーホント?せっかくなんだから特選国産うな重にしたら?私特選」
ほう、ここは特選に行っていい場面ですか。
注文をききにきたので、「特選!」というと私も、私もと、結局みな特選になりました。

2018-04-22 11.11.44.jpg
特選国産うな重4,600円!
注文を受けてから焼くので時間がかかると書いてあったけど割りとすぐ来ました。
やわらかい!これはうまい!

しばし高校の昔話をしたり、フランスの話や、三島の友人の家業の話など・・・

食事が終わって、千本松原かスカイウォークでも行こうかと言っていたのですが、
フランス在住の友人は明日帰国なので準備をしなければならないということで三島駅まで送って、
私と妻は、妻が目ざとく見つけた金物屋さんに寄りました。

2018-04-222012.43.49_R-baf09.jpg
めぼしい物はなかったようなのですが、
同じ商店街で次から次へと妻の興味を引く店が現れるようで・・・

2018-04-222012.39.05_R-21822.jpg
ボタンの店!?
2018-04-222012.55.12_R-36a06.jpg
ニットショップ!?

この商店街は危険だ、ここは魔界か・・・

この商店街は三島大社の参道のようです。
せっかくここまできたのだから参拝していこう。

参道にはうなぎ屋が多くてどこも行列。
そして・・・

2018-04-222013.07.36-1_R-a4f82.jpg
陶器店!?
2018-04-222013.43.12_R-a01a5.jpg
陶器店!?

なんなのこの街

三島茶碗は有名ですが、あれは李氏朝鮮で焼かれた茶碗の模様が三島暦に似ていたから。
三島で焼かれたものではないのですが、現在は三島で三島茶碗を焼いているのです。
三島茶碗文化振興会

そして三島とは関係ない久松のつぼを買う妻

2018-04-222013.29.28_R-2d9d5.jpg
三島大社社殿 重要文化財

2018-04-24 19.52.03.jpg
フランス在住の友人からもらったシードル
辛口でさぱっりしていて、あっという間に空いてしまいました。



nice!(7)  コメント(2) 
前の10件 | -