So-net無料ブログ作成
検索選択

新車のシェイクダウンを兼ねて下田・和歌の浦 [釣り]

於:下田 和歌の浦
日:2016/4/29
時:7:00-10:00
同行:妻

道具
サーフリーダー405CX
12フリーゲン PE0.8 
デルナー30号 キス8号2本針、3本針

キャスティズム 23-365
AR-C エアロ Ci4 4000 PE1.5

釣果


先週車を変えたので、慣らしを兼ねて下田に行ってきました。

2017-04-29 07.40.06_R.jpg
3時くらいに自宅を出て7時くらいに和歌の浦に到着
投げても全く反応がありません。
キスどころか、アナハゼやフグすらいない・・・

10時ごろにあきらめて、河津の踊り子温泉に入ってから誇宇耶へ

2017-04-29 11.37.23_R.jpg
辛味大根蕎麦大盛り


2017-04-29 11.43.20_R.jpg
大せいろ

久しぶりに伊東のネコの様子を見によりました。

2017-04-29 13.20.16_R.jpg
美人、だいぶ太ってウスを見分けがつかない・・・

2017-04-29 13.20.42_R.jpg
ウスは相変わらずおどおど

あまり期待していなかったとはいえ、
全く生命反応のない海には驚きました。
このことろ度々そういう事があるのは沖堤防の影響でしょうか。
釣り人もまばらな下田でした。





下田・和歌の浦 晩夏 [釣り]

於:下田 和歌の浦
日:2016/8/27
時:6:00-11:00
同行:妻

道具
トーナメントキャスター 30-405
12フリーゲン PE0.8 
デルナー30号 キス8号2本針、3本針

キャスティズム 23-365
AR-C エアロ Ci4 4000 PE1.5

釣果
イトヨリ
キス2
カワハギ

久し振りに下田にでかけました。
3時に出発して沼津・伊豆縦貫を通り下田到着は6時ごろ。

2016-08-27 09.37.02_R.jpg

和歌の浦で投げます。
1投目で妻に小さいキスがきたので幸先が良いと思ったのですが、
トラギスとチャリコの活性が高く必ずどちらかが掛かってきてキスが来ません。

すごいアタリが合って、赤い魚が上がってきました。
オジサンかな?

DSC02554_R.JPG
イトヨリでした!
もう少し大きければいいのだけど、
小さいのでリリースしたら浮いてしまいました。
タモを出して回収

今期強くトラギスとチャリコを釣っていると、なにやら重くなりました。
これは海藻と石かな・・・

DSC02557_R.jpg
なんとビールの缶
手首が痛いよー

完全にくじけました。
アタリのないブッコミ仕掛けを持って、先の入り江にある磯場に下りて待ちます。
すると、目の前で何かが跳ねました。
オヤ?竿先が動いたような気がする。
竿をあおってみると、重い。
イカとも違う引き
なんだ?
浮いてきたのはなんと伊勢海老!
しかも特大サイズ!
エビ嫌いの私にこんなエビの王様が触れるはずがありません。
ぶら下げて戻ると慌てふためく妻
「捕まるでしょ!早く外しなさいよ!」
触れない・・・
針を外して、写真撮影してリリース
あービックリした。

DSC02556_R.JPG
35cm以上の特大サイズでした。

缶の後の伊勢海老でもうグッタリ

DSC02558_R.JPG
なんか来たなと上げてみたら、キス2匹とエギ
清掃にきたはわけじゃないんだけど・・・

DSC02559_R.JPG
13cmと15cm
13cmはリリース
結局キスはこの2匹だけでした。

私にも妻にも、同じような場所で大きなアタリがあるものの針掛かりしない事が多く、
これはカワハギかもしれないと、投げカワハギ仕掛けを投入
すると・・・

DSC02560_R.JPG
1投目でカワハギが来ました。
肝があったので、すぐに締めます。

かなり疲れて来ていて、もうやめればいいのに、
キスが釣れないので粘っていたら、
バキッ!

DSC02561_R.JPG
ああ、また、トーナメントサーフが折れました。
もうダメだ終わりにしよう。

2016-08-27 11.29.26_R.jpg
汗を流しに河津の踊り子温泉に来てみると、入浴料1000円!
値上がりしてない?
以前は無かった(と思う)バスタオルのレンタルがありました。

そして当然、稲取の誇宇耶で蕎麦

2016-08-27 11.50.42_R.jpg
辛味大根大盛り

2016-08-27 11.58.06_R.jpg
大せいろ

2016-08-27 13.20.29_R.jpg
伊東白灯に寄ってみると、久ぶりに美人とウスがいました。

帰路、真鶴道路料金所から石橋まで渋滞、
小田厚は順調だったものの、
東名が町田から厚木まで渋滞していたので伊勢原で降りて246、
246もそれなりに混んでいて、帰宅は18時ごろ。
かなり疲れて、夕食も食べられず翌日まで寝ました。

翌日の夕食にカワハギを刺身にしました。
夏カワハギにしては臭みがありませんでした。




下田・和歌の浦 初夏 [釣り]

於:下田 和歌の浦
日:2016/5/21
時:7:00-10:30
同行:妻

道具
トーナメントキャスター 30-405
12フリーゲン PE0.8 
デルナー30号 キス8号2本針、3本針

釣果
キス3


気が付けば5月も末だというのに、誇宇耶の蕎麦を食べていない。
という事は下田で釣りもしていない。

今月は小田和正と狂言を観に行ってしまったので、レジャー費が予算オーバーなのですが、
私の誕生月なので、誇宇耶の蕎麦を食べにいく事にしました。
渋滞を避けるため早朝に出るので、釣りもします。

4時半頃出発、今日は沼津から伊豆縦貫を経由して下田到着は7時くらい。


2016-05-21 08.41.16_R.jpg
和歌の浦で投げます。
和歌の浦のにいたっては、昨年の8月以来。
グレーとハチ・ゴマが元気で、茶トラが新入りなのかな。

5月だからもう釣れるかと考えていましたが、
アタリがあると針をとられ、釣れてくるとトラギスとメゴチばかり。

割と大きなアタリがあって根掛かり、
仕掛けを暫く止めていると道糸のテンションが無くなっていて、糸を張ると根掛かり、
なんだかわからないけど、仕掛けの消耗が早い・・・

DSC02494_R.JPG
9時半くらい、小さいアタリがあって17cmがきました。

妻と場所を変わって、
風が強いからふと思いついてリールさびきから竿さびきに変えて、アタリがあって根掛かり。
しばらく粘って、大きく竿を煽ったら外れた!
急いで巻くと・・・

DSC02493_R.JPG
19.5cmでした!
針二本がなくなって、ギリギリ。

DSC02492_R.JPG
竿さびきで小さなアタリがあって17cm追加

エサもなくなり誇宇耶の開店時間になったので最後の一投、
やはり竿さびきで二回アタリがあって、
もしかしたらのったかと思ったら、アマモと貝殻でした。
あれ、あのあたりは根だったの?
キスが掛かって根に掛かったのではなくて、
根に掛かった仕掛けにキスが食ったのかな?
いやでも3匹目はアタリあった、最後のアタリと同じだった。
疑問を解消できないまま終了。

2016-05-21 11.28.30_R.jpg
誇宇耶で辛味大根蕎麦大盛りと大せいろ

伊東のネコの様子を見によりましたが、
エサをもらった後のようで、美人もウスもモチも姿が見えませんでした。

帰りは混雑する事なく15時くらいに帰宅。
実は前日の準備中に、バッグに入ったフクを出そうとして腰を痛めてしまいました。
腰の痛みは無くなって、何とか投げられてよかったと思っていたら、
背中が痛くなってしまい、週明けまで残っています。


2016-05-23 23.23.30.jpg
ボクのせい?

そうだよ!




トーナメントキャスター復活 下田 間戸ヶ浜 [釣り]

於:下田 間戸ヶ浜(まどが浜海遊公園)
日:2015/12/29
時:9:00-11:00
同行:妻

道具
トーナメントキャスター 30-405
12フリーゲン PE0.8 
デルナー30号 キス8号2本針

釣果
アナハゼ

年末、妻の休みだったので、年越し蕎麦を食べ&買いに稲取の誇宇耶にでかけました。
渋滞の様子がわからないので少し早く出たい。
それなら、竿を持っていこう。
間戸ヶ浜で少し投げてみます。

2015-12-29 9 20 42.jpg
先月折れてしまったトーナメントキャスター
オークションで中古を落札して#2を交換しました。
#2の状態だけ良いという、まさにうってつけ。
投げた感触は、少し柔らかくなったかなという印象です。

先月は20cmオーバーが釣れたまどが浜ですが、この日は完全に沈黙。
いつもは空いているまどが浜も、さすがに年末の休みで竿を出している人がいますが、
釣れている雰囲気がありません。

ま、いいか、今日は気持ちよく投げられました。
早々に切り上げます。

2015-12-29 11 24 22.jpg
誇宇耶の辛味大根蕎麦大盛り

2015-12-29 11 29 12.jpg
せいろ

今年はあまり食べられませんでした。
来年はもっと来られるといいな。

年末限定の持ち帰り生蕎麦を頼むと、店長が作っている辛味大根をいただきました。

もう一つの楽しみのアオリイカを買うために伊東のデュオに寄りましたがありません。
仕方なく山葵だけ買いました。

帰路、伊豆高原から混んでいます。
週末から泊まりに来ていた人たちが帰るのかな。
真鶴道路を抜けると石橋まで渋滞でした。

年末、祖父が誤嚥性肺炎で入院してしまいました。
見舞いがてら病院で母と落ちあって蕎麦を届けます。
次に妻の実家に蕎麦を届け、帰宅したら19時近く、

天ぷらを揚げて・・・
辛味大根をおろして・・・
そこから蕎麦を茹でて・・・

2015-12-292020.19.22.jpg
すごい勢いで蕎麦がなくなりました。
エビ天は五島の活車海老
僕は海老嫌いですが、天ぷらの車エビだけは何とか食べられます。
ところが、

2015-12-28 17 56 47.jpg
この車海老は塩焼きでも食べられます。
それどころか、頭まで食べてしまいます。
自分が嫌いだと思っていたのは不味い海老だったんだな・・・






ひさしぶりの下田 和歌の浦・盛夏 [釣り]

於:下田 和歌の浦
日:2015/8/1
時:6:30-10:00
同行:妻

道具
トーナメントキャスター 30-405
12フリーゲン PE0.8 
デルナー30号 キス8号2本針

釣果
キス8


昨年末以来8か月ぶりの下田です。
釣りを始めて6年、これほど間が開いた事はありませんでした。
蕎麦が食べたい、ネコはどうしているか・・・
家が落ち着いてからも何度か計画はあったのですが、
疲れていたり体調がよくなかったり、
今回も先週末から腰の調子が悪く、どうしようかと思いましたが、
この機を逃すと次がいつになるかわかりません。

腰の負担を軽減するために今回は沼津から伊豆縦貫を通ります。
まだ修善寺の少し先の大平までしか開通していませんが、
信号がなく舗装が新しく、山道の多い135号よりも楽に走って少し早く着きました。


DSC00839_R.JPG
DSC00841_R.JPG
和歌の浦に来ると、早速グレーが顔を出します。
元気だったか。
それと、グレーの子供かな。
茶白と茶トラ

DSC00843_R.JPG
ハンクロだ。
以前ほど人懐こくなくなりましたが。

DSC00857_R.JPG
子ネコの頃にリールを回して遊んでいたゴマです。
大きくなりました。


さて、早速投げてみる。
なんといっても8月、釣れないわけがない。
今日は投げサビキもルアーもやらずにまず投げます。

来た!いやしかしこれは・・・
DSC00845_R.JPG
トラギスダブル・・・

DSC02244_R.JPG
しかし、二投目できました18cm
下田に通い始めたころのアベレージだったけど、
最近は小さ目が多かったのでこのサイズは嬉しい。

DSC02248_R-1.JPG
18、18、17、そして18ダブル!
ときよりトラギスを挟みながら空針になることなく釣れました。

出遅れた妻は小さ目を釣っていましたが、
21cmのキスを釣り、
続いてなにやら重そうにリールを巻いています。
浮いた、なにやら曳航している・・・

DSC00854_R.JPG
カワハギだ!
デカ!しかも肝パン!

なんだってこの人はいつも一発でひっくり返すのか。(いろいろ)

それなのに、
竿を壁に置くと取り込みの邪魔だからスタンドに置けと言うのに壁に置くから、
絡んだラインをほどいている間に三匹が逃げたじゃないか・・・
(あれは絶対トリプルだった・・・)

おわーすごい重いのが来た!
DSC00852_R.JPG
・・・ベラ

また来たー、重い!
DSC00867_R.JPG
海藻(石付)に潜ったチャリコ・・・

DSC02249_R.JPG
DSC02250_R.JPG
最後の二匹は、19と20
このあとアタリはあるのに針掛かりしなくなってしまいました。
フグかカワハギでしょう。
一度良いアタリがあって、これはキスだったと思うのですが、
根に潜られてハリスが切れてしまいました。
悔しいけど、アタリから海中で起こっていることをイメージすると楽しいですよね。

今日はルートが違ったのでエサは下田で購入しました。
そのため60gだったので、10時過ぎにエサ切れで終了。
今日は帰りに温泉によるつもりなので、大体予定通りの時間でした。
3時間少しで、キス15(私8、妻7)とカワハギ25cmですから十分な釣果です。

今日の和歌の浦は暑さをしのぐ為に丁度良い程度の風でしたが、
時間がたつほどに強くなっていきました。

DSC00885_R.JPG
帰路、海水浴でにぎわう白浜を横目に過ぎて、河津の踊り子会館によりました。
もう少し安いと良いのだけど。

温泉でさっぱりしたところで、誇宇耶の蕎麦です。

2015-08-01 11.48.26_R.jpg
辛味大根蕎麦大盛り

2015-08-01 11.54.37_R.jpg
大せいろ追加

本当に旨いです。

そして伊東へ。
白灯のネコはかなり少なくなっていました。
DSC00895_R.JPG
DSC00906_R.JPG
モッチと美人が元気だったので一安心。


2015-08-01 15.35.07_R.jpg
多賀・網代・熱海で少し渋滞したものの順調に走っていたのですが、
大和付近で事故渋滞。
渋滞の中でさらに二件事故が発生したもよう。

DSC00911_R.JPG
事故現場付近で暫く動かなくなりましたが、移動していたようです。
多重追突みたいですね。


DSC00917_R.JPG
本日の釣果

久しぶりの日差しと運転でさすがに疲れて、この日は帰宅後に休んでしまいました。
キスは翌日昼に天丼、夜に天麩羅にしました。
カワハギの肝が絶品でした。

腰は痛かったけど、我慢できる範囲で投げられました。
ぎっくり腰かと思ったら軽い椎間板ヘルニアで、暫く痛みが続きそうです。



下田 年の瀬の穏やかな和歌の浦 [釣り]

年が明けても何かと慌ただしく、今頃年末の記事を書いています。
ごあいさつが遅れましたが、今年もよろしくお願いします。


於:下田 和歌の浦
日:2014/12/31
時:8:00-11:00
同行:妻

道具
トーナメントキャスター 30-405
12フリーゲン PE0.8 
デルナー30号 キス8号2本針

キャスティズム 23-365
AR-C エアロ Ci4 4000 PE1.5
飛ばしサビキケイムラ6号 錘15号


釣果
メゴチ・トラギス


慌ただしかった近頃、夫婦双方の実家に年の瀬の挨拶を済ませ、やっと一息と思ったらもう大晦日でした。
稲取の蕎麦を食べがてら下田へ。

2014-12-31 10.19.41_R.jpg
和歌の浦です。
冬の下田にこんな日があるのか、というほど穏やか。
風はあるけど、いつもに比べればそよ風程度、日差しが暖かです。

先ずは投げサビキを投入、反応なし。
それではと、投げ仕掛けを投入。

DSC00416_R.JPG
アタリはあるのですが、
釣れるのは、トラギス・メゴチ・アナハゼ・ヒメジの外道四天王
いくら投げても、顔を見せるのはトラギス・メゴチ・アナハゼ・ヒメジの外道四天王

DSC00414_R.JPG
グレー・ブチ娘、子供・孫も元気でした。
四代同居になっているので、最近は関係がよく分からなくなってきています。

11時なったので終了、これ以上粘ってもキスが釣れる気がしない。
どうせキスは釣れないと思ってきたものの、まさか一匹も釣れないとは・・・

2014-12-31 12.07.45_R.jpg
誇宇耶で辛味大根蕎麦大盛りとせいろ大盛り
蕎麦屋の大イベント大晦日の忙しさでも味が落ちるような事はありません。

帰路、伊東に寄ります。

DSC00435_R.JPG
DSC00436_R.JPG
DSC00440_R.JPG
美人・ウス・モッチ、寒くなって心配していましたが、元気そうです。
ただ、病気が流行っているようで、耳の付け根をかき壊して出血しているネコがかなりいました。

DSC00447_R.JPG
誇宇耶で買ってきた生蕎麦で本日二回目の年越し蕎麦です。

DSC00448_R.JPG
毎年五島から活け車エビを取り寄せています。
私はエビが苦手なのですが、この車エビは焼くと絶品です。
その残りと初ティップランで釣ったアオリイカの残りを天麩羅にしました。






暴風の下田と稲取の絶品蕎麦、宇佐美温泉に泊まって伊東ネコと触れ合う2泊2日(若干カテ違い) [釣り]

於:下田 犬走
日:2014/11/8
時:8:00-11:00
同行:彼女

道具
トーナメントキャスター 30-405
12フリーゲン PE0.8 
デルナー30号 キス8号2本針

キャスティズム 23-365
AR-C エアロ Ci4 4000 PE1.5
飛ばしサビキケイムラ6号 錘15号


釣果
メゴチ・トラギス


今月も彼女に週末の連休があったので宇佐美に宿泊して二ヶ月ぶりに下田で釣り。
9月・10月というキスの最盛期を外して11月に出かけても釣れるわけがないのですが。

7日19時ごろ出発。
海老名SAで夕食をとり宇佐美到着は22時過ぎでした。

いつもの2LDKタイプの部屋が空いていなかったので1LDKにしたのですが、この部屋には毛布がありません。
前の管理人さんは秋になると毛布を押入れに入れておいてくれたのだけど。
管理人さんに言えば借りられますが、エアコンかけて寝れば大丈夫かと思って借りなかったら、
エアコンは自動で止まるし、角部屋なのでベッドの上に窓があってかなり冷えました。
それと、他の部屋には置いてあるポットがなくて、これは管理人さんに連絡したのですが、
「アルミポットですがいいですか?」
部屋にあるべき物がなかったのだからその言い方はおかしいしょ。
なんで僕が例外的要求をしたような事を言うわけ?
「お湯が入れられればなんでもいいです」
今度の管理人さん、親しくいろいろ話してくるのだけど、今一つ仕事ができていない。

これは自分が悪いので文句をいう筋合いではないのですが、
先月魚の骨抜きを洗いカゴに入れたまま忘れてしまった事を思い出しました。
聞いてみると、
「忘れ物はありませんでした。」
多分備品と忘れ物の区別がつかなくてそのまま仕舞ってしまったのだろうな。
以前同じような事があり、前の管理人さんは保管していてくれました。
前の管理人さんは、必要以上に親しくしてくる事はなかったけど、
きちんと仕事が出来て本当の意味で親切な人でした。
ホスピタリティって難しいですね。

ともかく、温泉に入って休みました。

翌朝、6時ごろ宇佐美を出て下田に向かいます。
南下するにつれて強くなる風、高くなる波。

DSC00175_R.JPG
和歌の浦に来てみたものの、暴風でとても釣りになりません。
アジが釣れるかと投げサビキをしてみるものの、北風に流されてどこまでも出ていくライン。
着底も分からない。
それでもアタリがあったような気が・・・

DSC01840_R.JPG
アナハゼでした・・・

DSC01843_R.JPG
和歌の浦のグレー
ここのネコたちは最近去勢されたようです。
ブチ娘はいたのだけど、ハンクロ・ハチ・ゴマは姿を見せませんでした。

ネコの去勢活動をしている人たちは、
安全な場所で地域の人々に世話をされ食料や生活の環境が良い、
人に慣れていて捕まえやすい猫を対象にしているようですね。
和歌の浦にしろ伊東白灯にしろ、
周辺には、人から世話をされておらず通行量の多い道路を生活の場所にしていたり、
ホテルや住宅地でゴミをあさったり糞尿の迷惑とされてしまう猫がいます。
伊豆を少し歩けば、小さな堤防や別荘地には、
少ない食料で雨露を森や木立でしのぎながらの子育てを強いられ、
育つ見込みがないネコが生まれているのが分かるのですが、
そんな猫は探すのも捕まえるのも大変なので華麗にスルーして、
分かりやすい場所に群れを作って人間に懐いて捕まえやすい猫を対象にしているのでしょう。

ともかく、ネコたちが元気で一安心。

2014-11-08 09.35.37_R.jpg
このままでは、誇宇耶が開くまで時間が持たないので、久しぶりに犬走に来ました。
「するが」は不在、小笠原に派遣されているのかも。

※11/14付産経新聞デジタルに「するが」が小笠原海域で撮影したサンゴを密漁していると思われる中国船の写真が掲載されていました。
不慮の事故などに巻き込まれることなく無事帰港する事を祈るばかりです。


堤防に出てみるとやはりすごい風、しかし追い風なので和歌の浦よりもましかも。
準備をしていると、
昨日巻いたばかりのラインが風に煽られてパラパラと出ていき、
スタンドに絡んで、ライン同士が絡んで、
一投もしないうちにダメになりました・・・。
スプール交換。
投げようと構えると、「カラーン」スプールが落ちました。
スプールノブを付けてなかった。
一投もしていない替えスプールに傷がつきました・・・。

何とか投げるものの、風に煽られたラインはどこまでも出ていきます。
分かりにくいものの時々アタリがあり、トラギスやメゴチが釣れます。
粘ればキスも来ると思いますが、誇宇耶の開店時間になったので終了。

DSC01855_R.JPG
サビが出てきました。
久しぶりだね。
おじさんの話だとボスやクロブチ兄弟もいるらしいけど出てきませんでした。
油まみれになったという金茶んが心配です。

DSC00210_R.JPG
このネコはサビの子供らしいです。
去勢されています。
サビは子育てが下手だったので、子供が育ったのは初めてだと思います。

2014-11-08 11.51.31_R.jpg
二か月ぶりの誇宇耶
辛味大根蕎麦大盛と大せいろ。
やはりここの蕎麦が一番好きです。

下田に戻っても釣りにならないので、宇佐美に戻ります。
途中ネコの様子を見に伊東白灯に。

DSC00233_R.JPG
美人とこのところ姿を見ていなかったウス。
最近白灯のネコはよく太っています。
生殖行動をしなくなると食べる事にエネルギーを集中できるのでしょうね。

一旦部屋に戻って夕方まで寝ました。
気が付くともうすぐデュオの魚屋が閉まってしまう時間。
急いで買い物へ。

DSC00243_R.JPG
夕食は、アオリイカ・アジ・カンパチ・サザエ、全て伊東のものです。


9日、朝起きると雨が降ったようです。

2014-11-09 10.04.29_R.jpg
チェックアウトして宇佐美のふしみ食堂で朝食。
地元のアジと刺身の地元ごはん定食。

風はないけど釣りをする気にもなれず、ネコの様子を見に伊東白灯へ。

DSC00255_R.JPG
シイラをもらっていました。

DSC00287_R.JPG
ご機嫌なモッチはゴロンゴロンしています。
随分慣れました。

帰路、昼くらいなのに真鶴新道の出口から石橋まで断続渋滞。
夏でも昼くらいまでは順調に流れていたのに、先月もお昼くらいで渋滞しており、
傾向が変わってきたのでしょうか。


下田 和歌の浦~盛夏 [釣り]

於:下田 和歌の浦
日:2014/8/23
時:5:00-9:00
同行:彼女

道具
トーナメントキャスター 30-405
12フリーゲン PE0.8 
デルナー30号 キス8号3本針

キャスティズム 23-365
AR-C エアロ Ci4 4000 PE1.5
飛ばしサビキケイムラ6号 錘15号
六角15号 キス8号2本針

釣果
キス4

1時半出発到着は5時ごろ
途中雷雨に会いましたが、下田到着の頃には雨が上がり雲が切れています。

犬走りには人が少なく、駐車場にまだ空きがありましたが、
和歌の浦から見ていると、6時ごろには堤防に人が並んでいました。

DSC01542.JPG
雲の切れ間に顔を出した太陽に虹がかかっていました。

DSC00040.JPG
和歌の浦にやってくると、すぐにグレーとグレハチそして珍しくミケが顔をだしました。
グレハチは、曾おばあちゃんのグレーには慣れているけど、
大叔母さんのミケには威嚇したりネコパンチしたり。

朝一、僕は投げサビキ、彼女はルアー。
しかしアタリなし。
ナブラどころか鳥も飛んでいない静かな空と海面

投げに変えたところすぐにアタリがありました。

DSC01540.JPG
久しぶりの20cmオーバーです。

針を外そうとクーラーのプライヤーを探すとありません。
そうだ、先週船釣りのときに、
揺れる船でプライヤーやはさみを受け渡しするのは面倒なので一づつもとうという話になったのに、
彼女のプライヤーが見つからず、
とりあえず、いつもこのクーラーに入れているプライヤーを持っていって、そのままでした。
だから道具の入れ替えを嫌なんだ。

これは幸先良いかと思いましたが、
その後はアタリが少なくなり、釣れても大きなトラギス

そしてキスが釣れないまま、彼女のルアーのフックがラインに絡んでしまい、
5色付近の撚糸の一本が切れてしまいました。
このまま投げるのは危険なのでスプールを替えようとすると、替えスプールがありません。
リールと一緒に道具入れから出したのにバッグに入れるのを忘れた・・・
終了

でも、まだイソメが残っているので、キャスティズムに15号錘を付けてました。
いつものポイントの方向は近くに根があるので、
右側に投げます。
右側も根が多いのでが、近くでキスが釣れます(大ベラも多いけど)

言ってるそばからものすごいアタリで20cmのササノハベラや大トラギスなどが釣れます。
それでも23号のキャスティズムだから、アタリが大きくて面白い。

キャスティズムをスタンドに立ててジグを投げていると、
丁度巡回に来ていたネコおじさんと彼女が竿が引き込まれたと言っています。
なにも居ないみたいだけど・・・

DSC01543.JPG
巻き上げてみるとアナハゼが掛かっていましたが、その首には歯型が。
これはマゴチかな。
ドラグを緩めておけばよかった・・・

DSC01544.JPG
DSC01546.JPG
その後、近場で16cmを二匹追加
彼女の釣ったキスも16cmくらいが多く、サイズが上がってきました。

右の近場で釣れるのは分かっていたのですが、
根と外道の多さで面倒に感じて敬遠していました。
キャスティズムと軽い錘ならこのポイントも楽しそうです。

DSC01548.JPG
ハンクロが顔を出しました。
以前はひざに乗ってきたこのネコも最近はすっかり他人行儀。
お前の父親は気さくでいいやつだったのになぁ。
僕の車でダウンに乗って寝ていたブチ娘も寄っては来るけど警戒ぎみだし。

DSC01550.JPG
最近世代が増えて親子関係が混乱してきましたが、
グレーの子供がブチ娘、一年離れててゴマ・ミケ
ブチ娘の子供がコハチ
コハチの子供がグレハチ

14cmくらいが来た8時半くらい、ポツポツの雨が降って来ました。
南の空に分厚い雨雲。
これは危ない。
少しずつ片づけをして9時に車に乗り込んだ直後に大雨になりました。

2014-08-23 09.36.21.jpg
誇宇耶が開くまでの時間調整に寄った間戸が浜ではこの雨

雨の影響で帰宅する海水浴客がいるようで、白浜やイズー(亀の動物園)あたりで渋滞が起こっています。

2014-08-23 11.23.07.jpg
誇宇耶でいつもの辛味大根蕎麦とワサビおかかごはん

DSC00088.JPG
今日は体の調子が良くないので冷えないように暖かい蕎麦を追加
結局食べすぎました・・・

稲取から先も断続的に渋滞していたので大川から旧道に入り、
伊東・熱海・湯河原の渋滞を警戒して八幡野から遠笠山道路経由で伊豆スカイラインへ、
そのままターンパイクを降りて小田厚木へ、
15時過ぎの大和トンネルでノロノロくらいの渋滞をしていたので一時間遅ければ渋滞だったかもしれません。
帰宅は16時過ぎでした。

釣果は少なかったものの、16cmくらいがそろってきたのはうれしい事です。
右側のポイントにも再び目を向ける事ができました。
秋に向けて期待が持てそうです。


new.jpg
ところで、例のごとく伊豆の山で霧に会いました。
この写真、前の車はテールランプが点いているのですが、霧が出ていても昼間だと全くわかりません。
しかし、右下のリアフォグランプは視認できます。
いろいろと批判も多いリアフォグランプ、
確かに必要のない人もいるでしょうし、
街中で点けられると(特に指向性の強いLED)非常に迷惑なのですが、
昼間の霧では後続車にとっては非常にありがたい装備です。
私の乗るBH型レガシィには装備されていませんが、後継のBP型では装備されるようになりました。
BH型レガシィでも英国仕様では装備されています。
輸入部品は高価なのですが、いつか付けたい思っています。
(英国仕様は右ですが、欧州仕様では左に付きますので日本の法律に適合しません)



伊東白灯 ルアーの日 [釣り]

於:伊東白灯
日:2014/8/13
時:4:00-11:00
同行:彼女

道具
AR-C Type XX S1000M
AR-C エアロ Ci4+ 4000XG PE1.5

釣果
なし

僕はお盆休みに入りましたが、例年のごとく彼女には関係ありません。
それでも何日か休みがあります。
13日は休みですが、16日はLTアジの予定。
下田に行くと疲れてしまいそうなので、どこか近くでルアーを投げるのはどうだろう。
題して「ルアーの日」
川奈や房総も考えたのですが、結局ネコがいるので伊東になりました。

2時に出発して4時到着

DSC08709.JPG
さすがに夏休みなので4時でもそれなりに人がいますが、先端が開いていました。
今まで見てきた限りでは、出来れば白灯先端の段の沖目中央あたりが良いと思います。

連年だと、イナダ・ソウダ・シイラの釣果が聞こえてくる伊東ですが、
今年は小サバの釣果くらいしか聞きません。

朝方は、弓角でカマスが釣れていましたが、釣れるのは一人だけ。
よく見ると、ネコのところにいるオジサンでした。
へー意外、オジサン、名人だったんだ。

今日は両軸カゴ釣りの人がいなくて、地元人が中心で弓角や投げサビキ。
カゴ釣りが少ないのは釣果が良くないのでしょう。
この日はファミリーフィッシングの人が中心でした。

DSC08712.JPG
朝方は気温が低く、半袖では寒いくらい
しかし、雲が切れて日が出ると急に気温が上がりだしました。
それとともに、カゴやウキサビキで小型のサバが連れ出しました。
潮が引き始めると、隣の投げ釣りの人にぽつぽつとキスが連れ出します。
すると、鳥が集まり始め小さなナブラが見え始めました。
チャンス!
ここぞと、メタルジグやスピンテールを投げます。
隣もショアジギングの人たちなのでメタルジグを投げていますが、あたりません。
「きた!」と突然彼女の声が。
横滑りする魚を、僕がネットでランディング。

DSC08743.JPG
サバでした。
30cmくらいで、まずまずのサイズです。
勢い付いた僕たちのお隣は、とにかく投げ続けますが、なかなか食って来ません。
彼女は、バイトが2回、チェイスが2回
僕はバイトが一回のみ。
お隣の2人は、40cmくらいの丸々と太いサバと、25~30cmくらいを数本
それから朝方にショゴが釣れていました。

何とか一匹と、投げ続けましたが、暑さでかなり消耗して来ました。
11時くらいに終了。

DSC08733.JPG
ウス

DSC08753.JPG
美人

DSC08756.JPG
モッチ
ネコたちが元気で一安心

DSC08767.JPG
お昼は、波魚場のジオ丼

朝方に涼しかったのに急に暑くなったので、
水分補給が上手くできず、かなりバテテしまいました。
しかし、伊東だと15時くらいに帰宅できるので、体力的にはかなり楽です。
いつも伊東はなぜか居心地が悪く、
ネコに会いに来ても竿を出すことは少なかったのですが、
今日はネコのオジサンと両隣のおかげで気持ちよく釣りが出来ました。
今回はヒットがなくて残念だったのですが、そのうちまたルアーを投げてみようと思います。





下田 和歌の浦~夏が始まる [釣り]

於:下田 和歌の浦
日:2014/7/19
時:6:30-11:00
同行:彼女

道具
サーフリーダー405CX
12フリーゲン PE0.8 
デルナー30号 キス8号3本針

釣果
キス12
トラギス
クラカケトラギス
タマガシラ

世間は三連休の初日ですが、
彼女は一日しか休みがないので、日帰りで下田に出かけました。
混雑を警戒して3時ごろ出発。
海老名SAで食事をすると、
大学生らしいグループが多く、夏を感じさせます。

伊豆に入るといつもよりも車が多いものの、
まずまず順調に走り、6時半に下田に到着しました。

犬走では、売店が始まっていて、
釣り人も地元のおじさんも増えて、夏が始まりました。
ただ、釣れているのは、小サバだそうです。

DSC01497.JPG
丁度カジキ釣り大会のスタートでした。
間隔をあけて10隻くらいのクルーザーが出航して行くので、
結構参加しているのだなと関心していると、
続々と目の前を通過していき・・・

DSC01498.JPG
最後は、え、まだこんなにいるの!
というくらいの船が隊列を組んで出航して行きました。

DSC08553.JPG
今日は、珍しくミケが居ました。
この日顔を出したのは、ハチ・グレー・ゴマ・ブチ娘・ハンクロ・ハチの子供たち。

一投目からアタリがありますが、小さいキス。
元気が良くて、計測のためにクーラーに載せると跳ねて落ちてしまいました。
すかさずハチが飛び出して取られてしまいました。
すると、子供たちを呼んで与えています。

DSC08568.JPG
それならと、リリースできなかった小さいキスをあげてみると、
キスをくわえて何度もこちらを振り返る姿が、礼を言ってるみたいです。

DSC01500.JPG
二投目は見たことがない魚
タマガシラですか?

三本針でスタートしたものの、二投目で海草に掛かり針がなくなりました。
二本針に変更。

DSC01501.JPG
この子はハチの子供のグレハチ、毛並みがモコモコ。
兄弟が山から出てこないのに、ひとり好奇心旺盛です。

DSC01504.JPG
何にでもじゃれつくのは、子供の頃のゴマのようです。

DSC01506.JPG
DSC01507.JPG
DSC01508.JPG
DSC01510.JPG
DSC01511.JPG
DSC01516.JPG
DSC01519.JPG
ダブルをはさみながら、
キスは一匹でもトラギスが付いていたり、
キスがこなくてもトラギスのダブルだったり、
全くの空針というのはほとんどないくらいに釣れるのですが、どうもサイズが小さい。

DSC08582.JPG
この日最大は、彼女の21cm

DSC01517.JPG
僕の最大は、クラカゲトラギス18cm
こんなでかいの居るんだ・・・

DSC08592.JPG
ちょっと油断すると、こんな事になります。
わかったよ、あげるから。

DSC01518.JPG
子供を呼んで魚を見せてます。
子供が欲しがると、魚を離して、エサを獲る練習をさせていました。
しっかり子育てして偉いな。

ポツポツと雨が降っていたのですが、本格的になってきました。
誇宇耶が開く時間なので、終わりにします。

DSC01520.JPG
最後もこんなミニサイズ。

最近の下田のキスは小さいです。
犬走に通い始めたころは、17cmくらいがアベレージ、
20cmも普通で、小さいサイズはあまり釣れませんでした。

DSC08615.JPG
お昼は、誇宇耶の辛味大根蕎麦大盛とセイロ。
軽率にも、セイロを待っている間に蕎麦湯を飲んだら、
そば粉が膨らんで、お腹が張ってしまいました。
蕎麦よりそば粉が強い・・・。

帰路は、いつものように伊東に寄ります。
天気が悪いからか、白灯は車が少なく、袂で釣りをしている人も居ません。
それでも新井堤防側や新井堤防にはそれなりに人が居そうです。

DSC08631.JPG
モッチ

DSC08653.JPG
美人

DSC08661.JPG
ウス

おなじみさんと子ネコ三匹も元気でしたが、美人が風邪気味で少し心配です。


今回は、久しぶりにサーフリーダーを使いました。
キスが小さいからか、
このところトーナメントキャスターでは明確に針掛かりしたアタリを取ることができなかったからです。
シマノの特徴である金属的な振動は、
アタリ自体はわかりやすいのですが、今度は風で邪魔される事が多くなりました。
トーナメントキャスターの細身に慣れると、サーフリーダーは随分太く感じます。
また、反発の違いからか、左へ飛ぶことが多く、感覚をつかむまで苦労しました。
サーフリーダーと比べられては、トーナメントキャスターが不満かもしれませんが、
サーフリーダーにもランク(値段)だけでない味があると感じました。
(トーナメントキャスターは中古なので、サーフリーダーより購入価格が安いのですが)
それでもなお、トーナメントキャスターの軽さと扱い易さはさすがです。