So-net無料ブログ作成
レガシィ S-Edition ブログトップ

乗り換え [レガシィ S-Edition]

2017-04-22 11.13.18.jpg

一月中旬、エンジンを掛けると室内にガソリンの臭いがするようになりました。
ボンネットを開けるとガソリンの臭いがします。
ディーラーで見てもらうと、
インマニの燃料ホースからガソリンの滲みがあるとのこと。
どうせインマニを下ろすのでホースを全て交換、
フロントドライブシャフトブーツの亀裂があるのでこれも交換で、
七万円の見積もりでした。

たまたま同行していた妻がその見積もりをみて、
いっそ新車にしたらどうかと。
その場でレヴォーグに乗り換える事になりました。

その数日前、
ガソリンスタンドから出て交差点に右折進入したときに、
交差点中央でエンストがおきました。
再度エンジンを掛けたもののまたエンスト。
幸い後続車はなく、
交差する大きな通りは信号待ちがいましたが、
二回目の始動で信号が変わる前に動くことができました。
原因は分からないのですが、妻はかなり心配になったようです。

2017-04-22 11.13.31.jpg

S-Editionは、他にいくつか気になる事があるものの、
6万キロに満たない走行距離、
インマニのホース交換をしてでも乗りたい人はいるはず。
というか、独身かもう一台車があれば、私が自分で交換して乗ります。
ディーラーの下取りが二万円プラスリサイクル費なので、
ラポールに引き取ってもらう事にしました。

S-Editionに四年くらい乗って、
Tuned By STI 2007 WRブルーが最後の趣味の車と考えていましたが、
少し早く趣味の車から卒業することになりました。

2017-04-23 11.14.47.jpg
最終走行距離は60,707km
丁度一年でしたが、
クイックなステアリングとよく動くサスペンションが私の理想に近く、
とても思い出に残る車でした。








レガシィ S-Editionに取り付けたパーツ [レガシィ S-Edition]

STI ストラットタワーバー ST2050066020
2016-05-16 08.26.28.jpg
STIゲノムのタワーバーが付いていましたが、
GTで使っていたSTIのタワーバーに交換しました。


STi Genome スポーツシングルメーター SG817AG000
2016-05-16 08.25.22.jpg
コラムにBHオプションのSTIゲノムのスポーツシングルメーターが付いていましたが、
GTで使っていたBPオプションのBF(ブラックフェイス)のスポーツシングルメーターに交換しました。
BFM(ブラックフェイスメーター)のレガシィにはBFが合うと思います。


以下はGTから継続して使っています。
ナンバープレートベース J1017AE900
ツインフットランプ H7017AE000
クリーンボックス J2017FC000 (BP)
カーゴクリーンマット J5017AE450
カーゴルームマット J5017AE350LA


フォレスター レターマーク 93073SC150
2016-05-28 10.46.25.jpg
2016-05-28 10.46.20.jpg
以前フォレスターの後ろに付いたときに、S-Editionのレターマークを見た記憶があり、
レガシィのS-Editionにはグレードを表すレターマークがないので流用してみました。


S401 ハザードスイッチ 83037AE030
2016-05-28 10.45.57.jpg
GTに乗る事に決まったときから入手していたのですが、
意外と取り付けが面倒なのでそのままになっていました。
メーターのライトインジケーターの電球が切れていて、
メーターフードを取り外したついでに装着しました。
慣れるまで視線の端で赤がちらちらして邪魔でした。





レガシィ GT-B S-Edition [レガシィ S-Edition]

車を乗り換えました。
ブログに書いていなかったGT関係の記事を連続して投稿していたのは、
新しい車の記事を書く為でした。

今度の車です

p1 (1).jpg
え?同じ車じゃないか?
いやいや違うんですよ。
それじゃ比べてみましょう。

p2.jpg
左が前の車
右が今度の車

え?ホイールが違う?
間違い探しじゃありません。

もう一枚

p1.jpg
左が前の車
右が今度の車

え?黒船がない?
だから、間違い探しじゃないってば。

と、ネタにしているのですが。
同じレガシィBHのD型、プレミアムシルバーです。

今度の車は、レガシィ GT-B S-Edition
モデル末期の特別仕様で、
対向4POTキャリパーやS401等に使われたダークグレーベゼルのヘッドランプ、
ブラック内装などが特別装備なのですが、
私が欲しかったのは、ギアレシオ15.1のステアリング

GTでほとんど唯一と言っていい不満は、ステアリングの遊びが大きい事でした。
これはBGの頃からの不満で、BPが出たときに試乗してステアリングの感触がよくなった事に驚いたのですが、
そのBPと同じ15.1のステアリングを搭載したモデルがBHにあったと知ったのは、
GTを買ってからでした。
それがS-Edition
それから密かに、S-Editionのステアリングギアが移植できないかと中古部品を探していました。

先日GTが不調になったときに、たまたま馴染みの中古屋さんの在庫をみていていたら、
S-Editionが有ったのです。
小傷やエキボ、塗装の艶が無くなっていたり、外装の程度はあまりよくありませんでしたが、
シートの皮の状態はとても良く、内装もタバコの臭いはするものの綺麗でした。

それから色々と考えたのですが、
BHは最終モデルでも13年たっているので、S-Editionに乗るとしたここ数年が最後の機会かもしれない。
その思いが強くなり、意外にも妻が同意してくれた事もあり、乗り換えを決めました。

ステアリングの感触は気持ちいいと一言。
GF(インプレッサ)のような重さと切れ角です。

S-Editionにしたことで、ステアリングギア以外にも、以前からの念願が二つかないました。
一つはビルシュタインのダンパー
BGのB型から量産市販車として初めてビルシュタインダンパーを装備したGT-Bがラインナップされました。
A型の在庫車を買った私は、いつかはビルシュタインと思ったものです。
その後BHにモデルチェンジしてGT-Bは爆発的に売れ、ビルシュタインは珍しいのもではなくなってしまいましが、
GFを挟んで出会ったBHはGTで、ビルシュタイン搭載モデルではありませんでした。
GTの記事で書いたように、街乗りではGTのダンパーでも十分なのですが、
20年越しのビルシュタインバッチは感慨一入です。


BBSホイール 28111AE060
2016-08-11 15.17.10.jpg
もう一つはBBSのホイール
S-EditionにはBHでオプションで設定されていたBBSのホイールが装着されていました。
GFでレイズの鍛造ホイールを使った事があるのですが、
さして車好きでもなかった子供の頃から知っていたのがBBS、
昔ほどのステータス感はありませんがこれも縁があったという事でしょう。

タイヤはPOTENZA RE05A
減ってはいましたがこれがすごく良いタイヤでした。


ビルトイン空気清浄器 G3015AE000
2016-05-16 08.25.06.jpg
珍しいのはビルトイン空気清浄器が装着されていたことです。





レガシィ S-Edition ブログトップ