So-net無料ブログ作成
釣り道具 ブログトップ
前の10件 | -

スティーレ 100 HG [釣り道具]

2311.jpg

シマノのソルト用ロープロファイルリール最高峰のスティーレですが、
あまり人気が無いように見受けられます。
他社の同価格帯のリールに比べて比べてカタログ上のドラグ力が小さい事が取り上げられますが、
格下のベイゲームに採用されていたSVSインフィニティが見送られた上に、
炎月にはマイクロモジュールギアが搭載されるという逆転現象が起きて、
シマノがSVSインフィニティやマイクロモジュールギアを宣伝すればするほど、
スティーレの立場を微妙にしている様に思えます。

私も、3万円という新品価格ではスティーレを選ぶ事はないと思いますが、
オークションで未使用品の100HGを2万円で入手しました。

用途としては、カワハギを想定していました。
昨年のカワハギでは、ベイゲームHGを使用しましたが、
頻繁な手返しが必要なのに、巻き上げが重く、ハンドルノブが大きく、とても疲れました。
手持ちの小船300かノーマルギアのベイゲームを購入する事を考えたのですが、
ベイゲームの重さでは極鋭とのバランスが悪かったので、
ノーマルギアの購入も小船を使うのもあまり良い案とは思えませんでした。
ステファーノ100XGは軽さと小さいノブが魅力ですが、
値段が高い上にギア比7.9、巻き上げ79cmではベイゲームより疲れそう。
炎月100HGはギア比7.8、巻き上げ78cmとステファーノXGに近く、
負担軽減にはつながりそうもありません。

そこに、たまたまオークションで見つけたのがスティーレ100HGでした。
ギア比こそ7.0ですが、巻き上げは70cmは船用ノーマルギアより少し多いくらい。
スプール幅が小さいので細いPEを使うには小船やベイゲームよりスティーレの方が安心です。


先日、カワハギ釣りで使ってみました。
とても使いやすいリールでした。
軽いし、巻きの重さもありません。
早いシェイクをしても疲れません。
PE0.8号でライントラブルもなし。
なにより軽い。

手返しを重視するエキスパートならともかく、
年に数回のカワハギであれば、これくらいのギア比が良いと思います。
また、ライトな船釣り全般に使う事ができる汎用性がありそうです。

正規で買うのであれば、私のようなビギナーには贅沢ですが、
2万円くらいで手に入るのであれば、ベストなリールと言えるのではないでしょうか。





nice!(8)  コメント(0) 

セフィア SS ティップエギング S606ML-S [釣り道具]

近くの釣具屋に現物がなく、ネットで購入しましたが、
これはさすがに柔らかすぎて私には使えないので、
一度も使用することなく手放しました。

S606M-Sも購入しましたが、
それでも、軽い錘でバレーヒルのRMS-63Sと同等、
重くなるとRMS-63S以上の柔らかさでした。

竿のデザインはとても良く、
なによりタフテック穂先には信頼があるのですが、
なんでこんなに柔らかい竿ばかり作るのだろう。
「ティップエギング」の人の為の竿があるのはいいけど、
ティップランの人が使える竿がない。
シマノはティップランの人には竿を使って欲しくないの?

1413 8.jpg
錘8号

1413 15.jpg
錘15号

SCクイックファイヤー小船 300XH #2 [釣り道具]

2307.jpg

着低からの巻上げ量をカウントする底からモードがとても便利で、
LTアジには、SCクイックファイヤー小船300XTを使っています。
同クラスの他社リールにはない機能だったのですが、
モデルチェンジでバルケッタになり、この機能が無くなってしまいました。

細糸対応とデザインと軽さに惹かれてバルケッタを購入してみたものの、
クラッチの硬さと、なにより底からモードがない事がどうしても使いづらくて、
すぐに手放して、SCクイックファイヤー小船を使い続けています。

今年バルケッタがモデルチェンジします。
ハンドルが長くなることは評価できますが、
ドラグ音やスプール連動でLEDが光るなんて船小物リールには要らないでしょ。
そんな装飾機能はグラップラーでやればいいのに。

いずれにせよ、
代替機種が無い以上SCクイックファイヤー小船を使い続ける以外ありません。
程度の良い中古が出たら買っておこうと思っていたところ、
たまたま寄ったタックルベリーにベリーネットで目を付けいていたSCクイックファイヤー小船300XHが有りました。
状態がとても良かったのでその場で購入しました。


2303-2.jpg
以前から所有していた方は、
区別のためにバルケッタBBのオレンジのハンドルキャップに交換しました。
PE1号が巻いていあります。
SCクイックファイヤー小船は細糸が考慮されているわけではないので、
スプール幅がバルケッタより広く、
レベルワインドで角度が付いた場合の傷や糸噛みの心配がありました。
しかし、剱崎での40号錘のイサキにトラブル無く使用できました。
ただ、乗り合いのLTアジでは、1.5号くらいが安心だと思います。





シマノ ベイゲーム 300HG + オシア コンクエスト 200HG ハンドル [釣り道具]

2306-2.jpg

ベイトキャスティングの練習をしてライトゲームをベイトでやりたい、
そんな思いがあり購入したベイゲーム
ただロッドが決まらずに使う機会がないままでした。

そんな折、カワハギやベイトのティップランで細いPEを使うリールが必要になり、
手持ちのベイゲームが第一候補だったのですが、
最新のリールよりスプール幅が広いので、
PE0.6や0.8でトラブルが起きないかが心配でした。

PE0.8号を巻いてカワハギで使用したところ、巻き取りの糸がみはなく、
バックラッシュはおきますが、適切にサミングすれば絡むことはありませんでした。

PE0.6号を巻いてティップランで使用しても同じで、
バーチカルな釣りであれば、PE0.6でも大丈夫です。

ただ、ダブルハンドルだと、ティップランのワンピッチジャークでリズムが取りにくく、
ハンドル互換表を調べて、オシア コンクエスト 200HGのハンドルを付けてみました。




シマノ セフィア CI4+ Boat S611ML-S [釣り道具]

「ショアのエギングのようにびしびしとロッドをしゃくらなくてもいい」
それなら出来るかもしれないと始めたティップラン

初チャレンジで釣果があり、すっかり気に入ってしまったのですが、その後は渋く、
ボウズの時に同船した方が、
エギを大きくしゃくってからリールを巻くウィリーのような釣り方で釣果を上げていた事、
二階屋丸でイカ先生が釣果を出していた事、
それを見て、東伊豆では大きなシャクリが有利なのではないかと考えて、
イカ先生のスパイラル=ティップエギングをするべく購入したのが、
セフィア CI4+ Boat S611ML-S

まず竿の柔らかさにびっくりします。
511ML-SMTやRMS-63Sより柔らかい感じ。
他メーカーの竿に比べて、ティップのソリッド部分が柔らかく、そして格段に長いので、とても柔らかい竿です。
船竿で馴染んだタフテックは、ちょっとの事では折れないという安心感があります。
バッドも同負荷の他メーカーの竿に比べると柔らかくなっています。
細身で、構えるととても良いバランスです。

1410 8号.jpg
錘8号

1410 15号.jpg
錘15号

テップランのロッドには、
柔らかいティップでアタリを出すという方向の竿と、
張りのあるティップを自分で曲げてアタリを出すという考えの竿があります。
前者はレトログラード等で、その究極にSMT、
後者はEGTRやレトログラードの68S-Jですが、この竿は前者
ということは、タフテックの剛性があるので、
EGTRはもとより、レトロマティックやオーシャンソード等に比べても、
扱いに神経質にならなくて良いので、使いやすい竿だと思います。

竿の長さにビビりながら使ってみますが、上手くしゃくれません。
イカ先生のように竿が立つくらいまでしゃくると、次のしゃくりでテンションが抜けてしまう。
ティップランのように肘を支点にしゃくると、
ソリッド部が長くバッドがティプランのロッドに比べ柔らかくいのでエギが動かない。
多分、イカ先生のような大きなシャクリができないと使えない竿なのだと思います。

初使用で一杯かけたものの、持て余してしまい、
二回目では、ラインをセフィアS5の0.5にしたのが悪いのか、
大きなシャクリをしようとしたのが悪いのか、ライントラブルが連発。
ただライントラブル連発と言っても、穂先に糸が絡んだのは一回だけ、
それも破損するような気配は全くなかったのは本当にさすがだと思いました。
しかしこれで、スパイラル=ティップエギングに対してもこの竿を使う事にたいしても、
すっかり気力がなくなってしまいました。

そうなると、
カラーの少なさで迷う事がないのでとても気にいっていたアントラージュに対しても疑問がでてきました。
もしかしたら、スクイッドシーカー等と違い、大きくしゃくらないと動かないのかもしれない。
だとした「ティップラン」には向かないエギなのかも。
エメラルダスボートは、ドラグユルユルにしたショアエギングのようなシャクリでも、
住澤さんの様なジギング的シャクリでも釣れるのを見ているので、汎用性が高いのかもしれません。

スパイラル=ティップエギング
僕には無理だった、何より楽しくない。
元々シマノが好きだし、デザインも好みだし、タフテックソリッドに信頼もあるだけに本当に残念です。

この竿は手放しましたが、アントラージュはスクイッドシーカーと併用して様子を見ようと考えています。



がまかつ ラグゼ デッキステージ EGTR B62MH-solid.F [釣り道具]

2016-12-10 00.09.01.jpg

ティップラン用のベイトロッド
ラグゼ デッキステージ EGTR B62MH-solid.F

元々スピングでのジャークが上手くできないのでベイトが使えないかと考えていたのですが、
宇佐美では私が行ったときは船が流れない事が多く、
バーチカルの釣りならばベイトの方が楽だと思い購入しました。

メーカーサイトには記載されていませんが、スパイラルガイドになっています。
(2017年のリニューアルで記載されました。)

対応ウエイトは50gまでとなっていますが、
お助けリグで、
スクイッド・シーカーミクロス23g、オーシャンシンカー30g、墨族20g、
計70gオーバーでも竿が負けると感じる事はありませんでした。
90gくらいなら使えそうです。

デビュー戦で、その日唯一の貴重な一杯を釣り上げました。


肝心のジャークですが、ベイトだから上手くいくという訳もなく、
ベイトのワンピッチの練習が必要なようです・・・






ダイワ ライトロッドケーススリム 150P  [釣り道具]

妻がカワハギ釣りを本格的に始めたいと、極鋭カワハギ AIR 1343を買いました。
私はステファーノにしようと思っていたのですが、在庫がなく、同じ竿にしました。
仕舞い143cmは手持ちのロッドケースに入らないので購入したのがライトロッドケーススリム 150

IMG_4009-1.jpg
150にもなると長いですね

IMG_4009-2.jpg
思っていたより細身で、二本並べるとグリップのあたりがギリギリです。

道具はそろったのですが、
カワハギに行こうとすると、天気が悪かったり、朝起きれなかったり、
いまだにこの竿を使う機会が訪れていません。




トーナメントキャスターが折れた・・・ [釣り道具]

12227791_731973843570049_4561504054917449407_n.jpg

先月末の下田でトーナメントキャスターが折れてしまいました。
#2のガイド上から・・・

衝撃で体が痛かったものの23cmのキスが釣れた直後だったので、
修理すればいいやと気楽に考えていたのですが、
#2の値段を知ってビックリ、42,400円
一応見積もりだけ取ろうかな。

引っ越しのためにサーフリーダーをすべて処分してしまったので投げ竿はこれ一本、
しばらく投げ釣りはできないかも・・・

それにしても、折れるくらい力が掛かっているならもう少し飛んでもいいのに。



パズデザイン PSLバッカンII M [釣り道具]

IMG_4020.jpg

堤防のルアー釣りの為に購入しました。

投げ釣りでは釣り場までバッグを持つ出す事がなく、
車に荷物を積む為に、内側に防水生地とクッションが使われているセミハードケースを使い、
短時間のルアーやエギの場合はショルダーバッグを使ってたのですが、
堤防のルアー釣りで釣り場まで持ち込むバッグが必要になりました。

船釣りを始めてから、
水に濡れてもふき取るだけで車に乗せられて洗うのも楽なEVA等の防水素材で、
ファスナーのサビが気にならない被せ蓋のバッグが使いやすいと思っているので、
ルアー用には、防水素材・被せ蓋・ロッドホルダー付を探しました。
条件に合ったPSLバッカンはサイズが大きく、
被せ蓋ではなかったのですが、リーズナブルな値段で人気だったレインズバッカンを購入したのですが、
やはりファスナー止めの蓋が不便ですぐに手放してしまいました。
しばらくしてPSLバッカンがモデルチェンジして、Mサイズが追加されたので購入しました。

Mサイズは、ダイワのセミハードクールバッグ20と同じくらいの収納量です。
ロッドホルダーにはタモも挿せます。




テイルウォーク ソルティシェイプ ダッシュ ティップラン 64ML/SL [釣り道具]

IMG_1217.jpg

彼女のセフィアCI4 ボート S706MH-STが長くて使いにくく、
RMS-63Sを探しましたがどこにもないので、
テイルウォーク のSALTYSHAPE DASH TIPRUN (ソルティシェイプ ダッシュ ティップラン) 64ML/SLを購入しました。
名前が長いよ・・・

64ML/SLは負荷が40gまでなのでRMS-63Sよりは柔らかい感じです。
特徴は、偏光グラスをすると見やすいという赤いティップ。

2014-11-04 20.56.45.jpg
64ML/SLとRMS-63Sの元ガイドと比べると、64ML/SLはフットが高い事が分かります。
64ML/SLは元ガイドから3つのガイドのフットが高くなっています。
RMS-63Sの場合、それほど強い風でなくても風に流されたラインがロッドに接触して、
ラインの放出を妨げる事があったので、これくらいフットの方が使いやすいかもしれません。

デビューは年末か来春かな。


陸のエギングと違い、船だと水面までの距離がないので、
なるべく短いロッドの方が使いやすいと思います。
ジギングでは6フィート前半が主流なので、それくらいが適当なのではないでしょうか。
最近始めた僕には、なぜ今まで7フィート後半が主流だったのか疑問です。
またS706MH-STに40gのエギを付けると、
RMS-63Sに比べて少しバットの張りが足りないように思われました。
(ティップに絡むほど柔らかくはありませんが)
ティップランの本場では、
ショートロッドだと合わせのストロークが短いので不利という意見もあるようですが、
前回の宇佐美では水深が25mから30mでしたのであまり影響がないような気がします。
それよりも、
もともと本場に比べて釣果が少ないうえに、
好条件に恵まれる事が多くない伊豆半島では、
潮が流れないなど条件が悪い場合の釣り方の工夫が必要なのだと思います。
お助けリグやベイトタックルの導入など、バーチカルなティップランを試してみる価値があると思っています。


前の10件 | - 釣り道具 ブログトップ