So-net無料ブログ作成
検索選択

東京国立博物館 春日大社展 [旅行など]

2月19日、東京国立博物館の春日大社展に行ってきました。
春日大社所蔵の4領の鎧がそろって展示されるのは、14日から19日まで、
以前からそれに合わせて出かけるつもりでした。


2017-02-19 09.42.48.jpg
考える事はみな同じなのか、開場を10分ほど過ぎてこの行列。
ただ、入場制限だったようで、会場の混雑はそれほどでもなく、
見ても良く分からない書画を駆け足して、
目的の鎧と毛抜太刀は、ゆっくり見ることができました。
ただ、もう一度見に行ったの毛抜太刀は、
ちょうど朝入場した人たちが到達するタイミングだったのか。
十重二十重の人だかりで近づく事ができませんでした。
11時頃出る頃には入場の行列はなくなっていたので、
もう少しゆっくりの方がよかったのかもしれません。

春日大社展は撮影ができませんでしたので東京国立博物館のブログをリンクしておきます。
【春日大社展】国宝甲冑4領そろい踏み!

梅鶯飾は源義家、
竹虎雀飾は源義経、
黒韋威伊予札胴丸は楠木正成の奉納という伝承がありましたが、
今は伝承としても表記されていないので、
研究により明確に否定されてるのかもしれません。
楠木正成については以前から時代が合わないという研究があったと記憶しています。
写真でみる竹虎雀は、華麗にすぎてあまり好きではなかったのですが、
実物は息を呑む豪華さでした。


DSC03157_R.JPG
この日、もう一つの目的だった榊原康政の甲冑です。
重要文化財
三鈷剣前立といえば康政ですね。
胴の裾の竜も見事です。

DSC03179_R.JPG
紅糸威の三鍬形兜はこれも重要文化財で大塔宮の兜と伝えられるもの。

DSC03182_R.JPG
イカ・・・ではなく、富士山をかたどった兜
この形は加藤嘉明の銀富士兜が有名です。

DSC03184_R.JPG
吹き返しに熊毛をあしらった頭巾兜

DSC03188_R.JPG
関ヶ原の後に岩村に封じられ岩村藩初代藩主となった松平家乗の甲冑
二代乗寿の甲冑は岩村城で見ることができます。

DSC03191_R.JPG
熊毛兜と肩脱具足、この意匠は加藤清正が有名で、
清正所有と言われる法華経前立と日輪後立ての物が共に京都にあります。
この甲冑も清正所有を言われる事があるようですが、
出展を確認できませんでした。

DSC03199_R.JPG
上野藪に向かうために上の公園を歩いていたら、入口広場の大寒桜が満開でした。

2017-02-19 12.31.08_R.jpg
上野藪では30分ほど待ちました。
上野藪の辛味大根蕎麦は、蕎麦につめたい汁をかけたもの、
せいろにで辛味大根を食べたかったので、つまみの辛味大根を頼みました。

2017-02-19 12.32.59_R.jpg
天せいろ大盛り
天ぷらもおいしいです。
でも次は、辛味大根とせいろかな。



レガシィ S-Editionに取り付けたパーツ [レガシィ S-Edition]

STI ストラットタワーバー ST2050066020
2016-05-16 08.26.28.jpg
STIゲノムのタワーバーが付いていましたが、
GTで使っていたSTIのタワーバーに交換しました。


STi Genome スポーツシングルメーター SG817AG000
2016-05-16 08.25.22.jpg
コラムにBHオプションのSTIゲノムのスポーツシングルメーターが付いていましたが、
GTで使っていたBPオプションのBF(ブラックフェイス)のスポーツシングルメーターに交換しました。
BFM(ブラックフェイスメーター)のレガシィにはBFが合うと思います。


以下はGTから継続して使っています。
ナンバープレートベース J1017AE900
ツインフットランプ H7017AE000
クリーンボックス J2017FC000 (BP)
カーゴクリーンマット J5017AE450
カーゴルームマット J5017AE350LA


フォレスター レターマーク 93073SC150
2016-05-28 10.46.25.jpg
2016-05-28 10.46.20.jpg
以前フォレスターの後ろに付いたときに、S-Editionのレターマークを見た記憶があり、
レガシィのS-Editionにはグレードを表すレターマークがないので流用してみました。


S401 ハザードスイッチ 83037AE030
2016-05-28 10.45.57.jpg
GTに乗る事に決まったときから入手していたのですが、
意外と取り付けが面倒なのでそのままになっていました。
メーターのライトインジケーターの電球が切れていて、
メーターフードを取り外したついでに装着しました。
慣れるまで視線の端で赤がちらちらして邪魔でした。





曽我梅林 2017 流鏑馬 [写真]

2月11日 曽我別所梅林の梅祭りに行ってきました。
梅林の十郎は散り始め、南高や枝垂れが満開でした。

今年は流鏑馬に合わせて出かけました。
朝は前日の雪が残っていました。

DSCF7660.JPG

DSCF7686.JPG

DSCF7691.JPG

DSCF7700.JPG

DSCF7738.jpg

DSCF7850.jpg

DSCF7853.jpg

DSCF7865.jpg

DSCF7872.JPG

DSCF7890.jpg

DSCF7891.jpg

DSCF7911.jpg

DSCF7985.JPG

X-E1 XF18-55


SCクイックファイヤー小船 300XH #2 [釣り道具]

2307.jpg

着低からの巻上げ量をカウントする底からモードがとても便利で、
LTアジには、SCクイックファイヤー小船300XTを使っています。
同クラスの他社リールにはない機能だったのですが、
モデルチェンジでバルケッタになり、この機能が無くなってしまいました。

細糸対応とデザインと軽さに惹かれてバルケッタを購入してみたものの、
クラッチの硬さと、なにより底からモードがない事がどうしても使いづらくて、
すぐに手放して、SCクイックファイヤー小船を使い続けています。

今年バルケッタがモデルチェンジします。
ハンドルが長くなることは評価できますが、
ドラグ音やスプール連動でLEDが光るなんて船小物リールには要らないでしょ。
そんな装飾機能はグラップラーでやればいいのに。

いずれにせよ、
代替機種が無い以上SCクイックファイヤー小船を使い続ける以外ありません。
程度の良い中古が出たら買っておこうと思っていたところ、
たまたま寄ったタックルベリーにベリーネットで目を付けいていたSCクイックファイヤー小船300XHが有りました。
状態がとても良かったのでその場で購入しました。


2303-2.jpg
以前から所有していた方は、
区別のためにバルケッタBBのオレンジのハンドルキャップに交換しました。
PE1号が巻いていあります。
SCクイックファイヤー小船は細糸が考慮されているわけではないので、
スプール幅がバルケッタより広く、
レベルワインドで角度が付いた場合の傷や糸噛みの心配がありました。
しかし、剱崎での40号錘のイサキにトラブル無く使用できました。
ただ、乗り合いのLTアジでは、1.5号くらいが安心だと思います。





午前LTアジ 蒲谷丸 [船釣り]

於:金沢漁港 蒲谷丸
日:2017/1/28
時:7:20-11:00
同行:妻

道具
リアランサー ライトアジ 160
SCクイックファイヤー小船300XH PE1.5

ハヤブサ 船宿特製 アジビシ仕掛 ムツ金鈎 3本鈎 10号 ハリス2号 2m

釣果
アジ25

2017-01-28 06.44.54.jpg
久し振りのLTアジに行ってきました。

DSC03082.JPG
富士山が綺麗に見えます。
終日波が高く、かなり揺れました。
朝方は風があり寒かったですが、日が出ると暖かくなりました。

今回は米元式のテスト
30gと40gのライトビシを加工して持っていきました。
片舷二人の計四人と余裕があるので30号と3本針でスタート

竿を振らずに2mで待っていると、二投目でアジ
その後ゆっくり待つとアジが乗ってきます。

DSC03090.JPG
ダブル

DSC03093.JPG
着乗りイシモチ

大潮ということもあり、ラインがかなり流されます。
着底直後は2mか2.5m
そこを取り直して2mというパターン
かなり待たないと乗ってこないので手返しは良くありませんが、
コマセワークに悩まないでいいので気が楽です。

DSC03092.JPG
むらさめ型かな

DSC03099.JPG
アーレイ・バーク級かな

中盤、イシモチに針をとられて2本針にしたくらいから全くアタリが無くなってしまいました。
棚がずれるのかと40号に変えましたが効果なく、
たまにアタリがあっても乗らない。
途中でバレる。
少し移動してもアタリが少ない、
次の移動で3本針に戻すと、少しアタリが戻ってきました。
最後の投入で粘って一匹、これは気持ちがいいですね。

2017-01-28 13.04.07.jpg
結局25匹
序盤苦労した妻は14匹
良型カサゴは妻の釣果

竿頭は36匹で、25、14、13でした。

いつも中盤でアタリがなくなる。
ここで釣れればもう少し数が伸びるはずなんだけど。


WS000000.JPG
やっぱりあまり動かない大船長

2017-01-28 21.15.54.jpg
アジと自家製味噌のナメロウをお茶漬けにしました。
旨いなー








LTアジで上海問屋のフィッシングカメラフィッシングカメラを使ってみたけれど [レビューや設定など]



LTアジで上海問屋のフィッシングカメラを使ってみました。
水深は38m
真っ暗でした・・・・
カメラは道糸のスナップに付けているので、沈下中は水面方向を向きます。
沈下中に見えているのは水面です。
9:45:52付近でアジが掛かります、
明るくなるとアジが釣れているのが見えます。

あぐりんずつくい と ジャパンフィッシングショー2017 [雑記]

21日はフィッシングショーに出かけるつもりでしたが、
妻が津久井に大豆を買いに行きたいと言います。
津久井に大豆があるなんて知らなかった。
そもそも初めは秦野に津久井大豆を買いに行きたいと言い出したので軽く混乱
???秦野なのに津久井???
どうも津久井在来種という大豆を秦野や厚木でも栽培しているらしいのです。
それなら津久井に買いに行けばいいんじゃないないの?

2017-01-212011.28.26_R.jpg
というわけで、フィッシングショーの前に津久井のあぐりんずつくいに大豆を買いに行きました。
昔の津久井町役場の前あたり。

2017-01-212011.48.25-1_R.jpg
どっさり

ここまで来たら津久井城に登りたいところだけど、フィッシングショーがあるので断念

パシフィコ周辺の駐車場が一杯で、今年もメディアタワーの駐車場に停めて、
とりあえずお昼にしようと周辺を見回すと、見覚えがある店が、
義父母に初めて挨拶をした店だ。
その隣に佐島水産という海鮮の店が有ったので入ってみました。

2017-01-21 13.13.33_R.jpg
限定10食の定食、美味しい。

グランドセントラルタワーの駐車場にすればよかった。

2017-01-21 13.38.11_R.jpg
13時くらいにフィッシングショーに入場したのですが、
去年に比べると人が少ないような気がする。
でも入場者数は去年より多かったらしいので、時間帯によるのだろうか。
去年よりブースの間隔が広くて、人とぶつかる事が少なくてよかったです。

今年は興味のあるイベントが少ないのですが、
蒲谷丸と鶴丸の船長が出た名物船長大集合を見てからシマノブースへ。

2017-01-21 13.56.28_R.jpg
フリーゲン

2017-01-21 13.56.36_R.jpg
フリーゲンSD

やはりフリーゲンはスローオシュレートを廃止したとの事。
ピニオンギアはジュラルミンのフリーゲンに対して真鍮のフリーゲンSDと分かれています。
私の場合釣り場に根が多いので、フリーゲンSDに固定スプールを付けた方が良いかな。


2017-01-21 13.46.48_R.jpg
ゲンプウXT 200PG

2017-01-21 13.48.19_R.jpg
バルケッタBB 600HG

2017-01-21 13.49.07_R.jpg
グラップラー 300HG

今回注目のパワーシングルハンドル3機種
EVAハンドルのゲンプウバルケッタに対しグラップラーは樹脂(金属じゃないと思う)
バルケッタBB 600は大きいかな。
でも、剣崎あたりではイッツやライトゲーム辺りに押されていたので巻き返しそうです。

恐ろしいのはゲンプウXTの値段ですよ。
11500円?
ベイゲームのEVAダブルハンドルは6千円だけど、ゲンプウXTも同等だと思います。
リール自体もすごく安っぽいという感じはないし、かなりすごい値段だと思います。

逆に、ゲンプウXTのパワーハンドルも6千円くらいだとすると、
それくらいの値段でBH-1互換パワーハンドルが出てきた事は嬉しい限りです。


2017-01-21 13.49.38_R.jpg
新製品ではないけれど、オシア コンクエスト
ゴールドボディはかっこいいなあ

2017-01-21 13.47.44_R.jpg
スティーレSS 150HG
軽いしコアフットボディはかなりいいです。
これが出たらベイゲームの立場がないような気がする。
ただ、東京湾に限っても、
ドラグ4kgの小船300でサバやギガアジが来たらハンドルが空転するので、
同程度では力不足、カウンターが無くなるので置き換えるメリットはなさそう。
カハワギにはいいかも。
100サイズならパワーシングルハンドルに交換してベイトティップランに使うのだけど。

2017-01-21 13.47.58_R.jpg
スティーレ 100HG
カワハギとパワーシングルハンドルに交換すればベイトティップランで使えそう。

2017-01-21 13.48.38_R.jpg
バルケッタ 200HG
今回も底からモードの搭載な無し
相変わらず重いクラッチ
ただダブルハンドルならこの形のノブが良いと思う。
ライト船用カウンターリールにドラグ音やスプール連動でLEDが光るとか要らない。
そんなのはグラップラーCTでやれば良いと思う。

それと、船用とソルト用の番手を統一してくれないだろうか。
船用ぽいバルケッタは200が1号200m 300が1.5号200m 400が2号200m
ソルトぽいスティーレゲンプウは100が1号200m 150が1.5号200m 200が2号200m
下の方がわかりやすいと思うけどな。


2017-01-21 13.52.10_R.jpg
セフィアSSメタルスッテのベイトモデルをベイトティプランに使えないと思っていました。
他社の専用モデルを使えばいい事なのですが、
ソリッドティップには破損の心配が付きまとうので、タフテックには安心感があります。
でもかなり柔らかい感じです。
B604H-Sなら使えそうか。


2017-01-21 14.50.00_R.jpg
ダイワの鏡牙 100SH
思っていたほど派手ではなくて、コンパクトでいい感じです。
ベイトティップランを想定すると、パワーシングルハンドルとレベルワインダー連動は安心です。

2017-01-21 14.48.19_R.jpg
ダイワのティップランロッド
66MB-SMT68ML/H-S
68ML/H-SはSMTじゃないけど、軽いしバランスが良いし、仕舞いが短いし、いいな。
66MB-SMTは仕舞いが長い。

今回のショーは、バス・シーバス・ヘラ・鮎あたりがクローズアップされていて、
エギングの勢いが本当になくなりました。
投げ、船(カワハギ・マルイカ以外)、ティップランは蚊帳の外ですね。

最近の釣りを見ていると、いままで脇役だった魚がすごい勢いで釣られていて心配になります。
タチオウオ・キンメ・アカムツ・アカハタ・アマダイ・マゴチ・ホウボウ・・・
去年までのフィッシングショーでは、
田辺さん一人かもしれませんが、
レギュレーションを決めよう、
ヒラメやマダイのように再生産可能な魚で海釣りを盛り上げていこうという発信があったのですが、
それもなく、これでいいのかなという疑問があります。

それと、テスターの取り巻きのような人が増えたのでしょうか、
それぞれのブースの雰囲気が変わってきたような気がします。
せっかくの機会なので色々聞いてみたい事があるのですが、
知り合いのような人と盛り上がっている事が多く、
なんだか入りずらい雰囲気がありました。


2017-01-22 11.39.27.jpg
津久井で買った、アロウカナと黒翡翠鶏の卵です。
アロウカナは翡翠色の卵が特徴
黒翡翠はアロウカナと烏骨鶏を交配した品種ということです。
すごく濃厚というわけではなく、
軽く爽やかな味で好みでした。









2017年シマノ・ダイワ新製品とフィッシングショーはどうしよう [雑記]

横浜のフィッシングショーが今週に迫りました。
今年は、ダイワブースの高橋明彦さんのトークショーはなし、村越正海さんは参加せず。
シマノの高橋哲也さんはパワーゲームの話らしいし、
阪本智子さんのサイン会ぐらいかなと思っていたら、
LTアジでお世話になっている蒲谷丸の若船長がメインステージのトークショーに登場するとのことで、
これは見に行こうかな。

フィッシングショーを前にしてシマノ・ダイワの上半期の新製品が発表されました。

ダイワは住澤さんが
ボートエギングの新しい幕開
と言っていたので、秋に向けてティップラン関連の新商品が出てくるのかもしれません。
仕舞いの短いSMTのロッドがリリースされるといいのですが。

注目は、なんといってもフリーゲンがSDと統合された事ですね。
スーパースローと書かれていないので、スローオシュレートが廃止されたと言う事なのでしょう。
スローオシュレートではないキススペシャルが出た事で予想はできたのですが。
現行フリーゲンを使っていてもトラブルが起きた事がないので、
スーパースロー10の何がいけないのかよくわかりませんが、
特にメリットがあるとも思えず、
スプール互換性がある事は知りながら、
糸巻き方式の違いからわざわざフリーゲンSDも買った身としては、
それなら初めから統合しておいておくれよと言いたくもなります。

私の良く行く釣り場は手前に岩場があり、
その前に錘を浮かしておかないと根掛かりするし、
浮かしておいても岩に当たってかなりの衝撃があります。
フリーゲンは一度のゴロツキが出てオーバーホールしています。
それでゴリ巻用に真鍮ギアのSDを買い足した経緯があります。
もしジュラルミンギアだとSDは不安ですね。
キススペシャルSDのようにステンレスだといいのですが。

どちらかと言えばシマノが好きな私ですが一足さきに発表されたダイワの鏡牙
に興味を惹かれました。
というのは、ベイトティップラン用に細いPEが使えてシングルハンドルのリールが出ないかと思っていたのです。
オシア コンクエスト 200HGは高すぎるので、
シングルハンドルでシンクロレベルワインダー搭載で価格の安いキャタリナベイジギング200SHが第一候補ですが、
糸巻き量が多くてもったいない。
かと言って、100SHにシングルハンドルを着けたら高くなってしまう。
鏡牙は100サイズでシングルハンドル、カラーは好みではないけれど、これは良いかもしれない。

2306-2.jpg
でも、先日オシア コンクエスト 200HGのハンドルをベイゲーム 300HGに付けたので、
とりあえずこれを使って様子を見ます。
相模湾の船オアリにお助けリグか胴突きで同船させてもらえないかな。

と思っていたらシマノからは、
ゲンプウXT 200
NEW バルケッタ BB 600
グラップラー 300
と、シングハンドルのロープロファイルリールが続々リリースされます。
これが全てBH-1互換のハンドル
オシアコンクストのハンドルより安かったかもしれない。

バルケッタの300にBB 600のシングルハンドルを付けたら、
水面からのタナを指示される剣崎のイサキ釣りには良いかもしれません。

NEW バルケッタもモデルチェンジですが、
底からモードの搭載はないようです。
ノブが小さいままである事、ハンドルが長くなったことは評価できますが、
そのほかの機能は必要性を感じません。
せっかくグラップラーCTがあるのだから、
スプール連動でLEDが光るとかそんなのはそっちでやればいいのに。
いやバルケッタでやっても良いけど、
そしたらBBの方は底からモードを付けて真面目は船釣りリールになってほしかった。

ベイゲームにシングルハンドルを付けてしまったので、カワハギ用リールを検討中です。
ステファーノXGは高いし試合にでるわけでもないのにXGが必要とも思えない、
ステファーノCI4は姿があまり好きではないので、
スティーレ SSがよさそうです。
去年のショーでスティーレを触りましたが、
メカニカルブレーキがハンドルと逆にあるデザインは、かなり使いやすそう。
それに軽い。

昨年妻がエアド レッドチューンを買いましたが、これがかなり軽くて良いリールでした。
スティーレ SSに100サイズでステファーノのノブが付くと完璧なんですが、
新ステファーノCI4は、これがベースになるかもしれませんね。
ただやっぱりXGなのかな。

希望を言うなら・・・
ソアレ CI4+ ディープ アジング
というバーチカルコンタクト用のアジングロッドがリリースされるのですが、
東京湾で深場の大物狙いボートアジングの乗合が出てくれないだろうか。
東京湾は40cmオーバーのアジが釣れます。
軽い仕掛けでやったら面白いと思うけどな。



またも常滑 [旅行など]

また常滑に行ってきました。

猫が常滑焼の急須と湯呑を割ってしました。
とても使いやすく気に入っていたので、
同じものをネット購入してもいいのですが、
妻としては、常滑に行くならついでに色々と欲しいものがあるらしい。
そうなると車の方が便利。
運転を考えると帰宅後に一日休みがほしい。
三連休はしばらくない。

いつものごとく直前で決まりホテルをとりました。
前回のホテルが満室で、今回はセントレアのホテルです。

7日5:00ごろ出発
車内で妻の作ったおにぎりを食べながら圏央道から中央道を目指します。
わざわざ中央道を選んだのには理由があって、それはもちろん城ですよ。

8:30ごろ岐阜県中津川市の苗木城に到着しました。

DSC02825_R.JPG
苗木城天守台

DSC02888_R.JPG
有名な大矢倉です

10:00ごろ苗木城を出て岩村城に向います

ナビでは45分程度でしたが、
寒かったからかデジカメの充電残量が急激に減り、
途中のヤマダでUSBケーブルを購入したので一時間ほどかかりました。

途中、阿木城入口という看板を見つけて、気になったので後で調べたところ、
山城ですが保存状態がとてもよく、地元の保存会が整備をしているので、とてもわかりやすいとの事。
いずれ訪れてみたいものです。

ナビの設定が出丸駐車場だったので途中まで車で上がってしまい、
登り口のある資料館まで戻りました。

PIC20170107105630.jpg
岩村城は山頂のすぐ下まで車で上る事ができますが、このように狭い山道です。

11:00ごろ岩村城に到着

DSC03013_R.JPG
岩村城菱櫓石垣

DSC03014_R.JPG
これも有名な六段壁

12:30ごろ岩村城を出て、常滑に向います。

小牧JCTから東名・名古屋第二環状を通り知多半島道路から知多横断道路の常滑ICへ

14:15ごろセラモールに到着しました

2017-01-07 14.59.08_R.jpg

目的の急須をそっちのけで久松を探し始める妻
何度も車に荷物を積みに戻りやっと急須を購入

2017-01-07 16.05.32_R.jpg
常滑とか知多らしいものがないかとイオンに寄ってみましたが、
大きな招きネコがあるくらいでどこも変わりませんね。
夕飯をどうしようかと考えていましたが特に惹かれるものがなく、
ホテルにチェックインすることにしました。

今回のホテルはセントレアにあります。
車でセントレアに出入りするには有料道路を通らねばならいので、
一度入ってしまったら、できれば明日まで出たくない。
夕食は空港で探す事にしました。

2017-01-07 18.10.34_R.jpg
まるは食堂の潮騒定食
刺身も焼いたマダイもおいしい


翌日、午後の渋滞を避けるために昼前には常滑をでる予定。
昨日買い洩らしたものがあるというので、9時ごろセラモールへ
鉢などを追加してラゲッジはこのありさま

2017-01-08 10.31.50_R.jpg
どっさり

10:30ごろセラモールを出て、常滑ICから知多横断道路・伊勢湾自動車道から新東名へ

長篠設楽原PAで昼食
うる覚えだけどここは信長の本陣跡に行けたはず・・・だけどどこにも案内がない、
調べてみたら下り線でした

2017-01-08 11.59.40_R.jpg
PAからの景色
後から調べてみたところ、中央左側に見える丘は、
松平信康が陣を置いた松尾山ではないと思われます。
そうだとすると、古戦場はもっと左側になります。

大和トンネルで滞ったものの止まるまでの渋滞はなく、
横浜町田から保土ヶ谷バイパス・第三京浜を通り、
14:40ごろ自宅に到着しました。



年末恒例の下田 [旅行など]

昨年末
妻の実家を訪れると、
房総の友人を訪れたところ水仙が咲いていたという話になりました。
その前に、29日に稲取に蕎麦食べに行くので年越しそばを買って帰りますという話をしていたので、
そういえば下田でも水仙祭りをしているので写真を撮りに行きませんかと、
言ってみたものの、その場はそのまま終わりました。
帰宅後、義父がかなり乗り気になっているとの義母から妻に連絡がありました。
あの時はそんなに乗り気な感じではなかったけど、
遠慮もあったでしょうし、
もしかしたら私がどこまで本気か計りかねたのかもしれません。
そのあたりの距離感が、私にとっては丁度良いのでしょうか。

娘(妻)と遠出するなんてもう20年近くなかったのではないだろうか。
それは嬉しいよね。
ただし、4時くらいに出かけて昼には帰路につくいつものスケジュールに合わせてもらうのは大変。
日の出頃の写真が撮りたいということなので、一泊しようか。
ということで急遽下田プリンスを取りました。
夕食付だけど、
いつもは朝食付きプランなので夕食を食べた事がありません、
下田プリンスの食事大丈夫かな。

それより心配なのは渋滞。
まだ帰省ラッシュ本番ではないだろうけど、昼ごろは混むと思われるので、
8時に旭区の実家を出発
状況に応じて保土ヶ谷バイパス経由東名か門沢橋経由小田厚か藤沢経由西湘を選択しよう。

29日当日、目玉焼きの朝食など食べていたら出発が8時ごろ、
いつもは使わない第三京浜と保土ヶ谷バイパスで時間短縮
実家で交通情報をみると、保土ヶ谷バイパスは渋滞なし、
東名は大和トンネル5kmなので東名に決定。
東名に乗ると中井で渋滞しているたので小田厚に決定。
石橋で135の合流、伊東あたりの渋滞はあったものの、
昼に稲取に到着しました。

2016-12-29 12.15.49_R.jpg
誇宇耶の辛味大根蕎麦大盛り
今年はあまり食べられなかったな。
当然せいろ追加

2016-12-29 22.59.06_R.jpg
爪木崎にやってきました。
誘ってしまった手前、
水仙の開花具合を心配していたのですが、結構咲いています。
よかった。

義父と義母はそれぞれ荷物を抱えて撮影に。
別行動なんだ。

2016-12-29 13.13.57_R.jpg
アロエの花

2016-12-29 13.14.51_R.jpg
水仙

2016-12-29 13.53.31_R.jpg
柱状節理
離れた磯に釣り人が居て、後でヒラスズキを二本下げて戻ってきました。

妻はアロエに止まるメジロを追いかけて必死。
そのうち待ち伏せしてじっと動かなくなる。
寒いから戻るよ。
すると今度はアロエに身を隠してメジロを撮る義父に遭遇。
親子だねぇ。

夕日はとれないからと戻ってくる義父母。
水仙畑は東側なので夕日は爪木崎の稜線に沈んでしまいます。
それならと恵比寿島に移動。
そうここは下田、伊豆半島の先端なので、西側に行けば海に沈む夕日が見えるのです。
しかし、ものすごい風でそれどころではなく、下田湾に戻って弁天島へ。
しかし、今日の夕日は赤くならないということでホテルへ。

問題の夕飯です

2016-12-29 22.59.25_R.jpg
前菜

2016-12-29 22.59.26_R.jpg
刺身 金目だ

2016-12-29 22.59.34_R.jpg
ローストビーフ

2016-12-29 22.59.31_R.jpg
金目の卵とじ

2016-12-29 22.59.36_R.jpg
エビ芋の揚げ出し

美味しい。
だけどサービスが今一つ。
コースなのに前の料理の皿を下げないで次の料理を持ってくるのは仕方がないとしても、
ごはんを持ってきても味噌汁を忘れていて、お茶をもらったら茶碗が欠けていて・・・
せっかくの料理が台無しだし、楽しみにしていた義父母に申し訳ない。

翌日、曇り
朝の写真を撮る義父母を爪木崎に送り、私と妻はまどが浜で投げます。
僕にはアタリなし。
妻が気が付かなかったというキスが一匹

2017-01-01 23.59.09_R.jpg
爪木崎駐車場にいたネコ

朝食後、またまどが浜へ。

2016-12-30 07.13.49_R.jpg
前回トーナメントキャスターが折れてしまって、今回は再び購入したサーフリーダーのデビューなのですが、
釣れません。
リールは間違えて持ってきたフリーゲンSD、これも初使用。

義父はショートスイングと8号錘でちょい投げ
「来た!」
ピンギスでした。
親子だねぇ。

結局私だけボウズ、帰りが辛いです。

2017-01-02 00.00.09_R.jpg
昼になったので誇宇耶へ
辛味大根蕎麦
今年はあまり食べられなかったけど、来年もおいしい蕎麦を食べさせてください。

29日はどこのホテルも混んでいて軒並み満室
帰りの渋滞は予想されてことでした。
それでも、センターラインで潰れた車や崖にめり込んだ車など事故渋滞もあり、
赤沢あたりでは大渋滞。
川奈のアピタに寄った後は冷川から伊豆スカイライン・ターンパイクを通り、
小田厚は短い事故渋滞、
東名は海老名から渋滞していて、6時間以上かかりました。

妻「もう結構きたね」
そうだね、寝てる・・・
義母「結構渋滞してますね」
そうですね、寝てる・・・
親子だねぇ。